スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第83回社会保障審議会介護給付費分科会04 bootleg

皆さん、お疲れ様です。

昨日のワカサギ釣りの釣果は、最高が66匹でした。まあ、前日の最高が130匹(ボート屋の発表は大体超うまい人の釣果ですので、通常1/2~1/4程度が妥当な範囲と言われています)の状況ですから、この激シブの状況で、我々のような素人がこの釣果でまあ良かったかと。

でも、やっぱり時期を外したせいで、数的にはちょっと寂しい・・・。

まあ、約8時間行って、ワカサギがイリュージョンのように仕掛けに何匹も連なっている光景は、数回しかみられませんでしたから。

来年は、一番釣れるシーズンを狙いましょうね。

さて、そんな久しぶりのレジャー企画の興奮覚めやらぬ中、本日、昭島管内では、事件が発生しているため、物々しい雰囲気。

市の中心地にある警察署付近の道路には、民放各局の報道車両が連なってます。

しかし、我々の日常は全く変わりなく、昨日の疲れを引きづりながらも午後からは居宅介護支援部会世話人会を開催しておりますよ。

次年度の体制について今から頭を悩ませている状況です。

そして、傍聴記もいつも通り掲載。第83回の続き、審議に入りますよ。最初は、老施協です。どうぞ。


○大森分科会長 はい。御苦労様でした。
 えーーっと、、それでは、えー、ただいまから、あと大体1時間ちょっとで、えーっと、御説明いただきましたように、幾つか見直し案が出ていますので、それについての御質問や御意見があればお出しいただきたいければと思います。どこからでも結構ですそれではじゃあ、そからいきましょう。(沈黙)ありがとうございます。えーっと、で、で、できるだけたくさんの御意見を出していただきたいと思いますので、余り1人で頑張らないように(会場ややウケ)、なるべく短目にお願いします。

