スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

力のある人と出会うことで可能になること。

皆さん、お疲れ様です。

ゴールデンウィークも終わり、通常の流れよりもちょっと詰まった仕事に追われている方もいるかと思います。これからゴールデンウィークの方もいらっしゃるかもしれませんし、そもそもゴールデンウィークって何?って人もいらっしゃると思いますが。

そもそもゴールデンウィークとはその昔映画関係者が作った興行収益増加策なわけで、あやかって自分も仕事が終わった後に撮り貯めていて全然観れない映画を数本見ましたがw

さて、そんな浮かれた世の中を背に今日も仕事に邁進しているわけですが、週末までに宿題がいっぱいある中、気持ちを落ち着かせて研修課題について頭の整理をしておりました。

それは何かと申しますと制度の持続可能性ということです。

持続可能性という言葉にアレルギー反応される方もいらっしゃると思いますが、今期の改定審議についてウォッチし続け、意見を挙げた立場で簡単に申しますと、基本的には政策現場と介護現場で持続可能性の視点というか、焦点化している問題が違うので意見がかみ合わないのは当たり前だということです。

差し当たり、そんなようなことを軸に各論を考えていたんですが、これは研修前なので研修後に考えも変わるかもしれませんし、後日まとめたいと思います。

そして、まだまだ研修にかかわる事柄を思案している最中なんですが、FBでとっても面白い問題定義があって思わず食いついちゃったもんで中々進まないとw

それは何かと申しますと、問題と課題の違いとは何かいうことなんですが、意外と見落としているというか、考えずに通り過ぎていることですよね。

皆さん定義できますか??

各専門職として捉えるか、家族として捉えるかでも違うんですよね。

って問題を出しておきながら何なんですが、ここでやり取りの中での(今日の)定義づけを紹介してしまっても楽しくないというか意味がないので整理の流れはそのうち紹介しようかと思います。

そんなやり取りや様々な情報発信の機会を頂いている現状を通し、今日、つくづく感じたことは、力のある方と出会うと自分の力以上のものが出せるということです。

やはり、1人では整理できなかった問題や向き合えなかった課題を考え、まとめることが出来る。

これが常日頃、介護のチームでも行えたら今の医療系、福祉系などというつまらない議論はなくなるのでしょうけどね。

あれ、ここにも持続可能性のヒントがあるかもしれない?

ってことで今日はおやすみします。

では、また。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
想い | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/05/08 00:25
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。