スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第88回社会保障審議会介護給付費分科会12 速報

皆さん、お疲れ様です。

本日は提言委員会があったのでちょっと短めでお送りします。

とりあえず、この週末にちょっと本の整理をしていたら平成15年発行の資格の紹介本が出てきました。当時、既に介護支援専門員をしておりましたが、介護福祉士の資格のところで有資格者のコメントを載せる部分(題して「達人に聞く」www)の取材を受けた時に出版社からもらった本でした。何気に、手に取り読み返すと、笑いが止まらなくなりました。だって、他の資格の有資格者は、皆「将来有望な資格」とか、何やら書いているのに、自分のところだけ「高齢社会だからといって安易に高収入が得られるわけじゃない」とか「これからは利益を、サービスの質や従事者に還元できる事業者が生き残る」とか生意気に言っているんですからwこんなこと読んで誰がこの資格を目指すんだよって感じでw
でも、あれから、約10年経った平成24年の今、この意見が中途半端に的外れじゃなくなっているから逆に困っちゃうわけですよ。

だって、利益還元が加算という形になるとまでは思ってませんでしたから。そして、ある意味、その頃から既にレールが敷かれていたとも考えられるからなぁ・・・。でも、自分たちを含め多くの人たちが求めてきた基本報酬のアップとはこういうこと(利用者の1割負担とか)が付随しているんですよね。

もう一つ、年月が経って出てきたもの。

先日、ヴァンヘイレンの新譜が出たので購入!!※こっから先、傍聴記まで、ちょっとRock好き以外はわけわからん話になりますが、あしからず。

以前にも紹介したとおりダイヤモンドデイブが復活して28年振りというこのニューアルバムを恐る恐る聞いてみました。

とりあえず1曲目は、ファーストシングルで既にPVが出ているので、2曲目からが勝負。後ろではうちの姫が「うるさいの止めてくれる??」と壊れたテープレコーダーのように言い続けているのにもめげずに聞き続けw

何とか13曲聴き終えた感想は・・・。

最初は、コレだよ、コレって感じであまりの変わらなさにビックリしましたが、徐々に違和感が。何でしょう、この感じは。やはり、クビになったオリジナルベーシスト、マイケルアンソニーのハイトーンコーラスとランニングベースがないんです。そして、新しいベーシストはエディーの息子だからか、やたらギターとのユニゾンのフレーズが耳について、ちょっと変わったミスタービッグを聞いているような錯覚に陥ることもあり(ビリーシーンがヴァンヘイレンに誘われたけど、やっぱり断られちゃって泣いちゃったっていうエピソードを思い出しちゃいました。)、基本的にデイブ在籍時のヴァンヘイレンが好きな人、もしくはまったくヴァンヘイレンを知らない人には、とっても馴染めるアルバムって感じでしょうか。サミーヘイガー在籍時のヴァンヘイレンが好きな人には辛いかな。
まあ、自分としてはキッズの頃に戻ってヘビーローテーションで聞きまくりたいと思います。あとは、来日してくれれば・・・でも行くかどうか複雑だなぁ~。bootlegを見ながら憧れていたあの頃とあまりにもギャップがありすぎるし。
デイブ・・・。

あと、初回特典のDVDで、デイブがいつも通り長いMCをしてるんですが、まるで、エディー息子に愉快なおじいちゃんがお話聞かせているようですwそして、その中で先入観クイズをしてますw
これ、対人援助関連の研修で多様しますよね。自分もよく先入観を伝える際にクイズをしますので笑っちゃいました。うしろで聞いてるエディーは素で笑っているしw

さて、ということで、傍聴記の続きどうぞ。


○伊藤委員 えーっと、あのー、利用者の方の立場から、えー、あの、事なんですが、あのーー、今回の改正議論の中でも随分議論になりました訪問介護の生活援助の、あの、時間区分の見直しーーー、で、、、今回入っておりますけれども、あのーー、まあ、これ、あのー、恐らくケアプランの変更ということで、これから、あのー、それぞれ、えー、必要になってくるかなと思うんですが、あのー、この中でというより、その利用者に、えー、支障が出るのかというのを、きちんと、こう、やはり、検証していく必要があると思います。今回も議論の中で、あの、サービス内容が、あの、け、、、えーーーー、えーーーー、全体の半分とか、あのー、調査出ましたけれど、あれを巡っても大分、あのー、おーー、委員の間でですね、えーー、妥当性について議論もありましたし、あのーー、改めて、また、こういう、えー、あの、検証が必要だと思っています。あと、通所の方の基本サービス費の時間、、、時間区分の見直しに関してもですね、どのような、あの、影響があるかというのは、あのー、是非見ていく必要があると思っています。それから、ごめんなさい。あのーー、えーっと、処遇改善加算のところで、あのー、先ほど、あのー、事務手続きの、おーー、問題など、指摘ありましたけども、あのー、まあ、仮にそういうような、あのー、配慮するにしても、あのー、これが処遇面で空白が起きるようなことは絶対にないようにお願いしたいと思います。まあ、あと、27年度以降の、あの、処遇改善措置については、先ほど申し上げたような、あのー、検証をしていただいた上でですね、あのー、検討していくというように是非お願いします。

