スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第5回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報01

皆さん、お疲れ様です。

本日は朝から虎ノ門に第5回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会の傍聴に行ってまいりました。

ちょっと早く着いたのでナイスな席をゲットした後、ゆっくり資料に目を通してましたが、基本的には今までのプレゼン等の論点整理のもと、課題のたたき台が提示してありました。

ぼちぼち委員が揃ってきたところで定刻になり開始です。

といことですが、本日は諸事情により要約を掲載します。後日、傍聴記をお届けします。




第5回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会

日時:平成24年8月29日(水)10:00~12:00
場所:東海大学校友会館 望星の間

議事次第
1.介護支援専門員の資質向上と今後のあり方について

2.意見交換

3.その他

欠席 橋本構成員
代理 東構成員→折茂代理人 枡田構成員→本永代理人

小山構成員は遅れて出席

配布資料

資料1  課題の整理(たたき台)
参考資料 第1回ー第4回検討会における主な意見
山際構成員提出資料

審議

まずは、資料説明だが、前回から時間が開いている割にはあっさりな説明。参考資料の説明は端折られる。

その後、資料を提出している山際構成員より資料の説明。相変わらす5分指定ということであっさり説明。現在のケアマネには責務を担わせすぎ、・保険者の仕組みづくり、ケアマネジメント業務の分析の必要性、プロセスの実態の解析という3点に要約し、主張される。

ってことで、ここから本格的にフリーディスカッション開始。

意外と消極的な感じで審議は進行していきましたが、何故か、コンスタントに1人ずつ挙手されてました。

主な意見としては

・地域ケア会議は誰がどのように担うべきなのか。
・介護保険法の第2条と第4条が取り上げられているが、第1条も重要であり、そういう意味では利用者、家族が地域ケア会議に参加しても良いのではないか。
・地域ケア会議は通常のサービス担当者会議と重複する内容になるのでは。
・保険者は資源開発、政策化という点が重要
・ケアプランの目標をアウトカムにすると作成方法の指導にばらつきがあるのでアウトカムにならない恐れがある。
・施設のカンファレンスについては、ケアマネと相談員との関係性を整理して欲しい。
・山際構成員も言っていたが、ケアマネに業務が集中しているので、本来はどこに重きを置くのかを整理すべき。
・ネットワーク構築の仕組み、評価だけではなく、関係・動向が重要。
・山際構成員の資料にある地域住民との連携構築には地域支えあい体制事業が有効
・課題がこんなにいっぱいあると議論にならない。まず、居宅と施設を分けた方がよいのではないか。
・日本のケアマネジメントは高齢施策→施設→居宅という順番に進んでいったことは明白。今後、地域包括ケアを担わせる包括及びケアマネジャーに何を担わせるのかというのは骨太の議論になるはず。
・自立支援型の考え方が統一されていないので、総論から議論をすべき。
・施設と居宅で議論を分けるのは賛成だが施設によっても機能が違うので分けて議論をすべき。
・今後のタイムスケジュールを出して欲しい。それによって議論の回数が変わるのでどこまで整理をするのかが変わるはず。

(タイムスケジュールに関しての事務局回答)
当初より進行は遅れている。少なくとも今年中に方向性を出していきたい。但し状況により延長していく。

・今年中だとあと3回しかないと想定されるので総論を話している時間はないはず。たたき台に沿って整理をすればいいのでは。
・まずは居宅介護支援事業所の独立性の話を一番して欲しい。公正中立に仕事が出来る環境整備をしてから質の問題に着手すべきである。
・自立支援型というが、自立支援という文言が一人歩きしている。どのように技術的に可能なのか、混乱の内容に具体化、明確化すべき。
・第1条という意見があったが、尊厳を目的としたプランではなく、尊厳は前提である。
・保険者の役割は重要と思われるが、東内構成員の言われるように簡単にはいかず、やれと言っても出来るかあやしい。そもそも養成の方法が都道府県によって違うことがあり、今後期待する中身を議論していく必要がある。
・個別援助計画の問題は、アクションプランとして反映していないので、そもそもマスタープランがあっても現場が動かない問題がある。あるべき論だけでは解決しない。
・この会はケアマネの質を上げていくということが目的なのでは。つまりどうあるべきなのかという設定が必要。設計品質と適合品質の差があるのは当然であり、品質管理の観点で設計品質の議論をすべき。
・アセスメント等々の流れについて法的に規定されていないのではないか。それをこの委員会で設定してもいいのか。

