スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第83回社会保障審議会介護給付費分科会16 bootleg

皆さん、お疲れ様です。

今日は週の初めなんですが、待ってましたとばかり、新規依頼が殺到していて対応に四苦八苦。

最近、何故か依頼が多いようでスケジュール調整がとってもタイト。
とにかく心配なのはクオリティーコントロールですね。

基本的には、よほどのことがない限り依頼を断らないので、うちのケアマネジャーは時間管理にとってもシビア。

僕の予定を確認するのも鬼気迫る感じがしてきておりますw

週末のほのぼのムードも出社後、一瞬で消え去りますが、基本的にはお気楽な僕としては、辛そうな雰囲気を醸し出すことはしたくないという信念があり、頭の中だけ緊張感を維持するように努めます。
ってことで事務所でのほほんムードを漂わせているのは僕だけなんですが、時にはそれがちょっと苛立たせるようですw

本当にコミュニケーションとは難しいもんです。

さて、今日も傍聴記海賊版は第83回後半の続き。
前回同様、「えー」だの「うー」だび抜いてお届け。

ですが、急遽、姫が体調不良!!山田委員の発言のみでご勘弁を。
では、山田委員的ケアマネ擁護の巻、どうぞ。


注:キャリアブレインの医療 介護 大会議のサイトでコチラをご覧の方は、フォントの色分けや打消し線が反映されないことから、厚生労働省配信の会議録との相違点がわかりません。というか、ぐちゃぐちゃになってわけわからん文章になっていると思います。お手数ですが、記事の一番下までスクロールして頂き、「このブログを筆者のサイトで読む」と書いてあるところをクリックして頂くと本サイトにてご確認いただけるようになりますのでよろしくお願い致します。


○大森分科会長 山田さんにいきましょう。(マイクなし)

○山田委員 ちょっと視点を変えさせていただきますけども(笑)、あの、私、あの、そのケアマネジャーの問題、これ介護保険ができて10年を超えているときにですねあの、もう、今まで言われてきましたけれども、そろそろケアマネジャーの専門性とか独立性とか、まあ、今まで言われてきましたけれども、それをきちんと担保するシステムってつくるべきだろうと思います。
 それと、ここに書いてある論点1、2、3、まさにそのとおりなんですが、これ、ケアマネジャー現場で利用者と一対一で向き合って苦労しているんです。非常に苦労します。そこが、まあ、御用聞きケアマネと言われようが、あの気に入らないプランを組まれると、では、あなたは要らないと言われることが現実として起きている。
 で、私、やっぱり、あの介護保険制度の、この中で、このケアマネジャーっていうのは核になるサービスだと思っています。ここがしっかりしないと本当きちんとしたプランはでき作れないし、結果も出ない。そういう意味で、あの、みんなで育てていく。本当にいいプランをつくったときに、それを支えるという、担保を是非つくっていただきたい。まあ、医療でいえば、セカンドオピニオンではありませんけれども、やはりケアマネジャーが一生懸命考えて、作ったアセスメントの結果、情報をいっぱい仕入れて基本情報でつくったプランの中で、例えばの話ですが、医療系サービスは高いから、他の福祉系サービスでいいと家族の人が言ったときに、これは必要ですとケアマネジャーが言う。それを地域でセカンドオピニオン的に支える、やはりみんなで一緒に家族の人に説明する、まあ、第一義的には本人には説明すべきですが、そういうシステムをつくる。まあ、その役割が地域包括支援センターなのか、あるいは、まあ、別の組織なのかは別ですが、1回気に入らなかったら、セカンドオピニオンでほかのケアマネジャーに聞くというようなシステムも是非今回考えてやらないと、ケアマネジャー1人が悪者になっているといっちゅうのは非常につらい。
 確かに、あの、まあ、極端なことを言うと、形だけのケアマネジャーはいます。いますが、それでは悪貨は良貨を駆逐する形になってしまうのでと非常にまずいので、やっぱり一生懸命考えて、本当に専門家として頑張っていこう、育っていこういうしている人たちを育てていく地域の姿勢を評価する仕組みは、どこかでほしいと思っています。
 以上です。






《告知》
あきしま地域福祉ネットワーク居宅介護支援部会のアンケート及び取材を受けた記事が掲載された月刊ケアマネジメント3月号が絶賛発売中!!
月刊ケアマネジメント3月号


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/03/13 00:35
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。