スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第93回社会保障審議会介護給付費分科会 速報05

皆さん、お疲れ様です。

今日は過ごしやすい陽気でしたね。

年度末なのに会議や研修ですっかり時間との戦いになっておりますが、皆さんは如何でしょうか??

本日は介護福祉士国家試験の結果発表がありましたね。合格した方々、おめでとうございます。昨年、介護技術講習で出会った受講生さんからも合格報告を受けております。

あきしま地域福祉ネットワークの受験対策講座を受けた方々はどうだったのかな??
まだ、報告は来ておりませんが、近いうちに合格率の報告が来ることと思います。今年も高かったらいいな。

残念だった方、これからまたお勉強かと思いますが、諦めずに頑張ってくださいね。

ってことで傍聴記ですが、本日もあまり時間がありません。少しだけですが、出来るところまで更新したいと思います。


〇田中分科会長 ありがとうございました。では、まず、はじめに東日本大震災に対処するための要介護認定有効期間の特例措置のことについてお願いします。えー、・・・でございます。こちらの要介護認定有効期間のことについては、報告、、、審議事項ではなく報告です。えー、これについて、ちょっと質問はありますでしょうか。

(沈黙)

こちらについては、質問がないようですので、次に審議事項になります。えー、訪問看護サービスの人員基準について、ご意見をいただ、、、質問を頂きたいと思います。
では、質問、ご意見、お願いします。では、斎藤(訓)委員。

〇斎藤(訓)委員 ありがとうございます。あのー、まあ、今回を持って、あのーーー、特例措置が、まあ、あのー、東日本大震災に対応する、まあ、現地の・・・のことを、まあ、政府としても、今後の訪問看護が十分に・・・かどうなのかということを、まあ、これについて、・・・ついて、少し、あのー、意見を申し上げたいと思います。
あのー、・・・ちょっと、・・・のことから申し上げますと、あのー、これから、そのー、高齢者が、まあ、急増して、えーー、要介護、あるいは中重度以上の方々、あるいは医療に、、もいると・・・方々が、まあ、在宅医療・・・ことが、データでありますので、で、そういった方々を、まあ、地域でしっかり看ていくっていうことが、あの、非常に、まあ、重要な政策課題という、、、で、まあ、その観点で訪問看護ステーションと言うのは、非常に重要な役割を期待されてますけれども、あの、最初の2.5というのも、あのー、ホントに最低ラインのものだというふうに思います。365日、24時間、えーー、シームレスなケアを要すると考えますと、えーー、1人の訪問が・・・ありますので、えーっと、単純な計算をしてもですね、えー、4人は必要になるというのが、あの、実態ですので、まあ、2.5だとしても、はん、、、半分しか、あーー、現場の半分しか訪問できないというのが・・・ありまして、のー、人員基準としては、2.5を下回るということはありえない。・・・・・・・・・。それから、東日本大震災の特例措置につきましては、前回の給付費分科会で、えーー、まあ、この取り扱いを加味してと言うことと、それから、あのー、スライドの1、特例措置の説明の下に書いてあるように、あのー、特例サービスを提供している事業者の近隣のステーションが、訪問看護の提供が可能な場合は特例を廃止するんだということで合意を得たというふうに、あのー、私は鑑みてます。で、その、おー、そのことが、もう、えーー、・・・、あの、資料に出されたように近隣のステーションで、もう提供が可能であるという、もう今、状態になっていますので、えー、特例措置の延長については、あのー、最初の給付費分科会で合意を得た通りに、えー、3月31日まで、というふうにして頂きたいというふうに。で、えーー、あの、被災地の、あの、医療・介護の提供体制をどう考えていくのかと言うことにつきましては、まだまだ、・・・であるということは重々承知でございます。ですけれども、あのーー、いくつもの特例措置がですね、えー、一度に、あのー、終わるということではなくて、・・・が見えたら、ちょっと、えー、・・・な、あーー、普通な、えー、それぞれの、あのー、生活を取り戻していく過程において、えー、出来るところから特例は外していくべきだというふうに思っておりますので、えー、今回は、もう既に、あのー、周辺のステーションの事業所も、あのー、ステーション自身も被災されて、えー、一部流されたり、あるいは避難してたりという状況で、えー、ステーションのナースたちも被災者自身であって、で、えー、そういった困難を乗り越えてですね、あの今、きちっと人員基準を満たして、そして、新しいサービス、あの、新しい事業所として、また再開しようとする。その努力があって、それで、まあ、近隣が提供可能となっておりまして、市町村が、是非ですね、こういった努力に、あの、きちっと対応して、えーー、受け入れは可能だと言っているわけですから、あのー、特例で非常に不安定な状態のサービスを、えー、そのまま、あのー、継続的に、継続するということを判断するというのは、・・・というふうに思っております。まあ、そういった意味で、えーー、前回の給付費分科会で申し上げた通り、えー、是非、あのー、特例措置は3月31日で・・・頂きたい。今、利用者が、あのー、利用されているところにつきましても、えー、是非、2.5に・・・していただくか、えーー、・・・というふうに・・・。

〇田中分科会長 木川田委員。

〇木川田委員 えー、私は、まあー、意見を述べるわけではありません。・・・。それは、あのー、私も、、、岩手県の、あのー、・・・で、・・・から、あるいは・・・で、それから・・・で、その、あるいは・・・で、とても危険でありますが、1人で、今、復旧の途中でありますが、ほんと、1人で、、、、訪問看護師をするということは不可能だろうというふうに思っています。あのーーー、施設であろうが、何であろうが、24時間不眠でがんばった、そういう時期が過ぎておりますし、そして、えー、訪問看護ステーションを、、、更に、あー、強化、整備されておりますので、あのー、1人で、こういう、、、訪問看護、まあ、無理でありますし、いろんな不祥事、、、ではないですが、あのー、その、また、不愉快な情報も入ってきておりますので、まあ、私としても・・・自体を3月31日をもって、復旧の途中でありますが、あーー、終わりにしていただきたい心境です。・・・。

〇田中分科会長 ありがとうございました。井上委員。



この後も集中砲火の予感・・・。
それぞれの立場もあり、気を遣いながらお話されている感もありますが、お言葉は現地で頑張ってらっしゃる方へ向いているとは感じられませんな。

すいませんが、今日はここまで。


《告知》今、話題の研修です。当面、貼り付けときます。
417661_388204601277645_1033716243_n.jpg



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/03/28 22:49
« Prev | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。