(ケアマネジメントの流れについての事務局説明)
・規定というか、システムとしては既に10年経過して走っている制度なので、そこをどう見直すのかということ。

・業務がはっきりしないで何が公正中立なのかわからない。野中構成員が言っていたように「重く、急がない」方を対象にするのかという対象の規定も合意が必要なのではないか。
・アセスメント等々の一連の流れは法的に規定されていなくても教育の中等で当然入っていることと思われるが。
・ケアマネジメントの流れがそれぞれパーツとしての評価ではなく、パッケージでの評価になっているということ。
・インフォーマルのサービスだけやった場合の評価をつけて欲しい。質の向上だけでなく、頑張って、結果、インフォーマルを活用して給付の抑制につながっても評価がされない。
・どのようにの前にどういう役割がよいのか。期待が拡がっているが、コミュニティーソーシャルワークの中でケアマネが曖昧になっている。タスクとしてどこをお願いするのか、ケアマネのコアタスクを考えるべき。その先の資質の向上は会議の回数的に困難と思われる。
・自立支援の概念に求められるのはスキル??
・地域ケア会議は対象の振分、カンファレンスの発展、地域課題等政策、地域ネットワーク基盤整備をすべてやらなければならないことなる。既存のもので対応が出来るのであれば活用すべき。
・OJTだけでなく、日常的にケアマネ同士がナレッジの共有が図れるようなコミュニティが重要。
・サービス担当者会議と地域ケア会議が重複するのではという意見があったが、サービス担当者会議で対応が困難なものが地域ケア会議での対象になるので重複はしないと思われる。また、当然、利用者、家族の参加はしないということになるのではないか。
・ケアマネジャーは属地性が高いという観点から地域密着に移行してもいいのでは。
・地域ケア会議は法定化すべき。今ある制度でも対応が出来るものだができないわけだから義務化すべき。
・介護保険法2条と4条は周知すべきだが、第1条は既にかなり周知されている。
・OJTの前にITを活用したりしながら座学を進めるべき。なぜならばOJTをする前に座学で知識を持ち、OJT体験をすることが通常と思われるから。
・アセスメントや個別援助計画はフォーマットを統一すべき。統一しないと評価なんて出来るわけがない。
・主任ケアマネジャーは質だけ検討するのではなく、市町村指定でもいいのでは。それにより包括のサテライトが出来る等の活躍の場を作ることもよいのでないか。



とりあえず、一旦ここまでアップ。それでもおもろい意見が多いと思います。誰の発言かはご想像してみてください。
ってことで、時間の都合上、残りの要約は後ほどコメントに入れていきます。


《告知》
当会の活動においていろいろとお世話になっている月刊ケアマネジメントの緊急セミナー「ケアプラン様式が変わる!?」が開催されるそうです。

詳細はコチラをご確認ください!!


ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(10) | トラックバック(0) | 2012/08/29 16:51
コメント
No title
早速のUP、どうもありがとうございます。
いやぁ、仕事が早いね!
No title
なりちゃん、ども。

では、続きです。

・ケアマネと介護支援専門員のズレはあると思う。また、自立支援の概念の差もある。目標としての向き、概念を揃えることは必要。
・制度としてもっと整理をすべき。今度の改定は新しい局面にはいったというメッセージ。
・スーパービジョンは必ずしも事業所内だけでやるのではなく、枠を越えてやるべき。そうすれば1人ケアマネについてもカバーできる。しかし、その際、主任ケアマネがスーパーバイザーなのかどうか。
・地域ケア会議は多職種協働となるが保険者の質をどのように担保するかが問題。
・一番混乱しているのは自立支援の概念。これがはっきりすれば役割や研修でなにをするのかが見えるのでは。
・サービス担当者会議等でいろんな家族に翻弄されている。保険者の役割として介護保険法第2条第2項の周知すべき。
・ケアマネの自立がないと、対象者の自立はない。ケアマネがどれくらい実力が発揮できるか基本合意に絞って議論すべき。

とりあえず、一回目追記はここまで。
のちほど、また追記します。
No title
>本日は諸事情により

たしか以前の諸事情の時期は、オ○ム指名手配犯の逮捕だった。
今回の諸事情は、尖閣問題で香港からの○薬の密輸で東シナ海ルートが使えなくなり、また日本海ルートに戻すために密かに活動しているということだろうか。
近いうちに、切り捨てられた東シナ海ルートにかかわった大密輸団の逮捕がニュースを賑わせるのだろうが、sh○nのところにまで捜査の手が届くことはない。
「新潟か酒田に行ってきました。」という報告記事が近いうちにこのブログに掲載されるだろう。

