スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

介護報酬改定率やはり実質マイナス

皆さんお疲れ様です。

昨日も傍聴記できなかったのに今日も・・・。忘年会帰りです。

今日は更新出来ないなぁ~と本気で思っていたら、浮かれている間に改定率が出てましたね・・・。

各報道が軒並み、前回に続き、プラス改定!!1.2%って出ておりますが、処遇改善交付金を介護保険財政で賄いかつ地域区分の見直しを考えると幅は違えど実質マイナス改定ですね。

結局、これも既定路線。さて、年明けの報酬単価はどうなっているのか。って言ってもここまで既定路線だとねぇ~。

明日からは傍聴記再開できるか?!しかし、ここまで来るとは社保審のこと自体がクラスBの情報なのですが・・・、逐語録は最後まで続けようと思ってますのでお楽しみに。

では、おやすみなさい。

2011年12月21日 21:00 CBnews参照


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2011/12/21 23:41
コメント
No title
介護保険関連経費の自然増分(2200億円強)を改善交付金の廃止(1700億円)と2号保険料の報酬割り(500億円強)でCharaにした上で、地域単価の改正による一律0.6%ダウン分を在宅0.6%+施設0.6%の合わせて1.2%アップ(1,100億円)でCharaにしたということなのでしょうね。
財務省的には差し引き1,100億円程度の関連経費の削減ができたということだと思います。この財政下では厚労省もよく頑張ったというところでしょうか。
(診療報酬の1.3%アップについては既定路線。今後も2年ごとに1.3%程度のアップが続くことになっているはず。)

気分はCharaかな。
http://www.charaweb.net/dengon.html


追記
在宅1.0%+施設0.2%の合わせて1.2%アップでしたね。やはり施設にはより厳しかったか。
No title
駒さんどうもありがとうございます。

詳しく入れてくれると思ってましたw

自分、数字が苦手なので、やはり、数字関係は駒さん頼みですな。
No title
shan様、いつも傍聴記ありがとうございます。
その頑張りに敬意!

ところで、新聞には改善交付金の廃止が1900億円、1.2%アップ分は800億円と書いてありました。駒さんの数字とは少し違いますが、どうなんでしょう?

しかし、いずれにしても実質大幅なマイナス改定なんですね…。1.2%の上げ分だって、国の負担はその4分の1で、後は利用者の利用料や保険料、各保険者の負担ですもんね。

介護労働者の4万円の賃上げという公約は??
No title
雑魚党さまメリークリスマス♪

こうやって数字が並ぶと1700億と1900億が駄菓子屋のおばちゃんがいうような単位に思えてきますがw

200億の違いの根拠がわからないので調べてみます。先にわかったら教えてくださいね。

でも、結局、実質マイナスであることには変わりないとも思うのですがね、
No title
雑魚党さん、ありがとございます。
数字は、新聞が正解です。申し訳ない。

総削減額からは1.2%というアップ率は低すぎるので、勝手に調整してしまいました。
総報酬割り分500億円が入らないことが決定したようなので、数字的には納得です。



>こうやって数字が並ぶと1700億と1900億が駄菓子屋のおばちゃんがいうような単位に思えてきますがw

30年ほど前、大蔵省へ入省した友人が帰郷した時、私の使っている12桁電卓を見て一言、
「それじゃあ国家予算は組めんな。」
と16桁電卓を見せてくれましたが・・・

ネタでした。
No title
駒さん毎度。

再度、回答サンキュっす。

確かに総報酬割断念なので、当初の計算と差引が合致ですね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。