スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

微かな光を求めて

昨年の9月からはじめた当会の介護保険制度改定への提言活動。時間を惜しまずに検討を重ねて進めてきた。

気がつけば、もう9ヶ月。

子どもならハイハイしてもうちょっとしたら掴まり立ちしようとするところか。

会員だけでなく地元選出の議員の方や他市民団体の方々の協力を得て、厚生労働省や有識者へ提言書を出したり、意見書を出したりと僅かな望み、微かな光を追い求めて繰り返し繰り返し現場の意見を発信してきたつもりだ。

自分たちなりに言い勝ち功名という感じで発信したというか、それしか出来なかったというのが本当のところだが。

まあ、他の団体の方々と違い、力がないのでメディアで取り上げられることは少なかったが、自分たちなりに効果的な発信方法を検討してきたと思う。

さて、あとどのくらい意見を出す機会があるのだろうか。

少しでも有効と思える機会があればこれからも続けていくだろうが、今回の改正に関して残された機会はあと僅かだろう。もしかしたらもうないかもしれない。

そんな想いの中、週末に臨時委員で手分けをして行ったことを報告。

それは何かと言いますと、先日ここでも発信した新たな提言書について、5月7日付で衆議院厚生労働委員の方々へ郵送しましたということ。

小さな地域からの想いを発信し続けるこの活動もいよいよ終盤戦に入ったところではあるが、想いが届くことを願う。

さて、「棒ほど願って針ほど叶う」となるか「雨垂れ石をも穿つ」となるか。

どうか心に響いてくれ。


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしく
お願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/05/09 21:59
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。