スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第3回都市部の高齢化対策に関する検討会 速報05

皆さん、お疲れ様です。

今日も蒸し暑いですね~。
月末月初進行でお仕事を済ませ、今日は、ちょっとのんびり傍聴記ですが、気力と体力と相談しながらやります。

そして、本日は、月刊ケアマネジメント8月号の発売日w

先月は僭越ながら私が登場させて頂きましたが、今月は、アローチャートに関する記事が掲載されております。記事については下に告知してありますので、チェックしてみてください。

では、昨日の続きです。どうぞ。


〇石原名誉理事長 で、次ですけど、理念の共有と言うことで、私ども、あのー、いろんな人たちが、ここに入ってきますので、やはり、あの、テナントさんもいろいろ、あのー、想いを1つにしたいということで、まだ建物が、まったく姿あらわさず、、、あらわさない時から、あのー、か、、、会議を持ちまして、毎月夢を語り合ってきました。あのー、まったく雲をつかむような話からスタートしましたけれども、まあ、そういったことをいたしました。
それから、あのー、18年度から4年間、研究会を立ち上げまして、ターミナル期も視野に入れた高齢者のあるべきまちづくりに関する調査・研究というのを4年間続けていきました。これは、非常に大きな役割をしたというふうに思っております。と申しますのは、オープンしまして、えーーーー、利用者さん、あの、住宅の方に大勢の方が移ってこられました時に、思ったようじゃなかったとか、どうとか、こうとか、いろいろ、やはり、住まった方にしてみたら、あの、不平不満もあるわけですけど、私ども、この研究委員の人たちが、役、あの、皆で、それぞれの階に、あの、分散しましてですね、あのー、入居者さんの声を全部聞きました。私ども、あのー、直接的には、高齢者ち、、、有料賃貸住宅の数だけを・・・すればいいというふうに伺っておりましたけれど、やはり、上の方々は「知りません」というわけにいきませんし、まあ、そこは、でも、あのー、中心ではございませんでしたけれども、あの、有料の賃貸住宅にお入りに方々には、もう、あの、1対1で、ずっと面談をして、お声を聞いていった。まあ、そういったことをして、えー、いきました。
えー、それで、次のページに、連携と言うことがございますけれども、あのー、人々が、異質の人々がいっぱいいるっていった時には、非常にいろいろなトラブルが起こってまいります。それで、まあ、グループ内、私は、、、私どもは、あの、社会福祉法人と、あのーー、保育やなんかは、株式会社新生メディカルと言う、あのー、訪問介護もそうですけれども、会社でやっております。えー、そういった同じ組織の中でも人々、あの、職員と言うのは、あのーーー、組織図で、バラバラになってしまいがちですので、あのー、ランチョンとかまいーーにち通っていって、私も1対1で、パートのヘルパーさんにまで夢を語り合うという、そういう意思の疎通と言うか、想いを、あの、統一するということをやりました。それから、あの、他事業所との連携と言うのは、何階のフロアーのいろんなテナントさんたちと連携をしていく。最初は、もう、皆さん、自分のところのことしかお考えじゃなかったですけれども、あのー、サンサンだよりというのを作りまして、私どもの事務員が、あの、編集長になって、よそのテナントさんを出来るだけ先に、あの、優先的に、さい、、、あのー、いろんな記事を載せさせて頂いて、そして、あのー、お便りを一本化して、そこから両方全部の棟の住民の方々に回すというようなこともいたしていきました。
それから、住民との連携と言うのは、先ほど言いましたように、あの、研究会のメンバーなんかが中心になって、住民の方々と、えー、いろんな、あの、、、とり、、、あの、聞き取りをしたり、あの、ご相談に乗ったりすることをしていきました。
まあ、そういうことによって、住民と人の繋がりも拡がっていったということです。
