スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

禁じられた色彩

世の中は連休でもこの仕事をしているとそうもいかない時もある。

だが、残務を終わらせ、提言委員のことをちょっと手掛けるが、祇園祭に行きたかったな~とか、なでしこの結果はどうだったとか余計なことを考えて、あまり集中できず。

切羽詰まらないとできない性分を治せないもんだろうかと思いながらも。

介護保険制度改正のことを調べながらも世の中の動きを調べていると元XのTaiji氏が逝去したらしいニュースを目にする。

自分はまったく面識も、親交もない。Xのこともそれほど好きなわけでもない。だが、氏はそのビジュアルのイメージが先行するが、本来、非凡というか、才能のあるベーシストであったことは音楽をかじったことのある人間ならわかるのではないかとも思う。そして、X脱退後の坂を転げ落ちるようなそのロックな人生を地で行く姿に儚く輝く魅力を感じる。

そして、こんなことがトリガーになってフラッシュバックする記憶。

高校生の頃。いつも見に行ったり、出たりするライブハウス。地下にある薄暗く、カビ臭い箱。

当時すでにバラエティー番組などに出ていて色物的にも見られていたバンド「X」との対バン。

向かう道すがらどんな人たちなのだろうと不安を感じながら入った楽屋で見たその人たちは何とも優しい兄貴たちであった。
しかし、ライブが始まると豹変する。その荒削りな音の塊と過激なビジュアルに釘付けになっていた。当時はまだ、Taiji氏は在籍する前であったが、メジャーで出てきた時よりも数倍ハードな感じであった。しかし、あれを見て何人が、今でも続くバンドになると思っただろう。とにかく、ガシャガシャ、ドカドカしていて決して売れるバンドになるとは思わなかった。

だが、そんなことも見事に裏切られ、その後、hideやTaijiも加入し、数年のうちに世の中を席巻していたのだ。いつの間にか行く箱、行く箱どこでも「(X関連の)誰々と知り合いになりたいんだよね」と話している客ばかりになっていた。

そして、自分は自分のやっていることに疑問を持つようにもなっていった。

まあ、世の中、ロックな人生を地で行くなんてそうそう出来るもんじゃない。

それ相当の実力や覚悟や勘違いがないとあっという間に弾き飛ばされちゃうもんだ。それに人はいつしか安定を求めるようになる。

自分は見事に弾き飛ばされたよ。結構、しがみついたんだけどね。

だから、今はなりたいとは思わないけど、若い頃にどうしていいかわからない感情を投影したロックな輩には、今でもどうしても魅かれてしまうのかも。

しばし仕事の手を止めて物思いに耽った週末のちょっとした出来事だった。

そんな儚くも胸を締め付けるような想い出に浸りながら、ご冥福を祈るとともに、この曲を聴いてクールダウン。

いい加減気合入れないとやばいぞっと。


http://youtu.be/ztVooc7uMnA






「禁じられた色彩」坂本龍一/David Sylvian


あなたの手の傷は けっして 治らないだろう
僕は 信じてさえいればいいと思っていた

あなたと一生 距てられた僕がここにいる
キリストの血か それとも僕の心臓の鼓動?

僕の愛は 禁じられた色彩を帯びる
僕の生は もう一度 あなたを信じる

無意味な歳月が瞬時に過ぎ
無数の人々が喜んで 命をあなたに捧げる
生き残るものは何もないのか?

自分の中にわきおこる感情を 処理する術を覚えようと
自分の中に埋められた土くれに 手をつっこむ

僕の愛は 禁じられた色彩を帯びる
僕の生は もう一度 あなたを信じる

足元の土すら信じきれず
それとも全てのことに 盲目的な信仰を示そうとしながら
何度も同じ地点に立ち戻ってしまう.....

あなたと一生 距てられた僕がここにいる
キリストの血か それとも心の変化?

僕の愛は 禁じられた色彩を帯びる
僕の生は もう一度 あなたを信じる




うちの娘のことを義理の妹んちの子(甥)が大好きらしく、結婚したいと言っているらしいw

そのことをどうも娘に伝えたら「うーーんshan(実際は僕の下の名前)と結婚するからなー」と言って、その後だったらしょうがないから良いと言っていたらしいw

結婚のことをよくわかってないに決まっているが、うれしい反面、困ったものだ。

因みに自分は娘に早く結婚してほしいと思っている方である。ってかまだ3歳だけどねw




ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
想い | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/07/19 21:35
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。