○村上委員 ありがとうございます。はい。あのー、 通所介護についてでございます。えーー、全部で、あのー、4点ほどございますので、よろしいでしょうか。
 えー、まず最初に、あのー、通所介護の基本報酬について、論点1なんですけれども、あっ、これまで、あのー、加算から組み入れーー、あのー、変更する場合には、算定率8割から9割以上の場合に、えー、常態化していると思われる場合に、えー、本体に組み入れて、あのー、きたと思うんですけれども、機能訓練に、かん、、、あのー、対する加算である個別機能訓練加算((ローマ数字1))は、あのー、今回は66%ですでー、まあ、あのーーー、そういうことでは、あのーー、8割から9割を下回っているので、まあ、これで、あのー、本体に・・・組み入れるということについては、あのー、いかがなものかということでございます。
 えー、また、えーーーー、ここの中で、あの通所介護においてもですねー、えー、専門職、あのー、OTだとか、PTだとか、STを置くことによって、その、、その体制を整えた場合にはですね、それが、あの評価されるような仕組みを、あのー、お願いしたいということでございます。
 えー、次に、あのーーー、論点2でございますけれども、えー、小規模型の、あのー、事業所の基本報酬についてでございます。えー、小規模型のデイの部分は、あのー、通常規模型よりも17%高い報酬設定になっていますけれども、えー、山間僻地の小規模型のデイというのは、これでも、あのー、大変厳しいという状況があります。山間部は5%の加算がありますけれども、えー、施設も山間部で、住んでいる人も山間部では適用にならないということになっていまして、その、あのー、もん、、、問題が、まあ、あのー、残ります。えーー、5%の解釈の部分を、まあ、変えて、あのー、いただきたいというようなことが1つでございます。
 それから、えー、送迎との、あの、関係ですけれども、えー、都市部と山間部、例えば、あのー、北海道とかですねー、あるいは東北、北陸のように、えー、冬期間のある送迎があるというふうな場所では、えー、あのー、えー、メイン、、、メインの道路に行って、それから、あのー、えー、小さな、あの道に入っていかなければならないということがたくさんあってですねー、まあ、ります。山間部などは山、坂があって、まあ、そういう、あのー、ことでは、まあ、あらかじめ、あのー、四輪駆動など、あのー、車を用意したりですねー、あるいは背負って、あのー、降りてこなければならないというような、そんな、あのー、状況が、あのー、あるわけで、この送迎に対する、あのーー、ことについても、あの、考えていただきたいというふうに思っております。
 えー、それから、あのー、論点4でございますけれども、やはりサービス提供時間の区分についてでございます。えー、サービス提供時間については、あの、現在6時間から8時間で提供しているところが全体の85%、圧倒的に、あのーー、多いんですけれどもえー、迎えの時間と送りの時間の関係、あるいは6、、、6時間を、まあ、1分でも超えればいいというところ、あるいは30分超えなければいけない、あるいは真ん中の7時間でなければならな、、、ならないという、まあ、都道府県によってこの基準が随分違うわけです。でー、その、まあ、そこの見解をですねー、あのー、統一して、あのー、いただきたいということでございます。
 それから、えー、時間区分を変更した場合にはですねー、現在の6時間、8時間を踏まえた、あー、勤務体制だとか、あるいはローテーションというもの、あのー、あってですねー、これを、まあ、あのー、変えなければならないということも、まあ、あり、またデイサービスにおいては、大幅な、あのーー、えー、減算なる可能性もありますので、まあ、安易に、えーーー、区分変更をすることについては、まあ、いかがなものかというふうに考えております。
 えー、最後に論点6でございますけれども、同一建物からの送迎費用についてですえー、送迎加算が基本報酬に組み、、、組み込まれたときに、えー、送迎単位47単位が本体に加えられたわけではないというふうに考えております。同一建物では確かにそうでも、、、そうではありますけれども、送迎したものに対して加算を付け、していないものには付けないという考え、、、ことを、あのー、考えるということについてはどうなのかというふうに思います。まあ、そういう方向がいいのではんじゃないかということです。
 で、論点4のサービス提供時間区分とも関連するところでありますけれども、送迎時、えー、車内でのケアも、あの、さまざま、あのー、あります。えーー、また、えーー、家に行ってですね、家から連れてこなければならないということもあってですねー、その点では、まあ、あのーー、車に乗っているあるいは迎えにいく、そのこと自体が、もうケアであるということです。これは、あのー、えー、御承知のとおりでございますので、そこから、あのーーー、ケアが始まっていると考えますと、実態として、えー、送迎開始をもってサービススタートと考えたらどうかというふうに思っています。
 以上でございます。

○大森分科会長 えーっとー、あのー、ご、ご意見、、、大部分御意見ですけれども、第1点目のですね、このーー、基本報酬ーー、うーー、にすることについて、この比率が少し低いのではないかという、そういう御疑問ですけど、ここのところの判断はどういうことでしたか。

○川又振興課長 はい、えーーっとー、今、あのーー、そもそもデイサービスの目的の中に、やはり、その機能訓練ということ、あのー、含まれておりますので、まあ、その、おー、機能訓練、基本的な、まあ、機能訓練の部分は、えー、むしろ、あのー、中に組み込んで、えー、まあ、ベースとして、まあ、あーー、やっていただいて、むしろ、その、個別の、、的な、まあ、機能訓練といった、あー、形を、まあ、重視して、まあ、もう少し、そのー、めり張りをつけていくという考え方にしてはどうかということで、今回、えーっと、個別機能訓練(ローマ数字1))の方は、まあ、基本報酬の方に入れて、別途、その論点3で提示をいたしました、えーーー、個別の機能訓練の方をより、えー、重視していく、まあ、そういう考え方でございます。

○大森分科会長 そういうお考えだそうです。

○村上委員 はい。あのー、前回の、あのー、改正のときには、8割を超える前後を基本ラインとするという説明を、あのー、受けておりましたのでまあ、あのー、今、これが、あのー、きほ、、機能、くん、、、訓練については66%という、あの、ことでございますので、そういうことでは、まあ、あのーーー、その本体に組み入れるラインをどんどん、その下げてきているのかなぁいうふうに思って、えー、いるものですから、そのようなことについてお尋ねいたしました。

