スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第88回社会保障審議会介護給付費分科会06 速報

皆さん、お疲れ様です。

今日は、近隣の施設に用事があって行ったのですが、そちらのY相談員さんのお誘いで、用事ついでに昨年、独居で生活されていたのにドクターストップで入所された方に面会に行きました。

本当は、もっと早く面会に行く約束だったのですが、その方が入院されてしまったり、僕は僕で、地域の活動をしていることで時間がなかなか取れなかったりで、あっという間に時間が経ってしまったということなんですが。

居室までの廊下を歩きながら、Y相談員さんに久しぶりに会うそのお方の最近の状況を伺うと入退院を繰り返したことですっかりお痩せになり、体力も落ちてしまって、長い時間起きていることも大変になっておられるとのこと。

随分時間経っちゃったし、怒られるかなぁ、ってか、話してくれるのか??などと考えながら、おっかなビックリ以前のように「こんにちは。」と声をかけると、「あら、珍しいお客さんが来たね。忘れちゃったのかと思ったよww」と満面の笑みでの口撃がw

そーーですよね~wと返答した瞬間から時間の経過で感じていた溝は埋まり、それまでの状況を話しながらお互いの新しい環境、状態、関係性を受け入れることで新しい時間が流れるようになりました。

最後に「今は、大変だけど病気には負けないからね」と痩せていてもしっかりとした目で話される姿を見ることが出来、安心して帰ってきた次第です。

では、第88回の傍聴記の続きをどうぞ。




〇伊藤委員 えーーっとですね、あのー、処遇改善交付金に代わる、あのー、処遇改善加算と言うご提案で、あのー、拝見してますけども、まあ、今回、あのー、保険制度の中で、そのー、処遇改善をやっていくものだということで、まあ、あのー、事業主の、まあ、あのーーーー、対応と言うことになるということで、あのー、まず、あのー、審議報告の中でもですね、えーーー、介護人材の安定的確保・要求に・・・のが、・・・・・継続的に講じられることが必要であるということ、このことはこの場で共有できたんだと思ってますので、あのー、先ほど、あのー、がんばっても、あのー、対応できない事業所があるっていうような話もありましたけれども、そこは、あのーーーーーーーー、それであるなら交付金でやって欲しいという事(笑)、あのー、言わざるを得ないと思うもんですから(笑)、その話は、もう終わっているということで、あのー、それであれば、この算定要件をですね、従来の、その交付金と同じようにですね、えー、していただいて、えー、少なくとも、その賃金が下がるということが無いようにしていただきたいと思います。で、あのー、この、、、この今、言った様な課題がですね、あのーーー、きちんとこの今回の処遇改善加算で達成できるのかどうかということについて、是非、あの処遇または基本給への反映状況ですとか、労働者の受給関係も含めてですね、えーーー、まあ、サービス提供に制約来たして無いのかって言う意味でですね、そういった労働者受給関係含めて、あの、検証をしていっていただきたいと思います。あのー、今回、あのー、えーっと、えー、分科会から、あのーー、審議会への、あのー、報告書っていうのが、あの、見当たらないんですけれども、あのーーーー、今までですと、あのー、こう、付帯意見みたいなものがですね、ついてる場合もあったと思いますので、あのー、何らかの形で、今、申し上げたような検証は、あのー、行っていくということを、あのー、確認して頂きたいと思います。

