スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第82回社会保障審議会介護給付費分科会03 bootleg

昨日は、久しぶりにヘアカット。でもあまり切ってませんw

お店は表参道ヒルズにあるのですが、学生の頃から通っているところ。当然、その当時、表参道ヒルズはなく、同潤会アパートの一室で、席は2つぐらいしかない、かなり隠れ家的な場所でした。その後、ご存じのとおり、同潤会アパートは老朽化に伴い取り壊され、担当のスタイリストであるエンペラーwと共に新しい店を出店すると移動ということで神宮前界隈を十数年の間転々としてました。そして、同潤会繋がりで表参道ヒルズが出来た約6年前から今の店舗に通っているのですが、何かおしゃれ過ぎて合わんと思っていても6年も経つと慣れるものですな。まあ、切ってもらうお方がずっと一緒なので場所が変わっても、お話する内容は対して変わらんとw

今じゃ、うちの姫がたくさんいる兄さん、姉さんに遊んでもらいながらアイドルのように扱われてご満悦になっとりますw

そして、ここはいつも何かしらのイベントをしているところでして、毎回妻より先にカットが終わるので、待っている間、姫とお散歩がてら館内をぶらぶら。昨日も初めて見るシンガーのお姉さんが歌っておりました。あとで看板を見たらMs.oojaさんというそうです。そのお方を真横らへんでうちの姫はガン見しながら、終わった時に「何でお姉さんは帰っていくの??」と大きな声で言うもんですから、周りのファンの方々に笑われてしましましたw
実は、このお方のブログの写真に小っちゃーくshanが写り込んでおりますが教えませんw

しかし、もちろんのこと、ヘアがキレイになった後は、お財布の中身もキレイになってしまうというわけでw
この時期は寂しがりなマネーさんが、たくさんいるお仲間のところに飛んで行ってしまいます。

さて、今日から傍聴記は82回のbootlegの続きをお届けします。でも、この企画ちょっと大変なもんですから、師走と言うことでぼちぼちになりそうですが。そして、今日、第83回の議事録もアップされておりますね。ご確認を。




