スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第80回社会保障審議会介護給付費分科会05

あっという間に明日は第81回。
そして、明日からはまたまた、傍聴記、第80回と同時進行です。
だから、今日はちょっと短め。

そう言えば、介護保険部会が13日から再開されますね。そちらも注目です。

それでは昨日の続きどうぞ。




○大森分科会長 えーっと・・・・。

○齊藤(秀)委員 あのー、まず、そのー、新しいサービスの・・・扱いについてです。あのー、利用者の賛同が非常に、まあ、大事だと思っておりますけれども、一方で、そのサービスの質の向上に繋がる方法での取りまとめと言う事も、やはり・・・・。あのー、特に基準を・・・・・より緩和すると言う事は比較的有用だと言う風に思いますが、あの包括については、なかなか・・・・・・難しい点がございますので・・・・・・・・・・。・・・・・・・・まず、あのー、オペレーターについてですが、えーーー、資料17ページで、日中、夜間、早朝という部分を基幹サービス、また、深夜、随時は、委託も可能だとこういう要件でありますが、どうも私はそこが違和感がございます。えー、全体に基幹サービスではないかという風に思うところであります。えー、・・・を・・・・ところまでが、委託が出来るということになると、本当に責任のある介護、また、判断ができるオペレーターというものが、あー、配置が出来るんだろうかと言う不安があるわけです。先ほど、あの斉藤委員からお話がありましたが、・・・・・・・・・・・て、夜間対応型の訪問介護のオペレーターの資格要件が基本でないかと言う風に考えます。また、あのー、えー、特養、老健の夜勤の職員の活用と言うことが提案されておりますが、私ども従来から、あーーー、その施設等における夜間人員配置が手薄だと、水際のことで理解しておりまして、施設以外の業を行うと言う余裕が、それぞれにあるのかということを述べたいと思います。仮にそういう事があるとしても、今、基本的なことを決めればいいわけでありますから、もう、そのサービスに、その手のオプションを今回提案するというのは、次期尚早ではないか。もう少し、検討した上で進めるべきではないかなと言う風に思っております。
 えー、2つめケアプランであります。あのー、これのマネジメントとはいったい何かと言う事を質問させて頂きましたが、まあ、ほぼその答えが出ているように思います。えーっと、18ページの図で見ますと、いかにも既存サービスは、ケアプランを作ると、一切変更があっても、その通りに作ると言うような・・・の一方通行になっておりますが、基本的に私は、あのー、実際・・・、変化に応じて、下にあるような、あー、相互の連携と言うものは、されていると言う風に理解しておりますので、まあそういう意味では、この矢印の方向が、あの既存サービスは、一方通行で新サービスは相互だという整理ではないんだろうと言う風に思いますんで、まあ、そのように言ったら説明がありましたように、前より、あのー、新サービスが、濃密な、あのー、ことを関わりが出来、それが状態像の変化というものに密接に対応した、、、あの、、、するということでは理解できますが、概ね全体としては、何ら変わりがないと言う風に理解をしていいのだろうか、どうかということをお伝えしたいと思います。
 更に新しくなんか、あのー、名称を付けて調整役のようなことがあるみたいですが、基本的にはサービス提供責任者っていう・・・があるわけでして、それが、・・・・・それが使えないとすれば、あのー、何か新しい事が始まっていくことではなくて、サービス提供責任者とともに進めていけるような、そんなイメージで、あのー、ケアマネージャーの方々が混乱しない様に、やはり整備してはどうかなと言う風に感じた次第でございます。
 3点目は、集合住宅のサービス提供であります。あのー、資料にあるますように、えーーー、この囲い込みという、、、、あのー、今言われておりますけどね、地域への展開を義務付けると言うのは非常に私は意味があると思います。えー、しかし、ここには、その地域の展開ということを義務付けると言うだけで具体的な事はないんでありまして、えー、更に言わさせて頂きますと、あのー、この・・・サービスが・・・しないような一定割合での、その範囲拡げる・・・取り組みをされる的なことがあってもいいではないか。これは、もう少し踏み込んだ、この整備の仕方を、、、えー、仕組みとして・・・・。以上でございます。

○大森分科会長 えーっと・・・・若干ご質問で、、、。

○川又振興課長 えー、18ページの、、、、ケアプランのサービス提供イメージがございますが、基本的には、まあ、斉藤委員、あのー、ご指摘のとおりですね、何か本質的にケアプランの、、、サービス提供、、、計画のですね、、、、、根本的に変わると言う事ではなくて、今、従来においては事業者の方が、毎日毎日、えーー、その利用者の・・・・をして、えーーー、まあ、臨機応変に、えー、まあ、サービスマネジメントと言うものを、、、まあ、情報量なども多いし、えー、臨機応変に対応すると言う意味で、えー、事業者の活用法、、、、うまく活用する。まあ、そちらも、うまく活用した、えー、定期的アセスメントを考えていると言う風でございまして、まあ、えーー、もちろん、そのケアプラン、、、現在のケアプランサービスをする。その中で、このサービスについては、特にその、いつ、どういうサービスをするかと言う点において事業者の方の、、先ほど言った、、、・・・・・、まあそういうことになる。ということになります。




明日こそ、CBNewsがfacebook上で立ち上げた医療介護大会議にコメント入れなきゃ。とりあえず、目先の目標です。

Sさま入れるの遅くなってごめんなさいね。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/07 02:11
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。