スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第81回社会保障審議会介護給付費分科会10

皆さん、お疲れ様です。

今日の傍聴記で、本当は議題2を終わらせてしまおうと思ってたんですが、重要なミッションが重なって発生したので、ちょっと短めでお届けします。

どうか、ご勘弁を。




○藤原委員 えー、市町村の方から、ちょっと・・・。えー、今、あの、事務局から、お示しされた通り、介護報酬の地域区分の見直しについては、まあ、国家公務員の地域手当に、まあ、準拠したということでございまして、まあ、えー、・・・。報酬を0.6%下げるというのは、まあ、たぶん、都市部と山村地域との格差が非常に、まあ、出てくるのではないかと懸念しております。えー、まあ、具体的には、財政中立の立場から、まあ、介護報酬を一旦、0.6%下げて、また、上乗せ割合を決めると言うことですが、ほとんどの自治体が、まあ、その、、、その他に、まあ、含まれてくるわけです。全体の・・・921市町村のうち、、、あっ、937市町村のうち、921市町村、98.7%が、その他の地域になっております。えー、資料は多分、さんびゃくごろくじゅう、市が、まあ、対象になるわけでして、えーー、まあ、これらが、予想も出来ない、何か、マイナスで、、、っていう部分が出てくるような可能性があろうかと思います。まあ、現実的に・・・によって、18%から0までという格差が、まあ、しょう、、、発生してるわけでありますので、その辺が、ちょっと、なんか、大変心配される要素になると思います。えー、まあ、例えば、あのー、僻地という加算があったとしても、おーーー、まあ、マイナス益も、まあ、非常に出るという部分も、出てくるのではないかと思います。えー、まあ、先ほど、あのー、池田先生の方からケアマネとは、まあ、、あー、、、あー、と言う風に、将来的には、あー、まあ、オーバーしていると言うようなことが、お話されていますが、過疎地域では、まあ、人材確保が、非常に、あの、大変でありまして、相当苦労しております。その為に、都市部の、要するに、まあ、等級地域から人材確保するということですから、どうしても、その他の地域の給与算定では、出来ないと。確保出来ないと言うような、あーーー、まあ、部分もあるわけでありまして、えー、その辺のところの影響力が、今後どう出るかということに・・・。また、あのー、地方では都市部と違いまして、集合住宅というのがそんなにないわけでありまして、えー、介護サービスの、この提供出来る、、、その、効率が非常に悪いと。まあ、都市部では、・・・何人も提供、、まあ、出来るかと思いますが、山村地域では、半日に1人というようなこともありますので、非常に、あの、サービス提供の効率が悪いわけでありまして、このような実態を、まあ、どっかで、考慮をして頂きたいという、ことを、お願いします。また、まあ、ちょっとでも年末に向けまして報酬改定の議論を行い、まあ、改定率との・・・をしていくということでありますが、あー、全国の都市部と山村地域との、地域格差が生じないよう、マイナス地域に何らかの、まあ、緩和できるような区分改正等、まあ、その上に考えていただければと思いますので、その辺も考慮して、まあ、是非、・・・。以上です。

○池田委員 あのーーー、地域区分は、あの、御提案されたことに関して、あのー、賛成しますので、えー、いいんですけれども、あの、一つお聞きしたいのは、介護報酬全体で、今回6%下げれば、その他は1単位10円で、いわゆる整理(ペイ??)できるから、見栄えがいいよ、というだけの話ですよね。変な言い方ですけれども。それで、あとは、えー、処遇改善交付金の2%をどこから持ってくるか、持ってこれないのかということで、全体としての介護報酬が、ある意味で、その03かマイナス3の中で動くわけですから、その調整の中で充分賄えるので、この、0.6というのは、単なる参考値である。で、えー、介護報酬全体の中で考えればいいという風に私は理解をしておりますが、それでよろしいでしょうかというのが1点です。それから、もう1つ、あのー、みんな、そのー、特別区のように18%上げて欲しいと言う風に仰るんですが、それって保険料に跳ね返るということを前提に話していらっしゃるんですよね。つまり、介護報酬を上げれば、給付上がるわけですから、保険料は当然上がるわけです。・・・保険者が地元の介護福祉の振興の為に、保険料上げてもいいから、あのー、報酬増やしてくれ、そういう気持ちがあれば、私は大好きなんですけれども、本当に(笑)、あの、・・・・(何か言ってややウケ)、本当に(笑)、そこのところって、切実にお分かりになってやってらっしゃるんだろうかっていうのがですね、えー、実は疑問でありまして、えー、これは、あのー、老健局の方にはお答えにくいと思うんですけれども、えーーー、市町村は、一体何を考えているんだろうかっていうことの、何て言うかなー、そのー、輪郭でも知りたいと思っています。以上です。

○大森分科会長 ・・・・(マイクなし)

○宇都宮老人保健課長 あのー、まあ、先ほど、私、あのー、いろいろな方法があると、・・・しましたけれども、まあ、当然ですね、あのー、・・・と言うのはあると思いますし、やはり、あのー、今回、ここで、どういうやり方でやると、・・・決める事ではなくて、あのー、まさに改定率、・・・・まあ、そういったところも含め、・・・・、今のあのー、・・・まあ、そういところも・・・あるのかと思います。あのー、あまり、決定的なことも・・・・・言えないのですございますが、あの、はい。

○大森分科会長 じゃあ、そういことは、えー、やはり、10円の、その他の10円と言う考えは変えないで、・・・・と理解して・・・。で、今日は従来のやり方で・・・。




結局、第81回も終わらせられずに、第84回に突入すること必至ですな・・・。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/11/09 01:52
コメント
No title
今晩、高速バスでこちらを立って、明日の分科会の傍聴に行きます。

http://www.youtube.com/watch?v=WfkOabMamR8

待っててね、池田委員。
(最大の興味は、池田委員がどんな発言を今回はするのだろうか、に限られてきましたね。司会の大森会長、ドラマティックな演出を期待しています。)


ちなみに、この曲が入っているMINMIの「The heart song collection」、個人的に現在のお気に入り5つ星です。
「ピンク帽子のドレミファソ」、shanさんとannaちゃんにお薦めです。
No title
駒さんおつです。

明日グランドアークでよろです。
今回の池田委員の発言。予測するにあれとあれじゃないですかね(謎)w

しかし、駒さんは、本当にカバーしているエリアが広い!

まあ、この曲は自分の場合、BOOMの方が馴染みがありますかね。

そして、ご紹介の曲!
知りませんでした。

いい曲との出会いに感謝。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。