○大森分科会長 では、あとで。少し質問の中で新しい検証、研究員会立ち上げているところですので、・・・そこでちょっと・・・。大西さんどうぞ。

○大西委員 はい。えー、まあ、今回、あのーーーー、・・・・計画期間の介護報酬が改定、で、こういう形でまとまろうとしているわけでございますけれども、まあ、全体の感想としてですね、まあ、いろんな、えーーー、ご意見等踏まえた上で、えー、ある程度、まあ、この方向性でまとめていただいたということに対しましては、感謝申し上げたいと思いますし、まあ、特に地域区分の見直し等におきまして、まあ、非常に影響が大きいということで、まあ、各市町村、保険者である市町村のご意見等もかなり細かく聞いて頂きまして、まあ、ある一定の方向で・・・さしていただこうとしていることに対しまして、まあ、感謝したいと、、、、申し上げたいと思います。ただ、私ども保険者としてですね、問題は、まあ、今回、あくまで介護報酬っていうのは単価でございますので、まあ、単価がこれでは決まるとしても、結局保険財政というものを考えますと、それに量が加わってくるわけでございます。で、これを今後の、そのー、保険者としてどういうふうに保険制度、まあ、少なくとも今回の計画期間3年間運営をしていくかということを、今から、具体的に詰めてかなきゃならないわけですけれども、まあ、そういう中で、まあ、特に1号被保険者のですね、保険料の改定というのは、非常に大きな課題として、まあ、各市町村出てくるわけでございます。で、まあ、現在、えーー、月額大体、全国平均が4170円くらいでございますけれども、例えば、本市の場合でいきますと、もう既に4700円を超えております。まあ、そういう形で今回の、この介護報酬の改定によりまして、保険料改定ということを見込みますと、まあ、6000円近い、えーー、改定をせざるをえないだろう。まあ、2割以上くらいの改定をせざるをえないだろう、ということで見込んでるわけでございます。で、そうしますとですね、まあ、今回は、まあ、どうにか、いろいろ、まあ、えー、乗り切れたとしても、じゃあ、次回、まあ、2025年を目指してですね、まあ、地域包括ケアとか、そういう方向性というのを打ち出していただいてますので、まあ、その方向性は私自身も正しいと思いますけれども、ただ、それで、今後、その財政・・・を単価×量で考えた保険財政をどういうふうに円滑にしていくのか、それからもう一つ、マンパワーですね、マンパワーの確保をどうしていくのか。この2つは私自身もなかなか見通せないなというふうに思っとるところでございます。まあ、従いまして、まあ議論は今回終わりにせず、また後で研究会等も、また、設置していただけるようですけれども、是非ともこの保険財政、、、介護保険財政全体のことを、あるいはマンパワー等も含めたですね、まあ、制度のこの持続可能な運営の在り方みたいなものをですね、今後とも十分議論させていただいて、えーー、保険者である市町村等の意見も聞いていただいて、またご指導いただきたいというふうに思っております。

