スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第4回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報10


皆さん、お疲れ様です。

昨日は久しぶりに平日にお休みを頂き家族サービスさせて頂きました。とっても暑かったので屋内施設へ遊びに行きましたよ。昨日から暑さが戻ってきたのでナイスな選択って感じでしたね。因みに大きなリボンをつけた猫がいるところwww

おっさんには良さが良くわかりませんが、姫は狂喜乱舞でしたww

さて、そんなささやかな夏休み第一弾を過ごした翌日の今日は、あきしま地域福祉ネットワークの全体会が午後からありました。消防署員の方にお越しいただき、高齢者の事故についてと地域での災害時対策についてお話を頂きました。
本当に介護保険の枠を飛び出した連携を少しずつ構築出来ればとお互いに感じているところは共有できたかと思います。

そういえば、会長になってから初めての全体会だったので最初に挨拶をしなければならないということで、やや甘噛みし続けながらもw新体制になってからの執行部の思いは伝えられたかなとは思うんですけど・・・。

まあ、我々のような小さな都市のネットワークはここでも発信しているようなマクロな審議や実践を理解した上で如何に地域にあった実践、仕掛けを考えていくのかということが最大のミッションだと思います。

全国規模の評価は期待してないというか、昭島市民が評価してくれること、いつまでも住み続けられることが最大の目的です。まあ、結果としてそれが他の地域の方々に評価されたり、他の地域でも同様の考えた拡がることは付随した望みです。

なーんてことをお伝えしました。

やっぱり足元を固めないとね。

ってことで、改善点は多々あったけどなんとか新体制で具体的な取組もスタートし、ちょっと安心しましたね。

では、今日も傍聴記をやりますかw

第4回のディスカッションが開始です。どうぞ。


〇田中座長 ではただいまの6人の方の発表。それから先ほどの事務局の発表も含めて質問、ご意見をお願いいたします。どなたでも結構です。今、発表なすった方も参加されて頂いてかまいません。(沈黙)
池端委員どうぞ。

〇池端構成員 皆さん、先ほど、最初の中村委員のご発表の中でちょっと気になった点というのは、、、申させてて頂きたいと思います。
23ページに、、、担当ケアマネ、退院、、、回復期病院を退院した後に、回復期病院の方に情報提供する提供書ということで、これ書かれているだと思います。退院した患者さんの情報を退院する前の病院の・・・は当然だと思うんですけど、この流れと言うのは、今後、その後、どうするのか、地域で繋がっていくかと。やはり、その地域での主治医とか、そことケアマネとが連携っていうところにだんだん、もうシフトしていくんではないかと思うんです。で、その中でケアマネが施設にも情報する、じゃあ、地域のかかりつけにも情報を出すということが、どういうふうに、こう整合性を持っていくのか。あるいは移行していくのかとか、、、その辺の点とか、あと、特にリハの指示なんか今度地域の主治医もちゃんと指示書出すために3か月に1回来なさいとかいう、今回、新たな仕組みも見直されましたし、そういう流れの情報として非常にケアマネが、、負担大きくなってしまうのではないかと、ちょっと気がしたんですけどその辺如何でしょう。

〇中村構成員 これが出来た当初は、まだそういうシステムではなくて、病院と地域が全然繋がっていない。どうやって繋がろうかと言うですね、単純な疑問からです。これ、ですから、お金も全然ついてなくて、必要性があって、任意でやって、今動いているという状況です。ですから、少し負担にはなっていると思います。ですから、出来るだけ簡単に、簡単に書けるということが前提でこういう仕組みになっています。で、これと在宅のかかりつけ医さんとの連携はですね、在宅のネットワークと言うのがですね、出来ておりまして、その中で整理されていると思います。以上です。

〇田中座長 はい。折茂代理人どうぞ。

〇折茂代理人 先ほどちょっと早口でわかりづらかったかと思うんですけども、今日インテークのとこ、話がいくつか出たかと思うんですけども、まあ、全老健とするとですね、インテークを行うインテークワーカーはどの職種がいいんだろうかっていう議論が随分ありまして、その中でインテークワーカーはどなたでもいいだろうというふうに思っております。で、例えば、多いところでですね、インテークに行く人材は、当然、看護師も行くし、リハ職も行くし、支援相談員も行くし、ケアマネも行く。そうすると各専門職がインテークを一緒にやることによって同時にいろんなリスクマネジメントも出来るということで、またそれがそんなに4人も5人も行っていない施設も当然あります。その時は例えば、インテークワーカーってのは、、、インテークワークってのはとても難しい業務になりますので、やはりそれなりにしっかりとした知識と技能のある方。因みに施設の中にインテークワーカー出来る人材が行くべきであってですね、ある職種に限定じゃなくっても良いんじゃないかっていうのが、我々とすると提案としてあります。それから、池端先生に1個だけご質問なんですけども、慢性期病床っていうか、介護療養型だと当然、看護師さんのプランとケアプランと言う、当然看護師さんが主体なので看護プランとケアプランとの、、、あれが、いろいろ問題になろうかと思うんですけれども、我々とすると看護プランはあくまでも専門職プラン、リハプランと同じような位置づけで、それを調合するのが、まあ、老健とするとケアプランかなと。そういう面では看護プラン、あくまでも専門職プランと位置付けてしまえばもうちょっと明確なんじゃないかなと思うんですけども如何でしょう。

〇池端構成員 はい。私も個人的にはやっぱり看護プランとはある程度専門職のプランですのでこれを統括するケアプランはもちろん大きい方で、その中に看護プラン、ケアプラン等があるんだろうかな、、、、ベターだと思うんですが、実際に今、利用者に対して問題点は何かと言うとむしろ看護計画にあるようなリスクマネジメントというのが前面に出てしまって、どうしてもそこに引きずられてしまっているというのが現状だということで報告させて頂きました。

(沈黙)

〇田中座長 この質問に限らず、発表伺ってのご自分の意見でも構いません。



瞼が重い・・・・。おやすみなさい。



《告知》
当会の活動においていろいろとお世話になっている月刊ケアマネジメントの緊急セミナー「ケアプラン様式が変わる!?」が開催されるそうです。

詳細はコチラをご確認ください!!


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
提言 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2012/07/26 20:55
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。