スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

想いを引き出し紡ぐこと

毎月、月末近くは、会社の会議、事業所の会議、あきしまネット関連の会議、サービス担当者会議と会議が目白押しでずっと話し合いをしている感じである。

お陰さまで数日間、カオスの世界に陥り悶々としていた。

そんな時いつもすること。
気心しれた友人に電話をしてひたすら話をする。そしてまとまっていないながら考えを吐き出す。
すると自然と気持ちが落ち着いてきて、口調が明瞭になり、話すペースが速くなってくる。
いつの間にか考えがまとまり、友人と共にカタルシスを感じる。

とりとめもなく話していたことをギュギュっと凝縮すると

チームの力を引き出す為にそれぞれの意見を聴く。次第にそれぞれが自分の意見を語る。語られた言葉の意味を噛み締めて自分の考えをタイムリーに変換していく。
それは、それぞれの考えや想いを紡いでいくこと。
そうやって出来上がったものをみんなで確認していく。

このことを促進させることは所謂「ファシリテート」なのか。
これが、今日の友人とのテーマだった。
でも「ファシリテート」と言うとなんかかっこいいが、ちょっと違う感じ。
今の自分には「それぞれの考えや想いを紡いでいくこと」がしっくりとくる。
自分が行なう対人援助の原点と思えるということか。

そんな話し合いに結構な時間費やしていたが、きっかけは、友人が会議の進行に悩んでいた事とある利用者の方がサービス担当者会議で「デイやショートステイに行ったら車椅子になってしまうけど、自宅では歩行器でなんとか生活しているから動けるうち歩行器を使っていたいんだ」という気持ちを吐露したエピソードから人やチームの力を引き出すことについて考える事に没頭してしまったんだよ。

気がつくと会議に疲弊し、話し合いのことを話し合う自分がいた。

そして、結局、話し合いが好きなんだと気がついた。


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
想い | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/02/25 12:56
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。