○田中(雅)委員 えーっと、介護職員処遇改善についてですが、あのー、いくつか、あのー、質問もありまして・・・。まず、あのー、先の処遇改善交付金につきましては、算定要件では・・・キャリアパス要件があったと・・・。すなわち、えー、介護職員のですね、定着確保と質向上という観点からキャリアパス要件についても示されたと思いますが、今回も同様ですね、キャリアパス要件が示されるかどうかについて、お尋ねしたい。えーっと、もう一点でございますが、えー、この4ページにございます算定要件の中にですね、えーー、イの方の、えー、(3)や、あるいは(7)のですね、、、(7)に・・・書いてある文言の中にすべての介護職員に周知し、という言葉がございます。えー、実はこの周知ということについて、実際ですね、先の報酬の時もそうだったんですが、実は、私、その、日本介護福祉士会・・・もですね、この・・・・について、」知らない、わからないという・・・調査をしても、どうでしたか実態はと賃金調査しましたが、それでも回答の中に知らない、わからないという形で寄せたものがあり、回答がありました。そういうことは、えー、国の方で求めてる、この周知という言葉について、きちんと十分されてないんではないか、ということにおいて、えー、その辺について少し疑問に思っているところであります。で、そういう意味におきまして、今後ですね、実際に周知され、実際にですね、えー、その介護職員がですね、そのことを知ってるということ、で、それは経過、、、、経過として
、えー、介護職員の働くことに対するモチベーションを高めるような、そういった形にしていただきたいと。単にですね、こういったこの加算や、、加算といったものが、えー、事業所の経営の中でですね、こう、あの、いみ、、、、うみ、、、、埋め込まれていくんではなくて、確実にですね、介護職員が質の向上という観点に臨むという姿勢を生み出すということ。それから、介護等におけるプライドが持てるような、まあ、そういったですね、ことは検証していただきたいというふうに思っております。確か、あのー、えー、検証結果につきましても、これまでの調査はですね、受ける・・・・・賃金の、えー、上がったか、下がったことについての、あのーー、調査が多かったと思いますが、・・・において、質の向上という観点からの交渉や、、、あっ、じゃ、いや、、い、、した検証やあるいは、えーーーーー、なんと言いましょうか、、、そのー、さっきも言った周知ですね。周知させるということ、することについて、まあ、介護職員自体も・・・ということも必要ではないかというふうに思っております。それから、もう1点。えー、これは、質問でございますが、生活機能という言葉の使われ方でございます。えーっと、まあ、訪問介護の中において、例えば、、、申し訳ございません。・・・8ページでございます。8ページに載ってます、訪問介護における生活機能向上という言葉については、えーー、こ、、、こう書いてございます。「自立支援型のサービスの提供を促進し、利用者の在宅における生活機能向上を図る観点から」という形で使われております。同じくですね、えー、訪問介護予防ということで30ページでございますが、、、、、えーー、30ページがですね、こういうふうに書いてございます。えーーっと、同じくですね、えーーー、利用者の在宅における生活機能向上を図る観点といいますが、もう一点。通所介護にもですね、同様なですね、生活機能向上という言葉が使われております。8ページを見ていただきたいんですが、そこに①生活機能向上連携加算とあります。ここの説明、少し読ませていただきますと、「自立支援型のサービスの提供を促進し、利用者の在宅における生活機能向上を図る観点から、」・・・、これですね、えーーー、からということで、えー、生活機能連携の加算があります。併せてもう一度16ページを見ていただきたいんですね。あっ、ごめん、少しダブってます、ごめんなさい、い、、今、言い直します。あの、、生活、、、通所介護、16ページ見ていただきたいと思います。ごめんなさい。通所介護における、つう、、、生活機能の使われ方ですが、ここにですね、やはり、自立支援を促進する観点というふうになっとりますが、このように書いてあるんです、そのあとに、「利用者個別の心身の状況を重視した機能訓練(生活機能向上を目的とした訓練)というふうな使われ方をしております。で、同じくこれについては、31ページを見ていただきたいんですが、31ページにはですね、こう書いてあるんですね。えーーー、「アクティビティー実施加算を見直し、利用者の生活機能の向上を目的として、共通の課題を有する複数の利用者からなる」という形で使われておりますので、いざ、生活機能向上というのは、えー、訪問介護の使われ方、
それから通所介護による生活機能の向上というのは、どのように理解をしたらいいのかという形で、ちょっと、ここが、どうしても、言葉ですが、あのー、先にですね、出した・・・・ていうのはかなり、えーっと、えーーー、確かですねー、あのー、あったですね、第77回のときのですね、あのー、ヒヤリング、えーっと、PT専門職、、、リハ専門職によるヒヤリングがあったときにですね、その方針の中に、あのわかりやすい言葉では、えーっと、ここでは在宅の人の生活機能の向上ということですから、あのわかりやすい言葉では、あのー、リハ専門職の方の報告は、生活向上、生活行為向上・・・という言葉を使っております。そういう意味でいうたら、非常にそういう意味ではわかりやすくなるんですが、今回ありますところの、えー、アクティビティー加算にかかって生活機能向上という形で使ったり、えー、在宅における生活機能向上っていうのは、どんなんなのかということについて、もうちょっとわかりやすく説明していただければと思っております。以上です。



お話も、もうちょっとわかりやすくしていただければ・・・。



人を語らずして介護を語るな2
出版社の購入ページはコチラ


傍聴記の後に「人を語らずして~」と載ってると、言葉の重みが身に沁みますw


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/02/03 02:10
コメント
No title
これからこちらを立ちます。
この前以上に寒そうで、寒さへの十分な備えをして向かいます。

しかし、おもしろい研修です。
大河ドラマ「平清盛」の先週の放送で、平忠盛・清盛親子や源為義・義朝親子の葛藤を見ていて、思わず「わっ、フロイトだ!」とか思っていたりして、ロールプレイの中でしっかりと家族関係を見る視点がそれなりに付いていて、我ながらちょっとビックリしています。

ちなみに平忠盛役の中井貴一さんが出ている「最後から二番目の恋」なんですが、今期のドラマとしては一番はまっています。世代間で大いに評価の変わる内容と思いますが、私の年代としては、小泉今日子さんのファンだったこともあり「おもしろい!」です。(ちなみにアイドル時代のコンサートにも2回行っています。というか当地には2回しか来なかったと言うべきか。)
きっと、kitaさんもはまっているはずと思うのですが、はまってませんか?(丸刈りネタでした。)
No title
駒さん、昨日はお疲れ様でした。

非常に有意義な研修でしたね。
ちょっとハマりそうです。

これを機会にもっと勉強をし、面接の際に「私、わかってしまいましたの(謎爆)」って頭の中で言えるようになりたいと思いますw

また、よろしくお願いいたします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。