えーーー、次のページ。セーフティネットというのがございますけれども、あのーーー、最後まできちっと世話をする。でも、自分のうちで可能な限り過ごしていただけれることで、あのー、私どもは、あの、会社の方で、えーー、短時間の巡回のサービスとかそういったものをやっておりまして、ほとんど訪問介護で済まして、、、訪問介護と訪問看護とか、まあ、もちろん、あのー、往診もありますけども、あの、どうしても、やはり、お部屋では、お一人で、もう、最後、無理っていうような方々の為に、あの、一泊二日で使用できるという部屋を8室設けてございます。ですから、風邪をひいたからその日だけでも泊りに来たりとか、それから、ターミナル期、それから、アセスメントをするために入居してきて、、、あの、入っていただくということで、一泊二日のホテルのような使用の、おー、施設を、まあ、福祉ホスピスと言われた方もおりましたけど、ターミナルまで、そこで出来るような、あー、部屋を8つ用意いたしました。
それから、あの、今、1階の方に移しましたけど、多世代交流とか相談窓口。そういったもの。それから、あのー、ドクターやなんかを皆入ってですね、あの、、、あの、診療所や自治医大の地域医療振興協会が入っていただいておりますけども、えーー、そ、そういうお医者さん方たちが私どもの職員皆とミニ公演だとか、あのー、いろんな、あのー、緊急時のターミナル期の心構えを勉強したりとか。それは、人生すごろくという、あの、ものを作りまして、それで、あの、いざっていう時には、あの、どうなるかっていうことをすごろくなんかをやりながら学んでいくとか、寸劇をやったりですね、グループワークを毎月やったりとか。まあ、そういうようなことをしながら、ともどもに人生をどう生きていったらいいかっていうような話、、、えー、ことを学んでいくということです。
えー、その次のページで、新しい文化の創造っていうことを私どもは目指していて、自立と尊厳と言うものをきちっと基本において、更に福祉だから笑顔と親切だけでいいというようなことではなく、中には、最初の頃は、ポケットの中にお金をぽいっと入れていただかれる方もあったりするようで(笑)、そういうことではなくて、専門職としてきちっと支えますよっていうことで、えーー、いろいろな、あー、勉強会をやったり、あのー、ごちゃ混ぜ研修と言う、いろいろな専門職が同じ利用者さんのところに訪問しながら3日間で勉強するというようなこともやって、えー、その時に、お一人暮らしで要介護5でお住まいの方もいらっしゃいますが、そういった方が講師役になる。そのー、いわゆる、あの、お医者さんの卵とか、そういった方々が勉強に行くときには、その方々が講師役になるとか、あのー、小学校の子どもたちが来て、夏休みの宿題をお年寄りから戦争体験なんかを聴きだすとか、まあ、いろんなそういった勉強の場とか、お互いを助けあうとか、そういったことをいろいろと、ここのテナントさんたちと一緒にやって、えー、おります。
まあ、時間になりましたので、じゃあ、そういうことで、最後に進化し続ける街・岐阜シティタワー43ということで、えー、あの、ご報告以上でございます。

〇大森座長 ありがとうございました。私も一度、お訪ねしており、大変思い出しまして、感慨深い・・・。そういうことで・・・。



細かい表現のツッコミどころは、気にせず、よい実践だなと思いました。たぶん、ここで出されているエピソードから自身で選んで入居していると推察できるからかな~。でも、要介護5の方の部分は、入居時からその認定だったら選ばれていない可能性は高いとは思いますが。あと、アセスメントするために入居っていうのは、たぶん、短期間の部屋のことだとは思うのですが、どういうことなのか、もうちょっと知りたいところですね。


《告知》
月刊ケアマネジメント8月号発売!!!
前述のとおり、今月はアローチャート出てまっせw
それも、吉島先生とご一緒に先日からスタートしたあきしま地域福祉ネットワークアローチャート研修会の担当講師をして頂いている色部さんの記事も掲載!
それも、カラーページだ~~~!
月刊ケアマネジメント8月号



・記念すべき第1回全国アローチャートミーティング申込期限迫る!!!
まだ、申し込んでいない方はお早めに。
417661_388204601277645_1033716243_n.jpg



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/07/31 23:12
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。