スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第1回ケアマネジメント向上会議 速報02

皆さん、お疲れ様です。

昨日の反動で本日はちょっと油断をすると物凄く睡魔に襲われているわけですが、その反面、これまた昨日の反動で、今日行ったサービス担当者会議は、いつも以上に闘志が湧いてきて、ケアの判断根拠やらニーズと長期、短期の構造まで、もちろんのこと粗いアローチャートを使って、普段よりマシマシで説明しちゃったので、まあ、お口がよく動く動くww

まあ、最近は当然いつも解説するんですが、自然と気合が入っちゃったってことです。
あっ、因みに課題分析表は使ってないですから(爆)

何故なら、課題分析表は見える化とは言っても、見せる化にはあまり適さないというか、見難いところがあると思うので、整理した形を相談しながら出した方がチームでの理解は深まると思うから。

先日の日本総研の斉木さんの研修でも、課題整理表は家族に提示する形(様式に含める)には適さない結果になるかもと、実証事業の進捗を何気にお伝えされていたし、もともと自分もそう思っていたから。← 過去の記事を参照くだされ。

ってことで、今日の傍聴記は、昨日の続きで第1回ケアマネジメント向上会議ですが、今日から公開ケア会議の部分に入ります。昨日もお伝えしたとおり、事例に関わる内容は削除してお届け。


昨日も記載しましたが、委員の発言内容は発言そのままではなく、抜けや表現が違う点があります。もし、転載等される場合は、その点をご理解頂いた上で必ず明記するようお願いいたします。

〇東内委員 それでは公開ケア会議の司会を担当させて頂きます。この雰囲気、かなりすごいケア会議になると思う。吉島委員が今、言われたこともごもっとも。
事例の内容を見ると委員の方も傍聴の方もかくかくしかじかではないかと。忌憚ない意見をお願いします。
今回は経験3年以内のケアマネジャーが作成したプラン。それの相談を受けた主任介護支援専門員が提供。地域課題についても指摘してほしい。では、水村委員事例の説明をお願いします。

〇水村委員 事例の説明 ※事例内容は割愛。事例資料としては、1~3表、基本情報、課題分析表、支援経過、主治医意見書、課題整理表、モニタリング表

説明している途中で・・・。

〇東内委員 ちょっといい?資料の何ページ?ケア会議は状態像がイメージ出来ないと。しっかりやってください。ページ数がないけど・・・。

〇水村委員 支援経過見てもらえれば。大変、量が多いですが(笑)。

〇東内委員 ここは、課題整理表を見てもらうのがいいのでは?

〇水村委員 はい。※ここから課題整理表の説明。主に改善可能性があるとされた部分を説明し、その後、予後予測とニーズの説明をし、改善が見られてからの展開について議論をしたとのこと。

説明の仕方についてやや困惑されている感じで、進め方に気を取られて「場」が東内委員の顔を伺う雰囲気。

〇東内委員 課題整理表から出てきたニーズなのか?

〇水村委員 ・・・。

〇東内委員 その点も含めて議論を・・・。では、状態理解は難しいかもしれないが事前に資料を見てもらっているので各専門職視点で。
では、2表の課題が適切か、ちゃんと抽出されているか意見をお願いします。

村井委員を指名される。早すぎるか確認。やや焦っているような様子(ポーズ??)

〇村井委員 こういう人増えてるんですよね~って、ご自身の経験から改善可能性の話をされる。栄養関係の課題を中心に必ず改善できるはずと助言。また、習慣、QOLの記載量、課題との繋がりについて指摘、確認(目標と楽しみ、彩りの関係性って感じ)。

(※経験則の話からだったので根拠はよくわからりませんでしたw)

〇水村委員 状況を踏まえ回答。主に現行サービスからインフォーマルへの移行について

〇吉島委員 村井委員の意見に賛同。更に生活歴と精神面のサポートの関係性に発展させる。その後、ニーズと長期目標、短期目標が繋がってない(繋がっちょらんw)ことを指摘。プランは目標中心に左側は抽象的、右側は具体的になる。ケアマネは具体的は得意だけど、抽象的なことが弱いというええ見本。

〇緒方委員 元気だった頃との比較がないと改善可能性を判断した根拠が飛躍しているように感じる。自身の経験を交え、安易な対応策なのではと指摘するが・・・。

〇東内委員 緒方委員が話しているところを止める。ここで緒方委員と話が交錯するが、課題が明確じゃないと言いたいのかと確認。

〇緒方委員 そうです。

〇水村委員 状況説明しながら過去と現状の比較が可能な短期間のことと回答。

〇吉島委員 緒方委員が疑問に思ったのは課題整理表に問題があると指摘。横だけじゃなく、縦にも見ないと比較からの問題は出ないと思う。

〇東内委員 時間の関係があるので。・・・課題の導きについてとして、状態像を東内委員が再度まとめて焦点化した上で、今までの議論は環境面が様式に挙がってくれば良いのではとまとめる。その後、医療面の確認として英委員を指名。




まだまだ、混乱する手前なんです。これでも。でも、公開ケア会議部分は臨場感を伝えづらいなぁ~~~。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/11/30 00:28
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。