スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

「シンポジウム これからの認知症ケアを考える」に行ってきた。

皆様、お疲れ様です。

東京は先週末から悪天候を引きずってます。

そして、今日は午後から先日ご紹介した、介護の社会化を進める一万人市民委員会2010 シンポジウム これからの認知症ケアを考えるに行ってきましたので、傍聴記をお休みして簡単に報告を。

会場は、永田町にある憲政記念館会議室。国会議事堂背面を横にダラダラと歩きながら会場入りするとすぐにソファーで、先日お会いしたCBのお二方が池田省三氏とお話されてました。多分取材中でお声かけしづらい雰囲気なので聞き耳立てながら通り過ぎ、すぐに受付。おもむろに渡された資料に目を通すと、なんとも今日は認知症サポーター養成講座と同等扱いとのことでテキストとオレンジリングがw

その後、会議室に入ると東京砂漠さんが入り口すぐの席に座ってて開口一番「来ると思ってましたよ~」って。
わかさぎ釣り以来の再会にちょっと不夜城地域の話で盛り上がっているとサクラちゃんも到着。またまた、最近の話等々していると、お久しぶりのgitaさんが!

その後、当会の委員も到着した頃にシンポジウムが開会しました。

まず、本日の総合司会である国際医療福祉大学大学院教授の高橋紘士教授の挨拶があり、すぐに社会福祉法人ロザリオの聖母会 海上寮療養所 副院長 上野秀樹医師の講演。認知症になっても入院しないで地域生活を続けるためにが始まる。

この講演が認知症サポーター養成講座扱いとのことで、確かにテキスト資料の一部も引用されていた。

基本的には精神科医である上野医師が現在の病院に勤務したことで今まで入院治療の対象であった方も設備等の問題で往診や外来扱いにした実践に基づき認知症の方は入院ではなく、住み慣れた地域に住みながら治療をした方がよいという内容の講演。

その後、いよいよ池田省三氏による講演。ただし、時間の関係でかなりはしょってました。
タイトルは認知症高齢者の居場所とケアの実態。
でも、話はいつもとさほど変わりなし。でも、さすがに社会保障審議会とは違うのでリラックスムードで終始、笑顔でお口も滑らかでしたよ。社保審の時よりしっかり説明してる感もあり、話し方やネタは一緒でもいつもよりはわかりやすいという感じでした。
まあ、笑いながら我々への批判も当然ありましたがね。「私は福祉系に嫌われてるので・・・」とか言いながら、ケアマネがしっかり仕事してないとか、毎度のことですがね。

あとは、社保審でも出てきた介護度、認知症生活自立度とかの分析関係とか、認知症サポート医の養成が進んでいない問題、生保の医療扶助の半分は認知症高齢者というデータの紹介と寄り添うケア等情緒的ケアの問題。本日は、寄り添うケアやその人らしさということに鳥肌が立つと言ってましたがw
しかし、自分は一言多いとか嫌われてるとか言う割には余計なこと言って楽しんでる感じですが、余計なことを言わなければ、聞いてる方も多少は納得いく事もあるんですがねー。

さて、その後、政党により討論として、あの堀田力氏がコーディネーターとして登場!

シンポジストは
民主党    柚木 道義衆議院議員
自由民主党  あべ 俊子衆議院議員
公明党    坂口 力衆議院議員
社会民主党  福島 みずほ参議院議員

そして、コメンテーターは、最初に講演した二人。

詳細はコチラ(CBnews)をリンクしちゃいますw

とりあえず、あべ議員は看護師さんとのことですが、とっても話がお上手で、プレゼン力のあるお方だなと。認知症の診断の問題から介護の問題として急性期から在宅復帰が出来ていないということと、介護保険はこれから独居モデルとして、他者の支援が見込めないことを前提で設計すべきと唱えておりました。

しかーし、上記記事にもあるとおり、池田委員が「ケアマネジメントがしっかり出来るのは訪問看護」と言ったことに応えるように、「訪問看護がしっかりしていれば、認知症ケアは在宅でも可能」と言われてました。確かに訪問看護の力も大きいと思いますが、あまり、一つのサービスでどうのって論点は避けて欲しいとも思うのですが、どうなんでしょうか。

他に池田委員が、あと、またまた、東日本大震災の被災地では見事なまでに自助・互助・共助・公助が出来上がっていて、これからの日本に理想とすべきモデルと言われてましたが。今日は、ややソフトなしゃべりと肯定的なオーディエンス、震災から5ヶ月経ち、震災に対する話の聞こえ方の違いからか、衝撃を受けている人もなく、きれいに流れていきましたがね。
まあ、その後に自分ももうすぐ第一号被保険者になるが、第一号被保険者も責任を考え、何でもクレクレ言うクレクレ族はダメだとか言ってましたかな。

とりあえず、うろ覚えな部分もありますが、最終的な感想としては、政策と政治のギャップというか、こういう場ではきれいにまとめてくる感じですが、最終的には財源論になってしまっており、不良債権が発行された印象というところでしょうか。

あと、ガラス張りの喫煙所で取り巻きと仲良く話す池田氏の斜め前で居心地悪そうにgitanを燻らせるgitaさんの姿が印象的でしたよw

さて、それではおやすみなさい。


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
介護保険 | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/08/23 00:17
コメント
No title
シンポジウムなどに参加したいなぁ~~・・・って思うと有給休暇とらないと的な雰囲気があるのですが(汗)

現在、主任CMの研修と、支援困難な認知症の方の対応に追われ・・・印象深い顔立ち・髪型なのか?他の職員の印象が入らず、役所からも御指名頂き、3職種ではないけど今週は毎日訪問予定だったりして(笑)

色々な場所に神出鬼没的に参加していきたいとは思うけど勤務で行けないと交通費が払えないから・・・(涙)
Shan様にご馳走してもらいに、あきしま行こうかな?
No title
ハリネズミ★さま(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
本日諸事情でスロースターターっす。

しかし、相変わらずお忙しそうで何よりです。
そして、忙しくてもシンポジウムとか行くのが醍醐味なのだよ!
なんて、偉そうに言ってはみたもののそんなに行っているわけではないんですが(^。^;)

ちなみに後で知ったんですが、このシンポジウム、NHKのニュースで流れてたようでよくよく考えるとそう言えば、カメラ回ってたなと。
お蔭様で国営放送にそぐわない顔が放送されてしまったようでしてw(・_・ヾペペーン マイッタネー

あと、いつもの如く屈折しながら悩んでいるんでしょうから、そのうちシーメでも行きますかね。
No title
いいッスねぇ~~!!

独りはヒマですし・・・愛犬のエサ当番は近所在住の元妻さんに頼んで・・・って更に自虐ネタ?

あいかわらず、日々、曖昧なコミュニケーションについて悩んでいますよ!
なんだか懐かしいですね?
屈折し過ぎて・・・元に戻ることが多くなってきましたので、成長の証ですかね!?
No title
ハリネズミ★さまおつです。

果たしてお互いに成長しているのか、衰退しているのか。

身体はすっかり劣化しているのに気持ちは変わらず、ある意味厄介w

まあ、いつものように企画はお任せw
お手柔らかにお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。