追記
たいへんな諸事情だったようで、お力落としのないようご自愛ください。

このような時に、個人的な経験からは、身体に合う礼服は持っておられたのだろうか、というのが心配になります。shanさん、心身ともに益々成長されているようなので・・・
(ちなみにわたしの場合、過去の成長の証として、礼服が5着並んでおります。)

外見から受ける印象(国際的な犯罪組織の黒幕。介護保険財政的には、地域のケアマネのボスというのも十分その範疇と考えている人も少なくないかな?)とは、大きく違っていて、申し訳ございませんでした。(反省はしている。)

ちなみに、おばあ様のお住まいは、新潟方面でしょうか?(しかし、懲りてはいない。)


たいへん読み応えがあります。
http://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kousei/12/index.html
参考文献の最初に、カール ポランニー。丁度、最新刊を読んでいるところだった。
私淑している某教授の著作シリーズもちゃんと載っていた。
リバタリアンへの反撃の狼煙。増税された消費税の使い道をお前らの思い通りにはさせないぞ!
No title
駒さん、いつも情報提供ありがとうございます。

因みに礼服はギリで大丈夫でしたw
あと、祖母は新潟ではございませんが、亡き義父の故郷は新潟でございます(爆)
先週は、博多。
今週は、小倉。
来週は、高知。
そして、その次の週には、東京西部地域で、shanと会う。

shanからの裏の指令を受けて、釜山ルートだとか太平洋ルートだとかの開拓を行っていると疑われてもしかたない状況のよう。
私は、普通の変態です。国際的な犯罪組織とは、何の関係もありません。たぶん、本筋の日本海ルートから捜査の目を外らすために、天才的な犯罪組織の黒幕によって、疑われるように都合よく泳がされてしまっているようです。
恐るべし、shanの才能。


追記
偶然が重なって結果としてこうなっているのだが、こんなにもshanさんの本来の仕事に貢献しているので、やはり昼食はshanさんのおごりということで・・・


追記
高速バスの発車時間待ちに映画を見る。この時期なのでもちろんあの映画。シリーズファイナルということなので、その役はなんとか果たしたのかな?水野美紀もちゃんと出てたし。
音響にはこだわったようなので、なるべく大きなスクリーンの劇場で見た方が良いかも。
ネタバレごめん。
高速バスファンとしては、高速バスの大活躍は楽しめた。SMAPをやっつけるんだから。
高速バスの時間待ちに見る映画としてはお勧めかも。
ただ、あんな長い距離を走る高速バスは、ツアー扱いでもないはず。あったら乗りたいが、4列シートだと本当にキツそう。

この時期の映画、個人的にはハズレが多いかな。安部・・・・ズとか風呂て・・スとか。ひみつのアッコちゃんは楽しめたな、でも鏡の精がちと役不足。
No title
相変わらず拘束バスマスターですなw
しかし、またまたお食事を奢っていただけるとは光栄でございますw
※上記は誤植ではなく、駒氏のイメージに合わせておりますw
No title
>駒氏のイメージに合わせておりますw

ははははは、
個人的にもこのおねえさん程度には普通に変態と思っています。

http://www.youtube.com/watch?v=Q4gTV4r0zRs
http://www.youtube.com/watch?v=ge8vy4tc_kQ

この動画を見てしまうと、国の借金の1000兆円もまだまだ小さいと思ってしまうから「あら、フカシギ!」。


追記
スーパーコンピュータを使っても250億年かかる計算も、アルゴリズムの工夫によって数時間で答えを出すことができる。介護予防における4つ程度の課題を抽出するのに、40ページ近いアセスメント項目を分析して(ブラックボックス化しないということは、プログラミング可能と言い換えが可能、たぶんあれだけのデータを重回帰分析にかけるとパソコンでは数日かかるような気がするが・・・)作られたケアプランは、ブラックボックスのままであっても、ケアマネの職人技に任せて(たぶん2時間も悩むケアマネはいない)作られたケアプランと、大きな違いはないというのが、shanさんが迷っているところだと想像する。効果的なアルゴリズムの開発が待たれるのだが、理論的な体系が確立されるといったことはすぐには期待できないので、個々のケアマネがそれぞれが信じる理論に従うしかないのだと思います。新様式ではそれぞれが信じるところを記載することになるので、その積み重ねの中に、もしかしたら何か真実が見えてくることもあるのかと・・・
ケアマネジャーにも「根拠」が大切と書いている方々は、自分の論理体系こそが正しいのだと、その勢力範囲をひろげようとしている方々か、体系化された理論も示さずにそう書く方々はただただ無責任な輩かと・・・
今行われていることは、学問的なことではなく、政治的なことだと思うし・・・
24年改正について給付費分科会の議事録を見直していたら・・・
第75回、ほぼ議論の初期から例の慶応大学医学部ラインの鈴木保険局医療課長が登場しているのに気付かされてしまった。完敗のわけだ!