《前回は、開会の挨拶、資料の確認、資料説明、齊藤(訓)委員発言までお届けいたしました。》

○大森分科会長 はい。えっとー、馬袋さん、どうぞ。

○馬袋委員 私の方は、あの、訪問介護のことについて、まず、お手元の方に資料を提示しておりますので、そのことの、えー、御報告も含めて、えーー、していきたいと思います。
 えー、「非常勤サービス提供責任者の配置事業所の実態に関するアンケートについて」の御報告をしたいと思います。えーー、本日、配付されました、あのー、基準・報酬の介護の、えーー、15ページ目にサービス提供責任者の条件緩和を、、、えー、が実施されまして以降、そういった、非常勤についてどういった状態であるかということについて調査をしました内容でございます。
 で、えー、簡単に要約をさせていただきますと、まあ、アンケートとして、えー、21年度から実施された、まあ、提供サービス提供居宅従事責任者の非常勤と常勤と、おー、まあ、緩和、、、緩和ですね。についてアンケートを取らせていただきました。
 2番目にアンケートとして、大きく4つの項目として、非常勤のサービス提供責任者として従事している方、それから非常勤サービス提供責任者を配置をしている訪問介護事業所の管理者の方、非常勤サービス提供責任者を配置している介護事業所と関わりのある居宅支援事業所のケアマネージャーの方、そして、で、えー、常勤を見直しせず、サービス提供責任者のみで、えー、配置をしている介護事業所の管理の方々について、えーーー、日本在宅介護協会を通じて、えー、実施をいたしました。えー、実施の内容及び内容は記載のとおりでございます。
 えー、結論結果から申し言いますと、えーー、基本的に、、えー、結果からも言いますと、非常勤のサービス提供責任者として、まあ、働きがいがあるということについて、えーーー、・・・結果が出ております。で、これは、非常勤ヘルパーから非常勤サービス提供責任者のキャリアアップであるとか、まあ、常勤で働くことができない優秀な方々の、まあ、人材の継続雇用になっているということであるとか、管理者及び相当のケアマネージャーの皆さんについては、課題は、あー、遜色ないというような結果になりました。
 その内容について、2ページ目のところにアンケートの抜粋がございます。えーー、2ページ目のところの1でございますけれども、えーーー、アンダーラインが引いてありますところですが、非常勤のサービス提供責任者が非常勤からキャリアアップにつながっているということで、えー、キャリアアップの1つの内容として非常勤サービス提供責任者は効果があると。
 そして、えー、(2)のところで、就業の理由は、どうしてそういう形で就業しているのかということでありますけれども、下線のとおり、えーーー、子育て世代の方々で、えー、力を持っているんだけれども、時間の融通がなかなかという方が、あの融通が利いて提供できるとか、年代を重ねて体力的に少し自信がないという方については、時間的に、えー、そういったことで、えー、スキルを対応できるというような結果が出ております。
 で、3ページ目に、えーーー、(2)のところでございますけれども、えーー、では、実際に働いている理由としては、まあ、一番多かったのは、当然事業所から命じることなんですが、それが、キャリアアップにつながっていると、自分の成長になるということで思っている方が多いです。
 それで、えーーーー、提供責任者の配置の利点及び課題というところでありますけれども、えー、まあ、えー、非常勤の提供責任者の理由利点を見ると、やはり事情によって常勤として勤務することができない優秀な人材のキャリアアップにつながっているということを、えーーーー、責任者は・・・と管理者はそう思っているということでございます。
 で、えー、まあ、問題点については、特になしということでありますが、若干、あの、まあ、情報共有というところに、えー、少し課題あるなと課題が出ています。
 で、最後4ページ目でございますが、えー、特にサービスで連携いたしますケアマネージャーの皆さんに対してアンケートを取ったということで、えー、とりました内容についてですが、非常勤サービス提供責任者の方であっても、介護支援専門員としては、サービス提供上において支障を感じていないという傾向が、、、であるということでございました。
 で、あとは、えーーー、この記載のとおりでございます。
 えー、あと、4番目に、じゃあ、では、常勤だけの提供責任者のみで実施している事業所についてお聞きしましたところ、まあまあ今、常勤でいるので検討していないけれども、やはり、えー、何らかの事情で、優秀な人が、えー、非常勤に希望などそういった事情になった場合は採用する可能性があるというような回答としております。
 えー、つきましては、このアンケートにありますように、まだまだ、あのー、データとしては、あのー、本日示されました内容について、まだ、配置は少ないですけれども、まあ、非常勤のサービス提供責任者も、えー、スキル及び、えー、働く方々の特徴としては、まあ、一定の効果があるのではないかと、まあ、えー、引き続き、経過については見ていく必要があろうかと思います。これは、1つ御報告事項でございます。

