スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第79回社会保障審議会介護給付費分科会05

1966年の今日はモンキーズの放送が始まった日。
ビートルズに対抗してオーディションにより作られたバンドであるモンキーズは、作曲はおろか演奏もしていなかったらしいですが。

でも、子どもの頃は何にも考えないで楽しく、おちゃめなバンドを眺めていたな。

こうして大人になってからバンドの背景を考えると、おちゃめなモンキーズも大人の事情がいっぱいであったのだろうと感じます。

しかしながら、音楽自体には大人の事情は関係なく、キャッチー且つ良質だったからこそ、広く受け入れられ、今でもカバーをされたりしながら生き残っているのでしょう。

介護保険制度も様々の事情が渦巻いていますが、現場、国民に受け入れられるものになってほしいと願うのですが・・・。

さて、傍聴記の方は思ったように更新に時間が割けなかったので、ちょっと遅れ気味。

でも、今日の夜には、提言委員会の会議もあるので、更新が出来ない可能性もあり、とりあえず、傍聴記をちょっとでも更新しておくことにしますね。

議題1の質疑の続きです。老健の薬の件で山田委員の発言です。ちょっと??な部分もありますが、普通、自分のテリトリーを批判されたらこういう反応になるんですよね。木村さん。さて、どうぞ。




○大森分科会長 山田さん。

○山田委員 あのー、老人保健施設です。悪い例で、ちょっと、出まして、、、若干(笑)。今日の医療のあり方も含めて、意見をさせていただきたいと思いますが、あのー老人保健施設は出来た当時、えー、マルメ、、あの医薬品等報酬はマルメでして、あのー、確かに薬減らしました。でも現実問題としては、それは、医療的な立場で薬を減らしたんであって、その結果として非常にいい効果が出たと。利用者にとってはむしろそっちがよかったという実態があります。
 そういう意味ではですね、我々は、あー、武久先生が言われたように、、、、言われている以上に、やっぱり医師としてのプライドがありますので、当然、必要な薬は、必要だとして出す。そういうスタンスで当然、老健医師はやると思います。
 それからあのー、確かに、まあ、高額な薬が出てますので、この薬に関しましては我々の経験や判断の中で、これからの改正の為の、この会議なんかで要望は続けていく。ということで是非、ご理解いただきたいと思います。
 まあ、それはそれとして、あのー、続けてもよろしいでしょうか。