追記
平成27年の改正に向けて、ケアマネジメント諸表の変更のための調査研究が予算化されています。
ご確認を。
今回予算化された分で、日本総研がらみのものを抜き出しておきます。


平成24年度に行う老人保健健康増進等事業について
http://www.mhlw.go.jp/topics/2012/08/tp0824-01.html

6 ケアマネジメントの実態調査をふまえた保険者の機能強化に関する調査研究事業
97 一般社団法人 日本作業療法士協会 生活行為向上の支援における介護支援専門員と作業療法士との連携効果の検証事業
104 株式会社 日本総合研究所 ケアマネジメントの実態調査をふまえた保険者の機能強化に関する調査研究事業

7 介護支援専門員の資質向上とケアマネジメントのあり方に関する調査・研究事業
6 学校法人 桜美林学園 介護支援専門員の資質向上とケアマネジメントのあり方に関する調査・研究事業
60 公益財団法人 ダイヤ高齢社会研究財団 ケアプランの質的向上を支援する客観的評価指標の開発に関する調査研究事業
88 一般社団法人 日本介護支援専門員協会 施設サービスにおけるケアマネジメントと介護支援専門員が担う役割に関する調査研究事業
90 一般社団法人 日本介護支援専門員協会 小規模多機能型居宅介護・認知症対応型共同生活介護のケアマネジメントに関する調査研究事業
92 一般社団法人 日本ケアマネジメント学会 介護支援専門員のスーパービジョン実践としての実習型研修の普及に向けての調査研究
105 株式会社 日本総合研究所 ケアマネジメントの質的評価のあり方に関する調査研究事業
106 株式会社 日本総合研究所 ケアマネジメント詳細検討結果に基づく新様式(案)等の活用に関する実証事業


23 集合住宅における訪問系サービス等の評価のあり方に関する調査研究事業
107 株式会社 日本総合研究所 集合住宅における訪問系サービス等の評価のあり方に関する調査研究事業


25 福祉用具貸与価格の把握と利用者による福祉用具の選択に資する情報の提供体制のあり方に関する調査研究事業
108 株式会社 日本総合研究所 福祉用具貸与価格の把握と利用者による福祉用具の選択に資する情報提供体制のあり方に関する調査研究事業
007 兵庫県神戸市 福祉用具の適正給付へのネットワークづくりと効果の評価、人材育成に関する調査研究-高齢者の骨粗鬆症による骨折を中心に-

平成24年度 老人保健健康増進等事業
ケアマネジメントに関する調査研究等の実施について
http://www.jri.co.jp/page.jsp?id=21648

ケアマネジメントの実態調査をふまえた保険者の機能強化に関する調査研究事業
 日常生活圏ニーズ調査の結果の活用及びケアプラン点検や地域ケア会議等の取り組みの活用を促進し、以って第5期介護保険事業(支援)計画の推進を図ることを目的とし、モデル自治体(3地域程度)を選定し、日常生活圏ニーズ調査結果の詳細分析を行い、それら分析やケアプラン点検等の活用方法に関する行政職向けの手引きを作成する。

ケアマネジメントの質的評価のあり方に関する調査研究事業
 保険者が、所管地域におけるケアマネジメントに関わる課題を抽出し、その水準を高めるための支援施策を実施しやすくなるよう、ケアマネジメントのプロセスも含めた評価モデル(素案)の作成とその検証を行い、評価の視点や評価項目等を整理する。

ケアマネジメント詳細検討結果に基づく新様式(案)等の活用に関する実証事業
 平成23年度に実施したケアマネジメント詳細検討結果で明らかになった課題を踏まえ、ケアマネジメントの水準を向上させるため、新様式(案)等の具体的な活用方法の実証を目的とし、新様式(案)等を活用したケアプランの作成方法に関する研修を行う。

