スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第83回社会保障審議会介護給付費分科会10 bootleg

皆さん、お疲れ様です。

何とも、本日、夕方に第89回社会保障審議会介護給付費分科会の開催案内が出ましたw

2月28日10:00~12:00という短時間コース。

議題を見る限り、

1.東日本大震災における特例措置等について
2.その他

ということで、たぶん、訪問看護1人開業の延長かと。しかし、2月23日には全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議で解釈通知が出てくると思われるので、その他は何をするのでしょうかねー。

さて、傍聴記の続きをどうぞ。

注:キャリアブレインの医療 介護 大会議のサイトでコチラをご覧の方は、フォントの色分けや打消し線が反映されないことから、厚生労働省配信の会議録との相違点がわかりません。というか、ぐちゃぐちゃになってわけわからん文章になっていると思います。お手数ですが、記事の一番下までスクロールして頂き、「このブログを筆者のサイトで読む」と書いてあるところをクリックして頂くと本サイトにてご確認いただけるようになりますのでよろしくお願い致します。




○大森分科会長 ありがとうございました。
 どうぞ。


○高智委員 ありがとうございます。えー、先ほどからリハビリテーションについて、その理念等にも及んだご議論があるわけでございますけれども、先ほど池田委員からもヨーロッパの状況についてご発言が一言ございました。えーー、私も一言申し上げたいと思いますけれども、介護保険のみならず、医療保険、それから、年金保険、失業保険、こ、ここ、労災保険と言わないで、災害保険と呼んでますが、について、社会保険各制度でですね、リハビリは給付項目に規定されております。それだけこのリハビリというものの大切さというもの、あの、ヨーロッパの、、ヨーロッパの、、まあ、ドイツですけれども、では認識されつつ、長い時間が過ぎているということでございます。
 そこで、今回の改定におきましては、このリハビリテーションの充実、強化、そして使い勝手等につきましても、えーー、し、、利用者側の視点に立った改革がなされるべきである、改善がなされるべきであると思っております。併せて認知症についても申し上げてきましたが、これら2つの、おー、2つの課題はセットで論じられて、また、片付けていかれるべきものだと思っております。
 えー、そこで、リハビリテーションについて、基本的には、えーー、これへ要請、ニーズは高齢化の加速によりまして、質的向上が更に強く求められていくものと考えております。一方で、介護保険制度を含む社会保険各制度は、長引く、てい、、、えー、経済低迷、雇用の衰退等を背景要因といたしまして、財政的にも限界が見込まれるところとなっております。えーーーー、突き詰めますと、国民負担率の過酷な上昇という視点からも、非常にシビアな状況に追い込まれているという認識ことを再確認しているところでございます。給付費の支出適正化、重点化、効率化はもはや避けて通れない。えー、こういう考え方にたっております。えー、再認識しております。
 そういう意味では、資料1の通所介護の基準・報酬について、先ほど山間地の取扱い等についても、こう深刻な議論がございましたけれども、やはりここは普遍的あるいは一般的な視点に立った議論を優先すべきではないかと思っております。
 えー、資料1のつくり方につきましては、大変失礼な言い方になるかもしれませんけれども、必ずしも、えー、隅々まで、詳細隅々まで網羅されているものとはなっていないというふうに感じるところもございます。しかし、全体の構図から判断すれば、限りある資源、えー、資金、えー、人材の有効、効率的配分に配慮された、えー、痕跡が感じ取れるところとなっております。最終的な詳細設計は事務局において考えていただく余地もあろうかと思いますが、ベースとなる思想、方向性は浮き彫りになってきたと思いますので、このフレームを評価したいと思います。
 そこで1点、戻りますが、リハビリテーションの中で、えー、先ほど、ご説明がございました、リハビリ、、あっ、リハ・マネジメントの上に乗せているという御説明ですがありました。所要時間が20分以上の個別リハビリを切り出した後で、えー、上乗せする、これは介護保険の側において、医療保険の実際に合わせる方法が講じられたものと理解しておりまして、論理的でもあり、合理的でもあり、リハビリの最終目的である反復性効果も期待できる。そういう方向づけに、是非、えー、していただきたいと、そのように思いました。えー、以上でございます。

