スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第4回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報02

皆さん、お疲れ様です。

今日は、これまた暑かったですね~。訪問で外出する時、車の中がサウナみたいになっててもう大変って感じですよね。
心身ともにドロドロですな。体力消耗も著しいって感じですが・・・。

まあ、今日こそは進めるってお約束だったので第4回の傍聴記を進めま~す。




○川又振興課長 定刻より前ではございますが、遅れて来られる委員の方以外はおそろいでございますので、ただいまから介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会。第4回会合を開催いたします。本日は御多用のところ御参集いただきまして、ありがとうございます。
会の開催にあたりまして、委員に変更がございましたのでご紹介させていただきます。
全国老人保健施設協会副会長の東委員でございますけれども、山田委員からの交代ですけれども、本日は、東委員ご都合が悪いと言うことで代理として折茂常務理事がご出席されております。
次に委員の出席状況ですが、小山委員からご欠席の連絡を頂いております。また、山村委員の代理として田村副会長ご出席されております。なお、高杉委員は遅れて到着されるっていうことでご連絡を頂いております。
では、以下の進行につきまして、田中座長にお願いいたします。

○田中座長 はい。皆さんこんにちは。第4回の会合、早速議事に入ります。
はじめに事務局から資料の説明をお願いします。

○川又振興課長 はい。クリップを外していただきますと議事次第の下に名簿、資料1、資料2、それから各員からの提出資料でございます。中村委員、山村委員、池端委員、東委員、枡田委員、木村委員。ちょっと資料が多くなっておりますがよろしくお願いいたします。また、あの部数の関係でメインテーブルのみの配布とさせて頂いておりますが、ご参考までに東京都が実施を致しましたこのクリーム色の冊子でございますが、介護支援専門員支援検討委員会報告書というものが3月に出されておりますので、東京都から部数提供いただいておりますので配布をさせて頂いております。なお、ホームページでも閲覧が出来ると言うことですので、傍聴の方等はそちらの方をご覧いただければと思いますのでよろしくお願いいたします。

○田中座長 はい。はじめに、前半は、今ここにある資料をそれぞれの方から説明いただき、後半、討議になります。最初は事務局から資料の、、、ここからの資料の説明ですね。よろしくお願いします。