○大森分科会長 ・・・。

○齊藤(訓)委員 はい。えーっとー、あの、訪問看護につきましては、あのー、人件費率等見直して、あの、頂いたこと、大変、あの、感謝申し上げる次第です。あのーー、これから、地域包括ケアシステムの中での訪問看護の、まあ、期待っていうのが、えー、今回、報酬の中でも、えーっとー、メッセージとしても非常に、あのーー、私は感じているところでございます。えー、1点だけちょっと、あの、疑念がありますのは、あのー、今回、あのー、新しいサービスにつけられました、あのー、定期巡回・随時対応サービスのところで、まあ、あの一体型と連携型って二つ、あの、形態が、あの出来るんですが、連携型の方につきまして、あのーー、まあ、この資料の、えー、資料1-2の48ページにある、えーー、まあ、連携をする訪問看護事業所について、まあ、あの、いろんな協力をしていただきたいということで、まあ、マル1からマル4まで、あの掲げられているところでございますが、あのーーー、まあ、かなり、えー、この連携するところについての、あのー、まあ、負担と、それから、まあ、特に、あの、夜間、えーー、これは、あのー、重度化に対応していくということでございますんで、あのーー、まあ、ほとんど、あのーー、オペレーターの判断に迷ったところが、えー、訪問看護の方にダイレクトに、まあ、やってくるということも懸念されて参ります。まあ、そうすると、まあ、結局は、まあ、24時間体制、えー、利用者の方々に対して、えー、24時間体制で、えー、常にいなければならないといったような状況にございますので、あのーー、連携型については、あのー、どれだけ進むのかっていうことについて、あのー、今、ちょっと、懸念を若干しているところでございますので、まあ、是非、あのー、検証部会等でこのことは検証されると思いますので、あのー、少しそういった状況をみながら、えー、今後、どういう状況で、あといいのかということは考えていきたいなというふうに思っております。以上です。

○大森分科会長 はい。

○田中(滋)委員 えーっと、処遇会善についてですが、この3ページの最初の行に、えーっとー、今回の加算は例外的かつ経過的な取り扱いと入ったことは大変意義があります。やはり、こういうものは加算ではなく、本体に入れるべきだと主張してきたものとしては、ここに「例外的かつ経過的」と書いてあるとうれしいですね。で、えーっと、次の回で適切に評価をすると、さっき0っていうお話が出ましたけれども、当然、逆の、、、あの0になるかどうかは、これは景気の動向によります。日本経団連企業のがんばりによってですね、0にならないようにしていただきたい(会場爆笑)。で、あの、け、、、それを、景気が悪くならないこと前提にすれば、3%分の交付金が加算に変わったわけですから、基本サービス費も3%変わる。それは、物価、あの賃金の動向によるベースの話は別として、その話は別にすれば3%分プラスになると私は勝手に理解しています。もっと、どうにかして0と主張もあるでしょうが、こちらも言っとかないと。で、これについては、必ず、あのー、事後的調査を行うべきですが、その調査についても、えー、賃金だけではいけないですね。賃金が上がった結果、あのー、残ってる方が少なくなって疲れたなんていうんじゃ意味がありませんので、あくまで処遇改善全体として生きがいが出来たとか、キャリアアップが見せられたとか、えーーー、勤務環境が良くなったとか、それを含めた調査とすべきです。えー、最後。政府に調査を、あの、求めてる、、、皆さん求めてますし、私も求めますが、それだけではいけません。調査というのは、職能団体やそれぞれの業界団体も、また行うべきですし、あるいは自分で行うだけじゃなくて、いろんな研究者を使って、老健事業費とか、・・・政策・・・費とか、あるいは・・・、あの研究費を使って自分たちも行って、付け合せて行くと。いわゆる、調査して下さい。お願いします、というだけではいけないんですね。あのーー、いろんな調査が重なってこそ、初めて意味がありますので、えー、次回に向かって、それを、あのー、皆で行うようにすべきだと、えー、言っておきます。

○大森分科会長 えっと、えーー、一応、今回の諮問に係わる、えーー、報酬の具体的な内容についての説明とご議論いただきましたので、えー、諮問をお受けして、答申をするという段取りでいってよろしいでしょうございましょうか。はい。




なんと、実はまだ終わりませんww
残りの意見は明日以降でご勘弁を。


人を語らずして介護を語るな2
出版社の購入ページはコチラ


出版記念シンポジウムのお知らせはコチラ

厚顔無恥なケアマネってホントいるんですよね~。って言われないようにしなきゃw都市部ケアマネがんばれ!!


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/02/14 00:13
コメント
No title
平成15年のコメント先見の明ですね。
当たらない方が良かったですが(涙)

>ちょっと変わったミスタービッグ
言い得て妙ですw
ライヴは、動けないデイヴは見たくないかなぁ。
サミーヘイガーなら動けなくても大丈夫かな。
No title
hajimeさま毎度。

変なところで当たってしまったようです。

しかし、デイブの動き変わり過ぎだと思いません。まるで別人です。

まあ、来日が決まったら79年2度目の来日の時のステッカーの写真でも公開しますw

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。