○大森分科会長 はい。こちらへいきましょうか。田中委員、どうぞ。

○田中(雅)委員 えーっとー、資料3のですね、えーーーー、介護予防訪問介護についてお話したいというように思っております。
 そこの11ページにはですね、先ほど馬袋委員も、、、委員から、あの、御指摘ありましたように、えー、介護予防訪問介護サービスの提供実態に基づいた単位設定としてはどうかということで見直しが示され、えー、この次、まあ、えー、12ページにはですね、先ほども指摘ありましたように、時間数について議論されております。そういう意味においては、えー、しかし、訪問介護予防における訪問介護予防でですね、えー、効果というものについてはですね、あまり議論されておりませんでした。むしろですね、訪問介護については、えーーー、通所等のサービスを利用しない要支援者のですね、重度化ということについてですね、強調されてきた感がございます。
 しかし、このたびですね、えー、こういった、訪問介護の介護予防の管理ですね、それから、介護予防の効果についてですね、エビデンスを示すということについてですねえーー、重大、というか、大変貴重な研究報告が示されております。えー、それはですね、NPO法人地域保健研究会、田中甲子さんが会長を務めていらっしゃいますが、この方が、えー、北九州市実施しております、平成22年度の地域包括ケア推進モデル事業をですね、えー、支援、評価した結果をまとめたものをですね、えー、報告書として出されております。
 その中においてはですね、えー、訪問介護を利用されております、要支援者138名の方々についてまあ、勿論、えーーー、群としては少ないでのうございますが、えーー、・・・退所して介入された群については、生活機能向上プログラムを提供し、具体的には3か月間に週1回の訪問介護を30分、ヘルパーの指導の下で生活機能向上メニューを実施した。まあ、それに加えて、利用者本人もセルフケアのメニューを実施した。そういったことによってですね、生活、家事遂行能力等が向上したといったことが研究発表されております。
 そういう意味において、これまでどちらかというと、訪問介護については、えー、生活のですね、不便さに対する支援、ないし生活援助ということ強調されてまいりましたが、これからはですね、むしろこういった科学的なデータに基づくような訪問介護の効果についてですね、きちんと評価すべきではないかというふうに思っております。
 具体的には、この報告書でもふれておりますけれども、やはり、一定程度ですね、ヘルパーにですね、そう言った、えー、自立支援ということからですね、教育、訓練を行うことによってですねえーーー、効果があるというふうにも触れております。そういう意味において、私ども日本介護福祉士会ですね、えー、既にですね、えーーー、介護予防体操、まあ、これは、・・・の指導者といった者の養成、例えば山口県、私のおります富山県もそうですし、茨城の方でもですね、えー、いろんな先生方の御協力を得ながら実施しております。そういった、その、えー、きちんと効果のある、すなわち介護予防訪問介護はですね、本当にですね、えー、他の通所系リハも当然、あの、効果がございますが、訪問介護によってですね、効果があるということは、えー、きちんとですね、えー、研究データもございますから、そういったものも活用していただきながらですねそういった人材の養成についてもですね、是非、い、、あの、、議論していただきたいと思っております。
 ちなみに、えー、13ページにはですね、論点2ということで、ここではですね、リハビリテーション専門職との共同による訪問介護せいさ、、まあ、この訪問介護計画作成についての評価があります。まあ、そういう意味におきまして、今後ですね、まあ、今回の課題にはならないかと思いますが、今後こういったですね、一定の教育、訓練を受けた、えー、介護従事者のですね、質の向上を図るという観点も含めてですね、そういった養成と、そういったものに対する評価、事業所評価というものですね、検討していただきたいというふうに考えております。
 以上です。

○大森分科会長 はい。池田さん。

○池田委員 あのーーー、今の関連です。北九州の田中甲子先生の138人のサンプルの研究は私も存じ上げております。あれは評価が分かれております。OTとPTの間でもまったく意見が対立しております。
 でー、私個人の意見を言わせていただくとですね、138人という少数の中で、突っ込んでいって、あのーだ研修と、きちんとしたトレーニングして、研修すれば、一定の効果が出るということは間違いない。それは間違いないと思います。しかし、それを普遍化できるかどうかっていう問題は全く別な問題です。全般的に私自身としてはですね、えーー、じゃあ、OT、PT、STが訪問介護の介護職員に対して、えー、指導して、実際、そのホームヘルパーや介護福祉士がですね、やるということについては賛成できません。要するに専門性がそれでは確保できない、それでは。恐らく専門性を確保する普遍性は取れないと思いますね。むしろそれだったらば、あーーーー、リハビリステーションをつくって、そこからOT、PTを派遣してやった方が、はるかに効果があるということです。、えーーーーーー、私が、こ、、その問題についてほとんど触れなかったのは、ここに書かれてるのは、サ責とやる、、サ責に指導するということが書いてあるわけです。だから、サ責がサービスを提供するわけではないわけで、サ責が考えることを意味しているわけで、誠に申し訳ないんですが、今の田中委員の意見については、私賛成できません。