○大森分科会長 どうぞ。

○山田委員 あのー、老人保健施設の医療ということで、あの要するに、このパワーポイント14にありますような、えーーー、診察回数、それから、あのー、パワーポイント12にありますような医療行為が出てきております。  
えー、そういう意味では非常に老健の医師は医療やってないんじゃないかという風に、あのー、誤解されまして、、、ですので、すいませんが、老人保健施設の医師がどういうことをやっているかということ、もちろん、多くの方にはご理解いただいていますが、ご理解いただくために若干、説明させていただきたいと思います。
老人保健施設の医師は、あのー、人員配置上は、入所者100人に対して1人でございますが、実は併設する通所リハビリテーションの利用者も対応しているというのが現状でございます。
で、多くの医師は、施設長として管理業務もやっております。でー、実態として、まあ、あのー、私どのものところも含めまして、えー、どういう仕事をしているかというと、あのー、聞いてみますと、えー、調べますと、診察、指示、処方、処置、あるいは職員間の申し送りや指示受けに対する対応。これでもう半日以上費やしております。これが、毎日のことでございます。
で、毎日ではありませんが、リハビリテーションとか、あるいはじょくそうとか一瞬の定期的な診察。これがやっぱり週に一回とか二回とかやっておりますので。これに対しまして数時間。
それ以外に、えー、老人保健施設は、ご存知のように、他職種協働ということでやっておりますので、当然、医師もその中に入ってくる。そういう意味では、ケアプラン、あるいは利用者の状態の評価、あるいはケアカンファレンス、・・・ケア、栄養ケアマネジメント、あるいは事故防止委員会、感染症対策委員会等の会議。これが、・・・などで行われています。あるいは・・・・入所判定委員会。これは当然、運営基準上に義務付けられていますし、そこにも参加をしてるし、当然、医師として、あるいは施設長として家族等への病状の説明、その他にも、主治医の意見書、あるいは他科受診の紹介状、情報提供書の書類作成、あるいは職員の共有、あるいは・・・・決済、会議、審議、病状管理がありますので、かなりの業務をやっている。その中での例えば診察回数とか、設問にちょっと問題がありかと私は思っているんですが、聴診器をあてた回数とすればですね、まあ、行って週、、、、月三回、よくやっている、いう風に思います。
但し、これ、利用者の方が、悪化すれば毎日でも、あるいは一時間おきでも、聴診器当ててるわけですので、そこは是非、ご理解いただいてこういうデータを見ていただきたいと思います。
それから、あのー、医療行為が少ないっていうことですが、まあ、これだけの、このパワーポイント12だけで、医療行為って言っていいかどうかは別といたしまして、あのー、やはり、老人保健施設は在宅復帰を目指していることもありまして、平均要介護度が低い。これはご存知のとおりであります。それで、ここに書いてある医療行為を必要とする人が少ないというのも実態だろうと思います。
また、あのー、前回で、、、前の分科会でも、あのー、発言させていただきましたが、ある意味、老人保健施設には、医師または、多くの施設では24時間看護職が配置されておりまして、利用者の状態像の変化に対する対応が早いと。で、療養上の・・・は未然に防いでいるということもあると思いますし、このような早期対応、早期治療を実践することによって、ADLの低下、あるいは、あのー、病状の悪化の進行を未然に防ぎ、急性期の病院へ行く・・・を極力回避しようと続けている。これも現場の実態であります。
ただ、あのー、しかしながら、近年、利用者の高齢化、あるいは重度化に伴いまして、えー。老健から急性期の分野の搬送、あるいは危険の件数が増加しています。で、その結果として、地域の緊急システムやあるいは急性期病院との連携、実は急性期の皆さんには大変迷惑をかけております。そこに非常に深刻な影響が出てきております。
で、ただ、その搬送原因となった疾患の一部ですね、例えば一週間程度で治るような肺炎などの呼吸器疾患、あるいは消化管の感染症、腎盂腎炎等の尿路感染症、あるいは帯状疱疹など、これは老健の医師でも、看護職ちゃんと配置されておりますので、えー、治療できるんでございます。それで、そういう、、、、そういう一定の疾患に関しましては、えー、老健で治療できるような報酬への対応が出来れば、これはあの、利用者が移ることもありませんので、利用者にご迷惑お掛けすることもありません。あるいは認知症の悪化を招くこともありませんし、今まで、、、急性期病院側にとっても、老健の医療という意味でも、是非望ましいと思いますので、今回の同時改定で、是非これは実現していただく方向で検討していただきたいと思います。
もう少し具体的に言いますと、えー、当然、あの施設長のあるいは医師、、、、老健の医師の専門分野で違いが、、、、あのー、治療の範囲が違うことだろうと思いますが、えー、有床診療所を例に挙げますと、そこでは医師一人で一定の入院医療が求められているのでありまして、それ相当の医療を老健でも可能とすることも検討していいのではないか。更には老健入所時に発生した急性期疾患の治療が一定期間に限っても可能となるというようなことが叶いますと、まあちょっと大胆な考えですが、老健のベッドの一部を有床診療所にみなすというような大胆な検討も、制度上の検討もしていただいたのが、利用者の一定化にも・・・戻ってくるのではないかと思います。
それから、高額な薬剤についてですが、前回、あのー、この分科会で池田委員からもご発言いただきましたが、やっぱり、あのー、認知症治療薬、最近新しいのが出てきておりますし、えーー、現実、うーーー、・・・・・剤はほとんどが、保険適用、医療保険適用で、あのー、処方できることになっておりますけれども、一部注射薬で、ホルモン剤等であって、尚且つ、・・・薬として使われている薬。これがつかわ、、、現在、使われ、あのー、これ、・・・になっておりません。あるいは、神経難病の治療薬等の多くは高額であります。他の・・・・の外で出来高払いにして、まあ経営的にも他にも利用をしな、、、するのでなくっても、あのー信頼してですね、経営責任手伝えって言われますと非常に不愉快ですので、今すぐにでも信頼して治療を受けていただく、そういう関係を作っていただければと思います。以上であります。






ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/09/12 03:38
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。