スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第80回社会保障審議会介護給付費分科会11

今日は、久しぶりに、東京都介護支援専門員研究協議会地域連絡会の多摩地区のブロック会でした(ながっ!)

久しぶりのお顔やらお初の方もいらっしゃいましたが、皆さんお疲れ様でした。

それぞれの地域の活動を伺い、当会の独自性を改めて確認しつつ、参考になった情報を基に今後の活動にも生かしていければと思いました。

さて、今日は、正午より中医協と介護給付費分科会の合同打ち合わせ会が開催されました。業務都合により泣く泣く傍聴を断念しましたので、Newsをチェックすると、中医協からの意見の方が多くピックアップされているようですが、基本的には、医療と介護の連携拠点をということで、地域包括ケアシステムの考え方にリンクしたんでしょうか、田中(滋)委員の意見が多くピックアップされておりました。

第83回では、この話題も出てくるでしょうね。

さて、今日の傍聴記はやっぱり、昨日の続きです。でも、会議があったからちょっと短めでね。どうぞ。




○大森分科会長 はい。えーっとそれでは時間まで御自由にどうぞ

○勝田委員 あのーちょっと私自身混乱してるんですけども、例えば今提案された複合型サービスの小規模多機能これも地域密着型でありますし、先ほどの定期巡回随時対応サービスも同じあの地域密着型ですよね。そうすると一つの地域の中でこの定期巡回随時対応サービスの、あのー、まっ公募で決める事業者と従来ある小規模多機能にこの、あのー、訪問看護をプラスした時に、まっ競合するといったらおかしんですが、この今、複合型サービスで、今、あのー、ご提案されたのは、従来の、その25名の中の、、、にプラス看護だけが提供されるのか、あのー、逆にそれ以外の人の同じですね、地域密着の中で25名以外の地域の中で、あのー、されるのか、ちょっとそこが、ごめんなさい、私自身がちょっと混乱しているんですね。それと、介護報酬のあり方については、やはりその、まっ、特に小規模多機能の場合は要介護1、2がとても低くて、そして、まっ、2、3、4と高くなっているわけですけども、平均の介護度が2.63の場合に、これに、例えば訪問看護を改めて、あのー、つけるというのは、従来もあったわけですね。医療的なことはできないという風に仰ったんですが、じゃ、従来の、あのー、看護をなさっている方はどのような、こう提供なされてるのか、夜間の方も随分少ないなと、今の、ここに説明された中ではあるんですが、あのそこの関係について少し整理していただきたいなという風に思うんですが、まっ、ちょっと私自身混乱しましたので教えていただければと思います。

○大森分科会長 質問です。

○宇都宮老人保健課長 えー、まず1点目でございますが、あー、まあ、我々の方で想定してございますのは、あのー、いろいろ小規模多機能と同様、おー、その25名に限定した形で、今回の複合型を考えてございます。

○勝田委員 限定ですか。

○宇都宮老人保健課長 はい。左様でございます。でー、えー、2点目でありますけれども、おーーー、まあ、従来そのーー、まあ、小規模多機能と別にその訪問看護を利用されてた方とそういことでございますか。それとの整理という意味でございますか。

○勝田委員 同じ地域密着型ですから同じ地域の中に、あのー、逆に言うと地域密着型は、今、2700か所ありますよね。それで、今回、その定期巡回は先ほど、随時対応サービスは、まあ、平成25、、、平成25年までに3000か所作るんだと言われたんですが、これは、あのー、逆に言うと今の小規模多機能の、ここの看護、、、訪問看護つければ定期巡回的なことになるのかどうなのか、全く別のものなのか、同じ地域の中で競争するのか、ということなんです。ごめんなさい。

○大森分科会長 そういうことなんです・・・。

○宇都宮老人保健課長 あのー、先ほどの、おー、まあ、ていき、、、えーー、定期巡回と随時対応の方はあくまで、そのー、在宅にいらっしゃる方に対する、まあ、在宅に向けてのサービスということで、まあ今回の、これ、小規模多機能、既存の小規模多機能ですね、そのーー、まあ、通い、訪問、あるいは泊まりの、まあ、総合的に、えー、まあ、サービスを受けるケース、まあ、それに加えて、そのー、まあ、看護師さんを配置して、あのーー、まあ、その利用者が自宅にいる時に訪問看護も出来るし、また、あー、その小規模多機能に、えー、お泊まりの時などにも、まあ、看護師さんにある程度対応してもらえると。そういうようなですね、あのー、ものを考えております。

○勝田委員 じゃ、25名に限定される訳ですか??そこの、、、(○宇都宮老人保健課長 えー。)地域密着型を利用されている方だけに訪問看護を改めて作るということですか??つけるということですか??

○宇都宮老人保健課長 あのー、ですから、これ、あくまで、ここでは地域密着型として、あのー、まさに、その25名に限定したサービスということを考えております。ただ、あー、もし、その訪問看護ステーションとして併設するということであればですね、その併設の事業所からは、当然、その25名以外の方にも、あのー、訪問できる。そのようなことです。

○勝田委員 そうすると、今の、その地域密着型に、、、あっ、じゃなくて、小規模多機能に、訪問看護ステーションを、あのー、プラスして作りたいというご意向なんですか。

○宇都宮老人保健課長 はい。あのー、まあ、た、た、単刀直入に言えば、そういうことです。それが、まあ、複合型という・・・。

○勝田委員 いや、25名だけだと随分贅沢というか、それこそコスト面で大丈夫なのかと、正直思ったんですけど。

○宇都宮老人保健課長 あのー、まあ、ですから、そういうところで、まあ、今回は、その重度の方を、おーー、対象とするというような想定になっております。

○勝田委員 えー、でも実際は2.63ですよね?あのー、地域密着型を使っておられる・・・。

○宇都宮老人保健課長 ですから、既存の小規模多機能は、まあ、仰るとおり2.63で、比較的軽い方を、、、方の利用ということになってるんですけれども、まあ、その中でも、だんだん、そのー、医療ニーズが増えてきたとかですね、それで、医療ニースが出てきた為に、その小規模多機能が利用できなくなったと、そのような方もいらっしゃるので、えー、そういうふうにサービスを変えなくても済むように、あのー、医療のニーズにもある程度応えられるようなサービスを作ろうと、いうことで、まあ、この、、ということでございます。







ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/10/22 02:11
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。