スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第75回社会保障審議会介護給付費分科会01

昨日に行った当会の炊き出しボランティア隊は無事に任務完了し、行った先のデイのおばあちゃんに惜しまれつつ、何とか朝方帰還。

みんなお疲れ。ゆっくり休んでください。

さて、今日は第75回社会保障審議会介護給付費分科会が16:00~霞ヶ関の全社協・瀬尾ホールで行われました。

久しぶりにgitaさんにも会えるかと思ったが、今日は来られなくなったとメール頂きやした。またの機会に。
そして、先日もお世話になったハスカップ関係の方々には再会したので、挨拶程度させていただきました。

しかし、先日の記事でも書いた通り、第74回のお越しの最後が出来ていないがしょうがない。先に今日の情報をぼーっとした頭で記憶に残っているレベルで簡単に入れておくことにします。若干解釈の違いがあるようでしたら、後日訂正いたしますので、ご了承ください。

本日の議題

1.医療と介護の連携について
  資料1-1 1)医療と介護の連携
        2)訪問看護における医療と介護の連携
        3)リハビリテーションにおける医療と介護の連携
        4)介護療養型医療施設について
        5)介護療養型老人保健施設について
        6)(参考1)その他の転換支援策について
  資料1-2 これまでの中医協における議論について(医療と介護の連携を中心に)
  佐藤委員提出資料(説明あり)
  村川委員提出資料(説明なし)

2.介護保険施設について
  資料2-1 1)介護保険施設について
        2)介護老人福祉施設について
        3)介護老人保健施設について
        4)特定施設について
  資料2-2 平成24年度介護報酬改定に関する意見および要望(一般社団法人 全国個室ユニット型施設推進協議会)
  資料2-3 ヒヤリング資料(社)全国有料老人ホーム協会
  資料2-4 特定施設入居者生活介護について(一般社団法人 全国特定施設事業者協議会)

3.その他
  資料3   東日本大震災に対処するための要介護認定有効期間及び要支援認定有効期間の特例に関する省令


議題1医療連携に関しては、医療関係団体は、やはり介護療養型についての意見、経団連は、医療連携のインセンティブについての意見であった。その他、活発な意見をされる委員さんの意見としてはこんな感じ。
勝田委員:
・訪問看護は本来医療保険で賄うべき。介護療養型の転換に関しては検討が必要。
池田委員:
・資料1-1のスライド14「リハビリテーションの役割分担」を見て、ケアマネジャーが不用意に行っている。
・胃ろうについて。2割は嚥下機能が良くなっていると聞いたが、8割はつけっ放し。
・認知症連携パスについて、検討する必要がある。
・訪問看護等医療系サービスは医療保険でという勝田委員の意見は理解できるが、それならば、介護療養型を残せというのは矛盾している。
田中(滋)委員:
・ターミナルケアについて体系化されていない。
武久委員:
池田先生が胃ろうで2割しかというような表現があったが、医療関係では2割の効果が上がる事はすごいこと。

と言った感じでした。

議題2は資料にある関係機関の陳述で大半の時間を使ってしまい、あまり深い議論にはなっていませんでしたが、特定施設関係への質問以外、施設待機者の問題や施設ケアマネについて、従来型老健施設での医療行為について等々意見が出ておりました。

施設待機者に関しては、多くの委員より資料2-1のスライド12を見て、特養の基盤整備の2年間の見込み数が3.8万人分では少ないので、待機者が増え続けるのではとの意見が続出する中、池田委員が資料2-1スライド8を見て、要介護1.2が相当数入っていることを指摘。基本的にその方々は施設じゃなくて在宅でしょ。そう考えたら整備しなくても待機者がいなくなると言えるので、本当に必要な人数分ベッド数は足りていると主張されてました。
相変わらず???。ベッド数は本来足りてるはずだから出てってくれってことなんでしょうね。こういう言われようを考えると要介護認定に疑問を感じる人が出ても致し方ないでしょう。大体、要介護1、2の人たちで施設入所してるってことは、他に緊急な要件があったってことでしょうからね。

議題3は資料の説明だけ。

最後に、大森分科会長より第74回の際に池田委員が「NPO系の営利団体」と発言したことに対し、委員以外の団体の方々より意見、抗議を受けているので説明を言われ、池田委員が弁明する場面も。

池田委員いわく、NPOが非営利団体だということは重々承知で、且つ営利追求、営利団体を悪いとは思っていないと言うことを前提に、04~05年の指定取り消し数が実際一番多かったのが、NPOであったことを例に出して説明。その背景には、零細体質があること。そして、その水準に合わせれば、大手企業が、大儲けしてしまうと言った理論です。
NPOだから零細だというエビデンスは不明??ですがw

そして、こんな形での説明で抗議された方々はご納得されるのでしょうかね?

この件の要望書は、資料にはございません。後日、了承が得られれば掲載したいと思います。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/05/30 23:53
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。