○大森分科会長 はい、えーっと、今の点は、そういうふうに見ておられるんですか。今の点は。

○川又振興課長 あのーー、まあ、基本的には、その加算で評価した、そのーー、おー、サービスの質の高い部分について、まあ、ある程度その、あの割合の事業者が、あーー、とれるようになれば、まあ、それは基本報酬ということだと思いますけれども、まあ、今回も、まあ、あのー、通常規模型デイで、まあ、えー、66%、まあ、あのー、60がいいのか、70がいいのか、80がいいのかという、あのー、いろいろある、、、あろうかと思いますけれども、おー、通所介護の、おー、まあ、本来の、まあ、目的で機能訓練という部分がそもそもありますので、そこは、もう本体として、えーー、まあ、ある意味では、まあ、やっていただくということをベースにしてですね、更に、まあ、あー、個別的機能訓練の方を加算で、まあ、評価していくという形で、えーー、まあ、デイサービスについては見直してはどうかまあ、デイサービスについては、あーーー、機能訓練という部分を、おーー、をより強化するという観点、それから、先ほどの、そのー、時間区分にありますような、あーーー、レスパイトケアとして、家族のレスパイト的な観点から、長時間の預かりを評価する、まあ、その2点から今回、あのー、全体を提案させていただいたところですので、この、ぜん、、、前者の機能訓練をより、まあ、重視するという観点から、こ、この加算(ローマ数字1))の部分むしろ基本の方に入れ込んでよろしいのでないかということで、あの、提案をさせていただきました。

○大森分科会長 はい。、、、、、そういうことです。

○村上委員 はい。あのーーーーーーー、まあ、機能訓練については、あの、大変、あの、重要な、あのーー、サービスだいうふうに思っておりますし、私たちも、あのーー、機能訓練についてはもっともっとですねー、機能訓練については力を入れていかなければいけないというふうに、あのー、思っておりまして、す。まあ、これは、あのー、えーー、今の機能訓練の体制からですねー、今、あのー、お話させていただきましたように、あのー、OT、PT、ST、我々のところにも、あのーーー、えー、OTが、あのー、入ってきておりますけれども、やはり、あのー、そういうところも含めて、えー、機能訓練をもっともっと充実していきたいというふうに考えておりますので、まあ、あのーーー、えー、当初のですねー、8割を、まあ、超えたら、あの本体に組み入れるという、この考え方を、あのー、とっていただきながら、まあ、次期、えーー、改定に向かってですねー、まあ、8割を超えるように、あのー、していきたいというふうに考えておりますので、是非そこのところについて、えー、あのー、お願いしたいというふうに思います。





ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(6) | トラックバック(0) | 2012/01/16 22:19
コメント
No title
66匹も!
羨ましいです。
こちらは相変わらず雨ばかりで釣りに行けません。
No title
昭島の事件、恐ろしすぎます…

思わず、妻の僕への愛情の再確認を行い、死んでからだったら切ってもいい、と伝えた次第です…。
No title
hajimeさんども。

確かにわかさぎもいいけど、オイラはアグー豚の方が食いたいっすw
No title
今日の提言会議でも始まる前にはこの事件のことでもちきり。

男性委員は皆、身体の中心を眺めながら、考えられない、恐ろしいと声を大にして訴えておりました・・・。

ちなみに昭島市はどの場所も自転車で30分以内に回れる1圏域!

そんな小さな町でなんとも複雑です・・・。
No title
>どの場所も自転車で30分以内に回れる1圏域!

北海道で面積が広いこともあり当市では9圏域ありますが、そのうち高齢化率25%以上が6圏域、さらにそのうち30%以上が3圏域あります。
市全体でも25%を超えています。

~住み慣れた地域で24時間安心して生活できる「地域包括ケアシステム」~

・・・・・妄想さえもできないっス。
No title
丸刈りっち毎度。

北海道、高齢化率高いねー。

地域妄想ケアシステムをぜひ確立してくださいw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。