○大森分科会長 (マイクなし)まあ、あー、御意見があることは、私も承知しております。

○田中(雅)委員 (マイクなし)反論したいんですが、いいですか。

○大森分科会長 (マイクなし)一言どうぞ。(会場ややウケ)

○田中(雅)委員 あのですねー、まあ、先ほど、ちょっと冒頭において池田先生もおっしゃったように、効果があるということについては、そのデータは知っているというふうにおっしゃいました。確かにですね、まだ取組み例は少ないのかもしれません。しかし、効果のあるものを普及しなければ、だれがするんでしょうか。
 それと、もう一つはですね、介護予防の特性でありますサービスの一体的提供という部分ですで、これまでのですね、訪問介護の予防、えーーー、違う、、予防、、(笑)、予防給付訪問かい、、介護予防訪問介護については、どちらかというと、こう従来の生活援助と身体介護という形の一体的提供と言っていましたが、そういう意味での本当の意味のですね、利用者の自立支援ということであるならば、やはり生活機能向上という観点でもですねそういった人材の育成とか、やはり評価といったものをきちんと入れていかなければ、従来どおりですねただなるできないことに対する、えー、お世話あるいはお手伝いという形の認識で終わってしまうのではないですか。
 そのような結果として、えーー、例えば今おっしゃったようにですね、介護予防の効果がですね、本当に、まあ、リハビリにある・・・に私も十分に承知をしておりますし、その共働については大切だと思っておりますが、しかし、通所系サービスに行きたくないという利用者の、じゃあ介護予防についてはどうするんでしょうか。そういう意味において、一定のですね、ヘルパーの関与ってものについても今後きちんと見ていく、、今後もですね、見ていくべきではないかというふうに考えております。

○大森分科会長 (マイクなし)あのー、御意見が違いますし、見方も違いますし、あれを直ちに普遍化できるかどうかについても議論があるところですから、この議論は以上といたします。
 えっとーー、次はこちらにいきましょう。酒向さん、どうぞ。




ここで、ヴァンヘイレン復活記念コーナー。

本日は、友達の家に遊びに行ったときに、友達の兄貴のミュージックライフをわくわくしながら見ていた頃のヴァンヘイレンw

今じゃ考えられないコラボ写真です。

文太とヴァンヘイレン

次回は、当時、聞きたくても聞けなかった、デビュー前にKISSのジーンシモンズがプロデュースした音源をお届けします。


人を語らずして介護を語るな2
出版社の購入ページはコチラ


出版記念シンポジウムのお知らせはコチラ



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/02/17 23:54
コメント
No title
うわ~この写真スッゲェ!
予想外の物が出てびっくりしましたw

ところで、お互いの事知ってるのでしょうか?
「八代亜紀」の代わりにトラックの中「ヴァン・ヘイレン」のポスターあると笑えます!

そういえば「コンボイ」という映画ありましたよね。
アメリカのトラック野郎は何を聴くのでしょうか?
No title
hajimeさまどんも。

この写真初めて見た時、中学生ながら「これは違うだろ~w」って思いました。
確か、1ページ目は、デコトラの助手席の窓にデイブが両足を掛けて鉄棒にぶら下がっているみたいに逆さになっていたと記憶しますw

ちなみに最近のトラック野郎は八代亜紀じゃなくて浜崎あゆみとか貼ってそうだよね。

そう言えばバンドやってた頃、バブリーな時代で東京ヤンキースってバンドがみんなトラック運転手でかなり稼いでるって聞いて驚きました(今のケアマネジャーの平均賃金の倍額ぐらいw)。

あと、コンボイ野郎はやっぱり、ブルース?、カントリー?でもHMが似合うよね。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。