スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

ストレングス

お気づきの人もいると思うが早くもテンプラ変更。あくまでも技術的な問題です。決して飽きっぽい性格のせいではありません。

さて、昨日は各地で敬老の日のイベントがたくさんあったことと思われるが、当地でも敬老大会が市民会館とその前にある広場で行なわれていた。

事業所連絡会や地域包括支援センターもブースを出していたので休日だった自分は冷やかし半分、差し入れを持ってお邪魔。

皆、楽しそうに着ぐるみを着て介護保険のクイズや障がいの擬似体験コーナーを行なっていた。

運良く過ごし易い日で人の入りも上々の様子。意外と学生さんが興味を持って入ってくる。
こういう草の根活動が本当の意味の「地域包括ケア」に繋がるはずと感じる。

ブースの後ろでちょっと様子を楽しませてもらうが、実のところは自分の担当利用者の方が車椅子ダンスの公演に出演されるのを見るのが本当の目的であった。

その方は11年前より脳梗塞後遺症で右半身麻痺になり、歩行が困難な方だが、とても前向きに生きている方でとにかくいろんなことに興味をもって取り組まれる。数年前に突然はじめた車椅子ダンスも翌年には日本大会で入賞する程の実力者になってしまった。


だが、そんな方も歩行訓練は大嫌いであり、勧めてもまずごまかされる。
周りの方々からすると潜在能力があると思ってリハビリをして欲しいと思うのも当然。

でも車椅子で何処までも行けてしまうからリハビリする必要性を感じないのも当然といえば当然。


本人曰く「いつどうなるかわからないからその日をとにかく楽しむ。」

楽しくない歩行訓練をするより、自分に合った車椅子で出来る事を追求する。

もちろんチームでの話し合いの際には本人の想いを肯定をしているが、迷いも残っていた。

そして、昨日、LIVEで生き生きとそして堂々とダンスを踊るその人を見ていて自分及びチームの方向性について改めて肯定することが出来たのである。

本当の意味でのストレングス視点を感じることも出来、ほっこりした気持ちで子どものお土産用バルーンアートのお花をニコニコ持ち帰った自分を今振り返るとちょっと恥ずかしい想いである。


スポンサーサイト
ケアマネジメント | コメント(4) | トラックバック(0) | 2010/09/21 12:33
コメント
No title
こんばんは。

いつもお世話になっておりますv-222

読ませていただき、いつものごとく
いろいろな気づきを いただきました。

これからも、宜しくお願い致しますv-266
No title
理さまこちらこそいつもお世話になっております。

相変わらず拙い文面にて申し訳ございませんが何かが伝わったのであれば幸いです。

これからもお気軽に寄って下さい。
No title
これが「自律」ってやつですよね。

「歩けた方がいい」というのは間違っているとまではいいませんが、あくまでも一面の考えであって。いや、もしかしたら心の奥底では「歩けるようになりたい」という気持ちがあるのかもわかりませんが。難しいですね。
No title
gitanistさんこんばんは。

今さっきまで提言のまとめで話し合いをしてましてすっかりこんな時間w

しかし、なるほどって感じで。

確かに自律に繋がってますよね。

実のところあまり意識していませんでした。

まあ、こころの奥底では歩けるようになりたいと思っているでしょうが、現状を受容しての答えではあると思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。