スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

新しい道が開ける。

今日のお昼に一本の電話が入った。

「shanさん。キクチさんから電話です。」

ん?菊池さん? あの方かな~。久しぶりだな~。施設でなんかあったのかな~。

などと思って電話に出ると「ども~。菊地です。masaです。」

「o(゜◇゜o)ホエ????・・・・・・(* ̄0 ̄*)ノ オォー!!」

ってことで明日のmasaさんブログお楽しみに!!っていうか詳しい内容は自分も知らないので超楽しみっすw


さて、前回の記事の最後に池田委員が「NPO系の営利団体」と言った発言についての弁明が、第75回であったと伝えましたが、その弁明につながった要望書の発起人で「NPO法人暮らしネット・えん」の小島氏より要望書掲載の了承が取れたので第75回の資料と共に配信いたします。

そして、この要望書については、本当に画期的。というか、新しい道を切り開いたと言えると思います。
「こんなやり方があるんだねー」と正直思いました。

やっぱり、自分たちのやっていること、築き上げてきたことについて誇りを持っている人は、自信を持って声を挙げることが当たり前なんだと思います。

本来、委員として参加の団体も自分のテリトリーを誹謗されても反応しないのでなく、しっかりと声を挙げるべきでしょう。

小島さんやmasaさん等々、私たちがこの提言活動を通してご協力を頂いたり、新たに出会った方々は、共通して物凄いパワーを持っていて面と向かって話をすると、そのパワーに圧倒される感じを抱きます。ですが、眩しすぎて思わず目を細めてしまいながらも、竦む足を一歩前に出すと新しい世界を見せてくれるんですよ。

あきしまネットも職能団体として、現場の集まりとして、要望書の作成を検討していこうと思っておりますので、出来たらまた公開しますね。

しかし、記事に取り上げるリストが溜まってきているぞ…( ̄。 ̄;)ブツブツ




第75回社会保障審議会介護給付費分科会資料(厚生労働省サイトへのリンク)




2011年5月25日
厚生労働省 老健局長 宮島俊彦様

第74回社会保障審議会介護給付費分科会の委員発言について是正を求める要望書

日頃、厚生行政の推進にご尽力いただき、ありがとうございます。
 5月13日の第74回社会保障審議会介護給付費分科会において、委員のひとりである池田省三・龍谷大学教授の発言のなかで、『NPO“営利団体”』という表現が複数回、なされました。「NPOの『営利団体』が介護報酬が低いと主張した結果、大手事業者が内部留保をため込んでいる」という趣旨でした。
前回の報酬改定時、介護報酬が低いという認識は、法人の種類を問わず、介護事業を展開するすべての団体が一致したものでした。ですから、この発言そのものが誤ったものであることは確かです。しかし、今回看過できないのは「NPOの『営利団体』」という表現です。
私たちはNPO法人として、地域における支えあい活動などの本来事業の延長線上で、指定事業者として介護が必要な高齢者に介護保険サービスを提供してきました。NPO(非営利団体)を『営利団体』と断ずるのは、全国で理念を掲げて活動を続けているNPOの名誉を著しく損ない、地道な支援をしている者たちを一方的に傷つけるものです。
学識経験者が集まる審議会で、NPO法人(特定非営利活動法人)を『NPO“営利団体”』と呼ぶのであれば、少なくともどの団体を指すのか特定し、何を理由に“営利団体”と非難するのか、その理由を明らかにすべきです。
私たちには発言の場も反論の機会もなく、一方的に『NPO“営利団体”』と批判されることを看過することはできません。
介護報酬を決定する重要な会議の席上で、「自由な発言」(大森座長)の場であったとしても、一方的な誹謗・中傷を許すのは無責任と言わざるを得ません。また、介護給付費分科会の品位を損ない、被保険者および国民の信頼を失いかねないものです。
介護給付費分科会事務局である貴職の責任において、しかるべき対応を行い、制度運営に対する信頼を回復する努力をされるよう要望いたします。

特定非営利活動法人暮らしネット・えん代表理事 小島美里
特定非営利活動法人サポートハウス年輪理事長 安岡厚子
特定非営利活動法人渋谷介護サポートセンター事務局長 服部万里子
特定非営利活動法人東京ケアネットワーク理事長 人見一夫

連絡先 特定非営利活動法人暮らしネット・えん
〒352-0033新座市石神二丁目1番4号
℡048-480-4150 fax048-201-1311 
e-mail npoennmk@jcom.home.ne.jp

※この要望書は、大森分科会長へも送られております。






ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(14) | トラックバック(0) | 2011/06/01 21:02
コメント
昨日の敵は今日の友
池田先生みたいな人って、叩かれれば叩かれるほど、必要ないと言われれば言われるほど『ダーウィン』を気取って意固地になっていくような気がするんです。しかも、厚労省は別の意味でこの人を必要としているから、委員はなかなか辞めないでしょうし。

池田先生を上手く利用できる方法はないものでしょうかね。要望書等を出す事も、非常に重要だと思うんですが、なんとなくこの人を利用する方法を考える方が手っ取り早いかな、と思いまして。今、厚労省がこの人を上手く利用しているように、今度はこちら側がこの人を上手く利用できれば、こんな心強い味方はいないと思うんですけどね。

妄想でしたw
No title
>(※僕は、彼の日ごろの活動や仕事ぶりを注目している一人だが、その活躍ぶりをみるにつけ、ただただ敬服するのみである。

やはり、皆さんこのように思っているんですよ。

私も敬服しています。

多分、masa様のブログで紹介されたから、私のブログに来て頂く方も増えています。

6/4は、masa様のシンポジウム来るんですか?
No title
眼鏡っち毎度!

