スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第38回社会保障審議会介護保険部会01 ~速報~

こんばんは。

今日は、って言いたいところですが、やっぱり日が回ってしまいましたね。

早朝に出てヘルパー2級養成講座に行っていたので、超おネムになってますがw

今日の講座も受講生の方々がテンションを維持していてくれたので、1日楽しく行うことができました。
皆ありがとねー。

っていうわけで、電池切れ寸前なので、簡単に記事にまとめて、おやすみしたいと思います。

では、今日の傍聴記は、本日より再開された、第38回社会保障審議会介護保険部会についての速報です。当会の他委員が傍聴に行ったので、送られてきた情報をお届け!




第38回社会保障審議会介護保険部会
日時:平成23年10月13日(木) 17:30〜19:00
場所:グランドアーク半蔵門 「富士東の間」
委員:山崎、伊藤、岩村、大西、勝田(田部井参考人)、河原、北村、木村、葛原、久保田、黒岩(小島参考人)、小西、木間、小林、斎藤(正)、斎藤(秀)、斎藤(訓)、田中、土井、橋本、藤原、布施(斎藤参考人)、桝田、三上、山崎、山田、結城 (敬称略)

議題1 社会保障と税の一体改革について

まずは全体の印象としては、今回は本格的な議論の前のウォームアップといった流れで、時間も1時間30分と短いせいもあり、事務局の資料説明の後に、各委員の意見を順繰りに披露する場という感じでした。議論というよりも、スピーチの場といった印象の方が強かったです。
発言を一部の委員が占めるというようなことはありませんし、一部職種に対する辛辣な意見も無かったので、良く言えば穏やかな、悪く言えば焦点がぼやけた感じで、特に結論も出ず、少ない時間に議論を当て嵌めたような感じでした。見る人によってはかなり消化不良かもしれません。
最後の山崎部会長の言葉、『本番は次回からということで』という〆がピッタリで、場内からは笑いが。
内容についてですが、広く浅くといった感じで、あまり具体案は出ず、各々の立場に応じた所信表明といったところでしょうか。その中でも、今後の保険給付に関してなので、税収と給付のバランス論(ペイ・アズ・ユー・ゴー)と、24年度からの処遇改善交付金がメインに進行し、それに加えて労使間の裁量についてや、税負担側の負担増への懸念、地方自治体の財政悪化、地域区分の見直し、都市部と地方での人材確保の等が話題に出ました。また、今後の議論について未確定の部分も多いのでスケジュールがタイトでは?との質問があり、それに対して第6期への継続も含めて議論していきたいというニュアンスの回答もありました。また、消費税を含めた増税での、財源確保に対しても概ね賛成多数いった感じでしたが、それが具体的に給付の財源に回せるのかという懸念が挙げられました。
事務方の意見としては、『とにかく無い袖は振れないんだよ!!』といった印象です。社会保障制度の継続のためには、給付の抑制はやむを得ないといった論調をクローズアップしていたような気がします。ただし、まだ叩き台の段階なので、細部についてはこれからであることは給付費分科会同様です。

個人的には処遇改善は十分ではない、何らかの形で残すべきとの意見が多かったのは評価出来るのですが、財源確保となると決定打がないといったところでしょうか。以前同様に医療介護の多職種や、他業種からの不公平感を指摘する声も上がりました。それに関連して、田中(雅)委員が発言していました。調査で、処遇改善交付金は自身に直結する問題のせいか、口調も強くなかなか雄弁でした。また交付金としての支給は、国が労使間の協議による給与額の決定に、口出しすることだという発言がありましたが、果たして組合の努力がどこまで給与体制の改善に付与するは、一労働者の立場からは疑問が残りました。

経済産業界からは、案の定、デフレ傾向の中で、介護業界だけ報酬を上げるのは世間の不公平感を与えるのではという意見があり、同じように他職種との連携の中で介護職員のみの交付金ではなく、報酬に上乗せが妥当との意見寄りな議論できました。

以上




やはり、初回なのでお得意の意見集約のみで、あまり進展があまり感じられませんね。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/10/14 00:42
コメント
No title
おはようさ~ん

介護保険部会の進行も楽しみにしてまーーーす。

今日の朝刊に記事がありました。
「13日の介護保険部会で、処遇改善交付金の財源については総報酬割で確保…」みたいなことが。

まぁ、北海道新聞ですが…e-351
No title
丸刈りっちb(⌒o⌒)d おっ \(*^▽^*)/ はぁー!!

介護保険部会では、

○処遇改善のための、財源確保方策を含む制度見直しに関する論点の検討 として
:介護納付金の総報酬割導入
:給付の重点化
:第1号保険料の低所得者保険料軽減強化

の意見を取りまとめ、

介護給付費分科会では

○介護報酬及び各サービスの基準等について議論
○処遇改善を介護報酬で対応する場合の論点について議論
:報酬に確実に反映させる方策
:キャリアアップを促進させる方策
:人材確保に伴う経営改善効果

の意見を取りまとめて

予算編成過程のおいて①介護報酬改定率②介護職員の処遇改善方策③財源確保方策を含む制度見直しを、次期通常国会に法案として提出する。

という案の提示があったようです。その上で、上記記事のご意見ということで、基本的には、毎度のフリーディスカッションという意見聞きっぱなし方式で、各委員の特色通りの既得権争いという展開だねっていうことのようでした。

結果、以前と進展がないけど、既定路線って感じかと。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。