集合住宅における訪問系サービス等の評価のあり方に関する調査研究事業
 平成24年改定で新設された「同一建物に対する減算」について、その対象となる訪問系サービスの等の実態を評価し、次期法改正及び報酬改定に向けた検討を行うための基礎的な材料として、「①集合住宅」「②保険者」「③居宅介護支援事業所」「④訪問介護事業所」のそれぞれの実態と関係性を把握する全国調査を実施する。

福祉用具貸与価格の把握と利用者による福祉用具の選択に資する情報提供体制のあり方に関する調査研究事業
 福祉用具の商品コードの活用実態に関する実態把握を行い、介護保険制度における福祉用具の商品情報、福祉用具貸与価格等の利用実態等に関する情報提供のあり方を整理するため、福祉用具貸与事業所、福祉用具製造事業者、保険者を対象としたコード活用実態の調査を行い、今後の課題と対応策等をとりまとめる。


>新様式(案)等を活用したケアプランの作成方法に関する研修を行う。

先生!アキシマ君がぼくがやりますって手を挙げています。
No title
駒さんお疲れ様です。

相変わらず深く且つ変態な考察&情報提供をありがとうございますww
政治的云々なところは激しく同意。

ちなみにアキシマ君はやらんですからw
自分のところでやってる事例研究やSV等々の際に新2表を併せて使ってみるだけの話なんでw
No title
>ちなみにアキシマ君はやらんですからw

もったいない、やればいいのに。
あり方検討会の議論とは関係なく、こうした研究費が執行されていくところを見ると、ケアマネジメント諸表の変更は、どこかで決まっていたわけだ。
アキシマ君が、どうせやるなら、この研修を受けたら良いのに。たぶん、ホテルの会議室とかで、二段おりのお弁当が出て、誰が昼飯をおごるかなんて、しつこくなすりあわなくても大丈夫だと思うのだが。


もう一つ、重要な点を書き加えておくのを忘れていた。年のせいか物忘れがぼちぼちと・・・
博多への高速バスでは、あの大切な「Van Halen」を入れてあるWalkManを置き忘れてしまい大慌て。帰路は森高千里が入れてあるWalkManを聞くことになったのだが、目がさえて睡眠不足に・・・
やっぱり、高速バスでは「Van Halen」と思った次第でした。

第2回のあり方検討会での社会事業大学藤井賢一郎氏の資料、見逃せません。再確認を。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002a2tj-att/2r9852000002a2w6.pdf
ケアマネの養成について(ケアマネだけではなく介護職種のキャリアパスなんかも含めて全部なのだが)現在は国は何もしてくれなくて、それぞれの事業所での教育に任されていることについて、事業所規模との絡みも含めてデータを出しておられます。
事業所規模の確保が、今後の課題になる可能性を感じています。
国が養成課程をもう少し真面目に取り組むことが課題だと思うのですが。
shanさんが、そのお姿とは想像できないくらいに社内教育にご熱心なのを見て、このレポートに思い当たってしまいました。

あっ、それともう一つ。
当地では、この10月から心身障害者医療費助成制度の対象に身体障害者手帳3級の方も加わることになりました。市町村ごとに違いがあると思いますが、皆様方の所でも対象の変更があるかもしれませんので、ご確認を。


追記
第2回の資料にリンクを張った手前、第2回の傍聴記を読み返してみた。個人的には、これ永久保存。きたさんとshanさん、良い議論しています。


第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報01
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-351.html

第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報02
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-352.html

第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報03
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-353.html

第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報04
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-354.html

第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報05
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-355.html

第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報06
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-356.html

第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報07
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-358.html

第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報08
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-359.html

第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報09
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-361.html

第2回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報10
shan69anna08.blog135.fc2.com/blog-entry-364.html

さて、
日本総研のサイトから閲覧できる資料にある様式案についてですが、あくまでもたたき台であり様式を変更するのかというそもそも論から議論がなされるということが質疑応答で確認できております。
が、第4回では、
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002f6f6-att/2r9852000002f6hs.pdf
となって、研究費は執行される。

やっぱり、アキシマ君は二段折りのお弁当を食べに行くしかないな、これは。


業務連絡です。
奥川ライブ前泊し、夕方に国会議事堂前に行く予定にしております。
部外者があいぽっくで島村氏のご講演を聞かせていただくことは可能でしょうか?
可能でしたら、アキシマ経由で国会議事堂に向かいます。

No title
駒さん、お疲れ様です。

またまた情報提供ありがとうございます。

再掲しますが、アキシマ君は二段折りは食えんでしょw

ってことであきしまネットの全体会見学って感じならOKですよ。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。