イヤイヤ、あの方達は大真面目でしたたかだよ。
まともじゃやりあえない!
No title
タヌキさま!どもども。

敬服なんて恐縮ですが、お互い頑張りましょう。

6月4日は、前から予定があったので行けないんです。残念!
No title
みなさん!凄過ぎです。・・・等と、人事みたいに表現してもいいのでしょうか?本来は、自分の意見をしっかりと持ち、しっかりと伝えていく事が、何より大切であり、大事な意味を持つのだと思います。masaさん、BOBさん、shanさん、タヌキさん、眼鏡さん・・・まだまだ、たくさんの方々の思いに感動です。とても大事な事であり、自分の事ではなく、困っている人々、病んでいる人々、苦しんでいる人々が、少しでも笑顔になれる様にと、努力されている事に、感動です。私も、先ずは、自分にできる事、努力したいです。
No title
きたさんお久しぶりです。

その後、無理してないですか??

>みなさん!凄過ぎです。・・・等と、人事みたいに表現してもいいのでしょうか?

みんなは置いといて、自分は福生で会って対した事ないことは知ってるでしょうからきたさんだって凄いってことですわ。

みんなも気づいてるはず。僕で出来るんだから、普通に声を挙げることは出来るってこと!
No title
 お疲れ様です! 

カウンターの数字、すごいですねぇv-12

やっぱりshanさんって すごいんだv-219

声を挙げるって 大事なことですよね。

いっつも言いますが、たとえ想いがあっても

黙っていることは 肯定ですから!

 しかし。。最近は 社保審というより

〇〇だの会みたいになってませんか?

根拠のないことばかり言っているし、品はないしいいのかな、あんな会で。。っと
いつも思います。


No title
理さまどんも。

あのね・・・。僕が凄いんじゃなくって緑風園が、そしてmasaさんが凄いんよ。

自分らコツコツやってるけど、masaさんの手にかかったらあっという間に広がっていく。凄いよね。

いつもありがたいって感じだよね。

僕の社保審の印象はね。

言葉が足りない、意見(反論)が出ない、議論になってない、特定の意見が優遇される。って感じ。

理さんが言うように無言は肯定。挙句の果てに意見言って反論されて、ハイ、すいません。じゃあ意見を言ってないことと同じだよね。
(((ρT-T)ρオヨヨ
No title
shanさんありがとうございました。shanさんの現場に根差した地道で真面目な活動こそが、我々の実践力を証明することになる唯一の方法なんだと思います。

本当に敬服しちゃってますから。

4日夜と5日午前中は、根津のキラキラ炭酸男に元気をもらってくる予定です。
No title
masaさまどもです。

最近ちょっとばかり、体調も思わしくなかったのでやや気落ちしていたところがあったのですが、masaさんにお墨付きを頂いたら元気が出てきました。

明日、行きたかったっす。

飯塚さんのちょっと猥雑な感じのwキラキラバイタリティーも分けてもらいたかったし。
だって大宮はほぼ地元、子どものころの遊び場だったところなんですよね。

シンポジウムの成功とその後の如何わしいw飲み会が盛り上がることを祈っております。
No title
「キラキラ炭酸男さん・・・?」って、もしかして、あのお方ですネッ?
6月4日のmasa様のシンポジウム参加したかったのですが、娘夫婦の事で、どうしても外出しなければなず、涙をのみました(爆)

shanさん?お体の具合は、如何ですか?
身体あっての仕事・人生・生活ですから、きっと私よりお若いと思いますので、ご自愛ください。

「黙っている事は、肯定ですから!」私もそう思います。どうにか、今の介護保険制度が、利用者・国民の為にも、よき方向へ改革していって欲しいと強く思っている一人です。
声を上げよっ!ですねっ!
No title
きたしゃんどもども!!

そうです!キラキラ炭酸男しゃんは飯塚さまっす。

シンポジウムお互いに行けなかった様ですね。

そしてあの方も凄いパワーを感じますよね。

またの機会を誰か作ってって感じ(*^^*)

さて、ギラギラ40代男の私はちょっと頭が枯渇しています。皆さんが羨ましく感じますわ。

そして体調のご心配頂き、ありがとうございす。ちょっと無理をするととたんに腰痛がやってきますが何とかごまかしてます。健康のありがたみが身に染みる。でも「声を挙げる」ため、止まってられないのでまだまだ頑張ってみます。


No title
shanさん!こんばんは!お久しぶりです。ここの所、疲れがピークに達している・・・という感じです。マッサージへ行く事、週1回。それでもだるくて、足腰の痛みがあり、思うように、身体が動かせない状態が(爆)歳ですネェ~(笑)w

shanさんは、如何ですか?大丈夫ですか?
最近の社会保障審議会の介護給付費分科会5月30日の「医療と介護の連携資料1-1」なるものを拝見しましたが、かなり良くできているとは、思いますが、現実に現場ではどの様に稼動するかが、イマイチよく分かりませんでした。再度、読み込み、今後の行方を案じていこうかと・・・?
何か良い知恵がありましたら教えて下さい。
No title
きたさんども!!

週1マッサージいいですね~。

自分は何とか回復してきてますが、先日は右足がつって起きたら、同時に左足がつって「やべー」と思って起きようとしたら左腕がつってw
このまま全身がつったら死ぬかと思って焦りましたww

さて、医療連携について現場がどう稼働するか具体的に自分も模索している感じなんですが・・・。
主にケアマネジャーとしては定期巡回の総合アセスメントがどうなるのか。

複合型では、現在いる小規模多機能の看護師と訪問看護の関係性はどうなるのか等々が不明な点でしょうかね。

また、整理をしてみたいと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。