○川又振興課長 はい。あの事務局からいくつか簡単に報告させて頂きます。
資料の1でございますけれども、前回、池端委員の方からご質問がありましたけれども、居宅介護支援事業所の規模別の分布でございます。横軸が事業所内のケアマネジャーの数と。そういうことでございまして、上の全体というところを見ていただきますと、まあ、1人が14.8%、2人15.2%、3人18.0%、4人14.7%等々等の事業所の分布でございます。これは、昨年度の調査研究事業の1537の・・・の分布と言うことでございます。
続きまして、資料の2でございますけれども、ケアマネジメント向上事業の実施ということ、、、実施について。これは、我々、厚労省老健局の今年度の予算におきまして、介護支援専門員研修改善事業ということで予算を確保しております。まあ、そのご紹介。まあ、このような事業を実施をいたしますというご紹介でございます。
で、まあ、目的を致しましては、現行のケアマネジメントの実態と課題というものを明らかにするために具体的なケアプラン、それからケアマネジャーの思考過程の事例に基づきましてケアマネジメントの評価、検証とケアマネジメント向上のための改善方策の検討を行うということで、具体的には下に事業内容でございますが、まず、①といたしましてケアプランの、実際のケアプラン、事例検証と、、、に向けた調査ということで概ね1000ケースくらい調査をしたい。で、ただプランだけではなくて、プランだけを集めるのではなくて、利用者の状態像あるいはケアマネジャーの、どういう思考過程でそのプランを作ったのかというところの補足的な情報も含めて、ケースを収集致しまして、評価・検証を行いたい。で、具体的には②にございますように、まあ、仮称でございますが、ケアマネジメント向上会議。まあ、仮称といっておりますけれども、そして、集められた事例なども参考にしながら、その事例に基づいて多職種協働によりまして多くの職種の実務者にそれをこう見て頂きまして、公開の場において、事例の評価、検証というものを実施をしていきたい。で、それらの作業を通じましてこのケアマネジメント向上のための改善方策の検討をしていきたいというものでございます。まあ、これらの事業の実施につきましては、随時この状況につきましては、この検討会にも検討材料としてご報告をさせていただきたいと思います。まあ、これらの実際のケアマネジメントの状況、具体的に事例についての検証、あるいは評価の結果を踏まえまして、まあ、どのような見直しが必要なのか、いうあたりにつきましては、この検討会で議論をいただくということになろうかと思います。で、参考までに以下、下に添付しておりますのは、これ、第2回の検討会でも配布させて頂いた同じものでございますが、時間がなくて、ちょっと説明が出来ませんでしたので、簡単にポイントだけご紹介をさせていただきます。
現行のケアプランの課題等について分析したものでございますが、この調査研究書の7ページに、すいません、おめくりいただきまして、現行のケアプランを専門家等々で議論して、まあ、今後取り組んでいく課題ということでいくつか現状のケアプランについての、こういうところが問題だということがまとめられております。
まず、(1)としてケアプランの作成に関する課題として、①ケアプラン様式への記載方法が定着していない。特に通院とかの状況、服薬の状況。で、②として認知症、廃用性症候群の状態像に応じたケアプランの事例に関する情報が不足しているのではないか。③課題の整理の根拠となった情報の記載方法が定まっていない。つまり、ケアマネジャーがどういう思考プロセスでそういう課題を抽出してきたのかとのあたりの記載というものが不足しているということでございます。④としてケアプランの記述方法に捉われてしまい課題分析が十分でない。まあ、なになにしたいという記述方法に捉われてしまっているのではないか。そういうプランが多いのではないかという指摘でございます。
(2)として情報収集、アセスメントに関しましては、①情報収集が十分に実施できていない。あるいは②主治医からの情報収集が十分実施できていない。③収集した情報の分析、課題解決の優先順位付けが不十分である。
8ページにいっていただきまして、短期目標が曖昧である事例が多い。
(3)個別サービスに関する課題として、①個別サービスでのサービス内容とその結果が把握しにくい。まあ、ケアプランだけではなくて、その個別のサービスでどう、きちんと実行が担保されているのかということでございます。また、②訪問看護、リハビリテーション、認知症対応のサービスの充足度の検証が必要等々の課題が指摘をされております。
で、9ページからこの研究報告の中での提言ということでございますけれども、(1)として、研修等によるケアプラン記載方法の定着促進として、①参考となるプラン(例)の発信、②地域包括支援センターの相談支援機能の強化、③事業所における主任介護支援専門員による指導の活用、④研修における演習、あるいは実習の強化が必要ではないかという提言がございます。
また、(2)ケアプランの様式の見直しとして、課題の整理の根拠となった利用者、家族等の状況や要因等を記録する様式の追加、②ケアプランの記述方法の見直し、③介護予防計画の様式との統一の検討
10ページに参りまして、運用方法の見直しとして、アセスメントを確かなものにするための例えば短期間(1ヶ月程度)のケアプランの活用の促進、②利用者及び家族に開示するケアプランの取扱いの見直し
(4)情報収集といたしまして、介護支援専門員へ主治医意見書を提供することの明確化、②として保険者による地域ケア会議の開催の促進、③サービス担当者会議への介護保険サービス担当者以外の参加の促進
(5)として、ケアプラン点検の拡充
11ページに参りまして、(6)としてケアプランと個別サービス計画との連携強化も必要ではないか。そういった提言がなされております。
まあ、以上、昨年度の調査研究での、提言でございますけれども、こうしたものも踏まえて、今回の、今年度の向上事業におきましては、まあ、更に分析、評価というものを深めて頂ければというふうに思っているところでございます。事務局からは以上でございます。

○田中座長 ありがとうございました。質問はあとで一括してお受けします。



今日はここまで。因みに次回、第5回のあり方検討会は8月29日(水)10:00~ということでちょいと間が空いているので、傍聴記ゆっくりでも大丈夫かもww



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/07/10 23:54
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。