 えー、引き続き、あのー、えー、訪問介護の件について、えー、報告を、えー、したいと思います。えー、論点整理のところでございますけれども、1番の生活援助の時間区分の見直しの、えー、45分未満というのが、新しくご提示されました。
 で、えー、このことについて、えーーー、実は、えー、・・・スライドページでいいますと、4ページ目にありますが、えー、すなわち生活援助はいろいろな面を組み合わせして時間を調整していますが、えーーー、まあ、仮に45分という形になっても、まず、利用者さん、ケアマネージャーの方々が60分いるものだと(笑)いうようなプランを現在は今、基本的に60分いてくれるというような介護感覚が訪問介護にありますが、そもそも訪問介護は時間いることではなくて、行為を実施するということ、その行為を、えー、そもそも30分から60分枠で未満その行為を実施するしてください本人行為に、、、業務の行為に対する対価評価であったというふうに、あのー、・・・保険、そのスタートした時に・・・設定したと思います
 よって、このように時間を、まあ、減少して効率的にするという実態はよろしいですけれどもについてえーー、時間が少なくなったというような話ことを利用者さんに対してどのように説明するのが良いのか、時間でなく行為でありますということを丁寧に説明していく理解していただく、そういった配慮がないと、時間が削られたという内容になってまいりますので、あわせて、そういったものをどのように考えるかという検討が必要であろうかと思います。
 また、そもそも30分以上60分未満という内容も非常にアバウトであったものが、今回、その内容を45分ということで設定されたとして理解していいのかというところもあります。今まで、じゃあ、35分でも、えー、55分でも行為が終わればいいわけですけれども、それを、まあ、ほぼ45分くらい平均でいいのかということで理解していいのかということで、、、と、あのー、理解をしていいのかということが質問でございます。えー、それから、あとー、えー、まず、時間の件、生活援助の件についてはそういうことでございます。
 あと、サービス提供責任者の、えーー、2級のところの、おーーー、えーーー、質を図るための3年以下の部分の7ページ目でございますけれども、えーー、論点3であります。
 えーー、確かに、えー、サービス提供責任者は、2級課程経験3年で配置でできますけれども、将来的には、えー、この8ページの下にありますように、えーー、介護の専門性の関与から、えー、とかされるということが付記されたというは、えー、ここに記録があるとおりなんですが、実は、えー、介護福祉士の、おーー、えー、実務研修経験者による受験の内容の議論をしたときに、本来、平成24年度からということでありましたけれども、新たに600時間の研修義務ということでありましたけれども、平成27年度に延長するということになりました。
 で、その内容ことにつきましては、やはり、えーー、労働の中で、えー、ホームヘルパーの介護人材の不足というところから、えー、急遽600時間研修をかせて実施するのは難しいのではないかということでありました。
 よって、えー、この内容は理解できるわかるのですが、来年すぐ、うー、事業所の収入が10%の減算でスタートというのはですね、事業所としては、えー、かなり、えー、厳しいのではないかということで、す。すなわち更にそれで、介護福祉士の、えーーーーー、受験体制期間、、、期間が延長になったということもありますので、ここについての実施する期間については、えーーー、もう少し、今の現在の人材不足の内容からすればを考ええー、少し期間の延長が必要ではないかと思います。で、すなわち、下の方の8ページの18%近い・・・事業所のところになりますですけれども、そういったところへの期間の猶予を少し検討いただけないかというところでございます。
 で、えー、9ページ目の論点4のところについてでありますが、提供責任者の業務のところの配置要件のところでありますけれども、えー、提供責任者は、えーーー、ケアマネージャーと連携して、また、より高い、えー、実務に実施した訪問介護計画をつくったり、利用者さんのこと、ヘルパーの教育指導というのが、えー、業務として入っています。
 そもそも450時間は、利用者のことで考えたものでありますし、訪問介護の10人に1人というのは、ヘルパーへの教育指導としてやれということで設置されたものでありますので、まあ、450時間が利用者ごとに見直しならば、えー、サービス、、、訪問介護員の数10人ごとに1人についても残すのかという形で、えー、やはり教育の部分については、えー、10人に1人の部分も残していくのかということについての検討も必要ではないかと思います。
 えー、併せてでありますけれども、えー、サービス提供責任者の評価というものについても、しっかりと、えー、評価をしていくということであろうと思います。そもそも今時間が、10ページにあります提供責任者の人数が少ない、多いというばらつきがここにありますのは、サービスの実施をして状況を見て、えー、自分も自らケアに入って状況を見ながら、介護計画、内容なりモニタリングをしながら実施しているということです
 すなわちサービス提供責任者の評価がない、報酬のみの、えー、サービスの報酬のみで実施しているという内容の中で組み込まれているから、こういう形の人数の中のばらつきがあって運営をしているということでありますので、えー、40人とこういう形になる場合は、サービス提供責任者の一定の評価をですね、しっかりした上で、こういう形の変更を、、、の検討をしてはどうかということでございます。
 以上、御報告をさせていただきました。

○大森分科会長 えー、第1点目、ちょっと質問ありましたので、お願いします。・・・・。

○川又振興課長 はい。ただいまの1点目でございますけれども、今回、その、区切りをどこに、、生活援助の区切りをどこにするかということで、まあ、実態を見ると、おーー、まあ、1つの行為あるいは2つの行為、えー、ということであれば、45分というところが、まあ、1つの区切りではないかということで、あのー、長い時間やってはいけないということではなくてですね、あの、、当然、その幾つかの行為を組み合わせて、まあ、1時間くらいというのが想定されるわけですけれども、1つの区切りとして45分という区切りが、まあ、あのー、行為の組み合わせあるいは実態から見てよろしいのではないかという提案でございます。




前回の齊藤(訓)委員の発言部分とはうって変わって馬袋委員の発言は、けっこう忠実に再現されているようですね。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/12/12 23:44
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。