スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第6回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報10

皆さん、お疲れ様です。

昨日は、NPOもんじゅ代表の飯塚裕久さんと楽しくランチをし、大いに刺激を受けた後、Buurtzogの研修に参加してきましたよ。
そして、とんぼ返りであきしま地域福祉ネットワークの提言委員会に出て、終わったのが深夜・・・。

とっても更新する気力もなく、撃沈ですw

ってことで、Buurtzog研修については、第6回の傍聴記が終わってから、次回まで余裕があるので、その間にまとめられたらいいなと思ってます。

では、本日も第6回の続きですが、今日の部分も一つのポイントですね。どうぞ。


〇橋本構成員 ただいまの東内構成員の御意見は聞かせる議論でございまして、なるほどなと、うなずきながら聴かせて頂きました。で、ただですね、地域ケア会議の機能と、そして、サービス担当者会議の機能、これをやっぱり分けて考えるべきだと。で、、、和光市では、それが出来ているのかもしれないし、目標としてらっしゃるかもしれない。で、全国の多くの街で、一人一人の介護サービスを必要としている人に、最も適切な効果的で、そして、合理的なサービスの提供するってことは、やはり、一つ一つの居宅介護支援事業所の介護支援専門員がサービスを提供している、Aさんにサービスを提供している皆で、丁寧な議論をしながら一人一人のための結論を出していく。で、そのことが必要で、東内構成員が仰ることは、私は全く否定しませんし、そういう方向で行けばよいと思いますけど、でも、やはり、地域ケア会議とサービス担当者会議。これ、どちらも必要なわけですから、この議論も、もう少し、、、今回、お出し頂きました、このペーパー、もう、私、本当によく整理されてると思うんですけれども、一番最初に申し上げましたように、地域ケア会議とサービス担当者会議の、この関係、意義というのをもう少し整理しておいた方が良いんじゃないかと。東内委員の御意見っていうのは、・・・ますけれども、でも、全国に適用するものではない、ということが私は思います。

〇東内構成員 ちょっと誤解があるようなので、サービス担当者会議は必要ですよ、絶対に。だけど、それに、なかなか、先ほど言った医療と連携が取るべきものが取れてないとか、いった場合に応援するのが地域ケア会議で、で、私は、本邦の制度が全国に、なんて全然思ってませんし、だから、そこは、いろんな手法が、藤井先生が言うような手法があったり、各々のところでいくべきところだろと。ただ、第6期の介護保険事業計画とケアマネジャーの、やっぱり、方向性みたいなものっていうのは、つながっていかなかったら介護保険制度じゃないわけですよ。今まで、この10年間、少し、やっぱり、乖離してたんですよね。そういう現場サービスっていった点と、市町村は事業計画作ればいいんだと。だから、そこが、この次の10年を一緒になっていかないと、なかなか包括ケアの実現と、税と社会保障の一体改革の目標達成と、いったところも難しいのかなと、いったところも私の意見です。

〇田中座長 高杉委員。

〇高杉構成員 東内先生のご意見非常に参考になりました。それから、橋本先生のご意見は、もっともだと思うんですけど、これ、、、この資料の整理の仕方がちょっと悪いんであって、私は介護支援専門員の資質向上と、地域ケア会議が同じところで羅列されて、、、記されてるから混乱するんです。で、私は今の地域包括支援センター、或いは、その上の地域ケア会議っていうのを、もうちょっと重視して欲しいし、そこに人もお金もつぎ込んで欲しいし、それから、この行政が絶対参加しないこと。或いは、我々も含めた地域のいろんな医療、介護やる人が参画して街づくりをするような地域で・・・、大体意味がない。で、その意味では、ものすごく東内先生の仰ることもわかるし、もっともだと思います。で、ケアマネジャー、、、マネの資質向上には、こりゃ、もう橋本先生のご意見が、もっともだと思います。だから、議論がゴチャゴチャになるから、そこで整理して頂きたい。

〇田中座 はい。小山委員お願いします。



とりあえず、地域ケア会議は、和光市方式が全国統一方式ではなくなった(であろう)ということで。

さて、次回は、またまた盛り上がりを見せるところですからw



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/10/25 21:47
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。