スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第78回社会保障審議会介護給付費分科会01~速報~

あぢーーーっ!!本日も東京は猛暑です。
最近、貫録が出てきたとか、恰幅が良いと言われるのに慣れてきた自分には非常に厳しい環境にありますw

そんな中、第78回社会保障審議会介護給付費分科会の傍聴。

多摩の田舎からの長い道中、東西線で俳優のでんでんが近くに座ってて、他の委員と支援困難事例の話をするのと同時にでんでんの話をしていたら乗り過ごしてしまうアクシデントも乗り越え、すっかりヨレヨレになりながらも何とか会場入りしましたさ。

本日の会場も前回同様で警察共済組合関連施設グランドアーク半蔵門。

さて、前回は駒さんに前半戦終了後、トイレから出てきたところで捕獲されましたが、今回は、シルバー新報のK様にバッタリ。ってかいつもお互いいるんだろうけど会わないだけなんですが、ニアミスしたんで挨拶したら笑いながら「どこの浮浪者かと思ったwww」「ヨレヨレ過ぎ」とのこと。オイオイ。

貫録が出たとか、恰幅が良いとか、ワイルドなんて評価は、直訳すると、不審者だったり、ヨレヨレだということを改めて理解しましたw

第78回傍聴の速報です。

--------------------------------------------------------------------------------


日時:平成23年8月10日(水)13:30~16:30
於 :グランドアーク半蔵門(華の間(3階))

議題と資料

1.地域区分について
  資料1 介護報酬の地域区分の見直しについて ~基本方針について~

2.これまでの議論の整理について
  資料2 介護給付費分科会における議論について(主な論点)

3.社会保障・税一体改革について
  資料3-1 社会保障・税一体改革成案
    別紙1 社会保障改革の推進について 平成22年12月14日閣議決定
    別紙2 社会保障改革の具体策、工程及び費用試算
    別紙3 社会保障の安定財源確保の基本的枠組み
    参 考 消費税(国・地方)の社会保障財源化・区分経理のイメージ
  資料3-2 社会保障・税一体改革成案における改革項目 参考資料(抄) 内閣官房 社会保障改革担当室

4.その他
  参考人資料1-1 特別養護老人ホームにおける入所申込の実態に関する調査研究
           (平成22年度老人保健健康増進等事業 医療経済研究機構)
  参考人資料1-2 特別養護老人ホームにおける入所申込の実態に関する調査研究【研究要旨】
           (平成22年度老人保健健康増進等事業 医療経済研究機構)


《今回のみどころ》
まず、大森分科会長が、軽い口調で会場を沸かしてからスタートした今回の審議。

今回を一言で言うと「既得権争い再燃。でも簡単に審議は通っていく」って感じ。

当然、これから具体的な報酬の話になっていきますから、各団体のせめぎ合いになるのでしょうが、これから更に激化するのか、それとも根回しにより沈静化するのかというような想いになったということでしょうか。もちろん、各団体がそれぞれの立場を主張する必要はあるので否定はしませんがね。

議題1の地域区分の見直しについては、各委員から国家公務員の地域手当の地域区分を「一律4.8%引き下げ」て地域で調整ということに異論が続出。主な異論の内容としては、マイナス4.8%が人件費に響いたら、処遇改善との整合性がつかない。1単位、10円じゃなくなる。といったところ。これに対して、座長や事務局からは「必ず、4.8%下がるのではなく、地域間における財政中立が基本なので下がる地域とそうでない若しくは上がる地域がある」と説明があるが、理解できない方が多く、質問が相次ぎ、最後まで食らいついた勝田委員に老健局長が「だから4.8%下がらないって!!給付抑制の問題と一緒にしないで」とキレる場面もw
もちろんそんなことには負けない勝田委員は「じゃあもっとわかりやすい資料を出してください」と返り討ちでしたw

結果としては、地域区分は特甲地を3分割して、全体で7区分にする(第73回資料参照)ことで大筋は決定し、今後議論を進めるということになりました。もちろん、いつも通り強引にですがね。その答え以外にまとめませんって感じは回を追うごとにあからさまになっている気がしますが。

続きまして議題2です。今までの介護給付費分科会で出てきた議題の論点がまとめられ、再度、意見だけ聞いて、今後の審議に反映させるということでした。なので、それぞれの団体の立場からの意見が出たという感じです。最近は、参考人質疑が多かったのであまり見られなかった既得権争いが、これから再燃するという雰囲気が出てまいりました。その為か、大森分科会長からは「まだこれからも審議の場はありますから。それぞれの団体の方の意見は伺いますが、必ずしもそうなるとは限りません」という発言も出ておりました。

議題3は、社会保障と税の一体改革成案についてですが、ここでも改革の具体策等資料でのそれぞれの団体の扱いについて、確認や意見というかクレームなどもありました。慢性期医療について提供体制の将来像に入っていないとか、老健は地域包括ケアの中核施設として入れてほしいとか。
しかし、ここでも既に他の会で審議され決まっていることだからという伝家の宝刀が。

議題4は、特別養護老人ホームにおける入所申込の実態についての研究結果を上智大学の栃本参考人が報告しております。自分としては、わかりやすい内容で、合点がいくことが多かったですが、果たして今後どのような使われ方をするのかと考えるとやや不安という感じでしょうか。

因みに今日は池田先生にしては発言も一度だけで大人しい感じでしたね。夏バテ??
発言内容としては、以前から繰り返し話をされている労働賃金の地域格差のこととGHの利益の搾取説と特養の内部留保の話だったと記憶しております。

それから「介護保険サービスに関する関係団体懇談会」の話はなかったと思います。あと、中医協とのコラボの話も依然ありませんでしたね。

というわけで、詳細は後日レポします。お楽しみに。


--------------------------------------------------------------------------------




ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/08/10 22:20
コメント
No title
お疲れさーん。今日は当地も予想気温が35℃と北海道とは思えない暑さのため、涼しい格好をしたらインドネシアのおじさんみたいになってしまった…。

>「介護保険サービスに関する関係団体懇談会」の話はなかったと思います
やっぱりねぇ~
No title
おーーーー!

北海道も猛暑とは。

>涼しい格好をしたらインドネシアのおじさんみたいになってしまった…。

ってか、インドネシアのおじさんハマり過ぎw

懇談会のことは次回に出すのかよくわからんけど、参加団体が被っているのに議題2で論点の意見聞いているし?

たぶん形としては意見集約の結果を出しておいて、答えは聞かなくてもいいような結果になるってシナリオでは?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。