スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

委員会発足1年。これまでの活動を振り返る。

今日は、夕方より本業(ケアマネジャー)で緊急対応が立て込んだことから傍聴記の配信が困難になってしまいました。
ということで予定を変更して、先日、発足して一年経ったあきしま地域福祉ネットワーク「平成24年度制度改定を考える会」の提言活動をまとめてご紹介することにします。

傍聴記の続きを楽しみにしていた方々、大変申し訳ございませんが、ご了承ください。

さて、委員会発足のきっかけは、遡ること平成22年8月に当地で開催した、東京都介護支援専門員研究協議会地域連絡会の多摩地区のブロック会において地域包括ケアシステムの話題が出たこと、そして、その時の都協議会の反応が、「これで行くんだからしょうがない」という感じだったことでした。

我々としては「日本協会も同調、都協議会も同調では誰が、現場の意見を発信すりゃいいんだ。何かおかしいぞ」という思いになり、数日後には、賛同してくれる仲間に声をかけて、検討会を行いました。

当初のメンバーは4名。但し、もっと意見を発するにも、今一度、皆で勉強をし、討議をしなければならないということになり、夜な夜な勉強会をし、問題点を洗い出していきました。

気がつけば、メンバーも徐々に増え、あきしま地域福祉ネットワークの臨時委員として承認を得ることもできました。

そして、制度改定についての情報等をまとめ、会員に発信するとともにアンケート調査を行いました。そして、集まった貴重な意見を基にまたまた、夜な夜な集まって要望書を作成。これが、非常に大変な作業でしたが、我々にとっては必要な時間だったのでしょう。あの時交わした激論が今でも基盤になっていると感じております。

それから先は皆さんもご存知の通りで、たくさんの方々のご協力により、厚生労働省への提言(そう言えば、当時の藤村厚生労働副大臣は官房長官になっちゃいましたねw)や厚生労働委員への提言等々を行うことができ、また、広く活動を知っていただくことができました。本当にあっという間に駆け上がり、今まで、ほぼノンストップで走り続けてきている感じです。

でも、まだまだ一年。これまでの活動を通し、多く方々に知り合い、そして、先人たちは長年苦労しながら意見を発し続けていることを肌で感じることができました。

我々も息の長い活動が出来るよう、そして、初心を忘れずに現場の意見を発信しながら、より良い制度、住みやすい、住み続けたいと思えるまちづくりを目指してこれからも頑張っていこうと思います。

一年間ありがとうございました。これからも引き続き、応援の程宜しくお願いしますね。




《あきしま地域福祉ネットワーク 平成24年度制度改定を考える会が一年間行った主な活動》

平成22年9月1日 臨時委員会「平成24年度制度改定を考える会」発足。
         終業後に集まり、制度改定についての勉強会と活動の方法についての検討を夜な夜な行う。日を回ることも数回!
平成22年9月24日 提言アンケート開始。(翌10月8日アンケート終了)
平成22年10月16日 提言書完成。
平成22年10月17日 民主党衆議院議員長島昭久氏タウンミーティングにて提言書を渡し、陳述。
平成22年10月19日 当会全体会で会員に配布、報告。
平成22年10月21日 インターネットで公開。大反響を得る。
平成22年11月4日 24時間地域巡回型訪問サービスのあり方検討会中間とりまとめについて意見表明。同検討会の秋山正子委員にメールで意見を送る。  
平成22年11月8日 長島議員の紹介にて当時の藤村修厚生労働副大臣に面会。提言書を渡し、陳述。
平成22年12月9日 24時間地域巡回型訪問介護モデル事業所「在宅介護やさしい手大橋店」委員3名で視察。
平成22年12月11日 民主党大河原雅子参議院議員の制度改正勉強会に委員1名が参加。講師:淑徳大学 結城康博准教授
平成22年12月13日 市民団体ワーカーズコレクティブジャパン(以下、WNJ)と共に民主党大河原雅子参議院議員紹介により厚生労働省老健局振興課、計画課担当者と委員4名で会談。
平成23年1月12日 24時間地域巡回型訪問介護モデル事業所「社会福祉法人若竹大寿会 訪問介護東白楽事業所」を委員3名で視察。
平成23年1月21日 東京都介護支援専門員研究協議会 地域連絡会にて「地域包括ケア研究会」座長田中滋教授に質疑。意見表明。
平成23年2月9日 当会居宅介護支援部会にて制度改定関連研修開催。
         講師:認知症の人と家族の会副代表、社会保障審議会介護保険部会委員、介護給付費分科会委員 勝田登志子氏
平成23年2月18日 WNJと共に厚生労働省老健局振興課担当者と会談。
平成23年4月12日 介護サービス基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案についての意見書を提出。
平成23年5月7日 介護サービス基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案への提言策定。
平成23年5月20日 新座地域ケアの集いにおいて提言活動についての講演開催。

その後は、研修活動や社会保障審議会介護保険部会、介護給付費分科会の傍聴を行い、傍聴記(逐語録)の配信をすることで問題定義を継続中。




明日からは傍聴記を再開できる予定です。お楽しみに。


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/07 21:37
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。