スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第1回ケアマネジメント向上会議 速報09

皆さん、お疲れ様です。

今日は午前にあった事業所の会議が終了後、飯田橋レインボーホールで開催された東京都社会福祉協議会介護事業者連絡会様の情報交換会に招かれ、当会の活動報告をしてきましたよ。
なんと、この会、運営委員の名前を見たら、づかちゃんがいるじゃないって感じだったんですが、本日は他に行かれていたので欠席されてましたね。

うちの他にNPO法人江戸川区ケアマネジャー連絡会様の活動報告があったんですが、発表者は、ケアフリーでお馴染みのクリマルさんw

最近、クリマルさんに遭遇することが多いんですが・・・。

発表は各20分程度ってことだったんですが、先に発表したクリちゃん・・・、大幅に時間越えwww

オイオイって思わず笑いつつ、あきしま地域福祉ネットワークの番が。前に東京都介護支援専門員研究協議会の研究大会に御呼ばれした時の内容に創設時のエピソード等々追加したプログラムだったんですが、そりゃ、司会者さんもまきまきなオーラを醸し出している中、超スピードでお届けしたので、途中から言葉遣いが悪くなることこの上なし(爆)

終わった時に、司会者さんから「いろいろ参考になる内容から刺激的な内容までありがとうございました」というありがたいお言葉を頂いちゃいました。

まあ、自分らしくてよかったと言えばよかったということにしておきますw

ってことで、反省しつつ、傍聴記の続きをお届け。


〇岡島委員 事例預かってきたが発表がうまくできなくてすいません。だが、新任のケアマネジャーでもアセスメント出来ている。やはり、指摘にあったような書き方がうまくできていない部分は課題整理表の訓練をしたりしていくべき。あと、大きい部分と小さい部分として、地域をどうするのかということは、OJTや研修でどうやっていけばいいのかと思った。

〇緒方委員 課題整理表を当社でも使用している。その中で思うこと2点。1点は根拠をケアマネジャーがどう考えるか。それをどう書くかという説明が不十分。もう1点は、地域ケア会議。担当ケアマネが参加して、地域課題、資源が浮き上がることが大事。どうやったら参加してもらえるようになるのか。検討すべきである。

〇水村委員 ケアマネジャーの作成した2表を見ると、明らかにサービスを入れるための課題になっている。これは全国津々浦々統一して言えること。だが、課題整理表を書くことによってケアマネジャーの考えが示されたことはよいこと。ただし、ケアマネジャーが判断していいのかどうか、勝手に判断したことを専門家から指摘を受けたり、わからないことが明確になる。担当者会議で専門家も指摘、アドバイスしやすくなるはず。

〇北村委員 今回、生活ニーズの書き方が良くなかった。これはICFの考えを取り入れてからポジティブな表現に捉われて混乱していると思われる。デマンドとニーズが一緒になってわけがわからなくなっている。だから、長期、短期の区別がつかなくなっている。ICFを意識しないで、近くて小さい目標をやって、1カ月ごとに変えていく。これはケアマネに取って嫌なことだが、練習していくと課題の書き方が見えてくると思う。予防プランの方がインフォーマルも一緒に考えやすいので、介護も一緒にした方がいい。

〇五島委員 主治医の意見書で医療はカバーされるが、今回、予後予測など、恐ろしい介護をケアマネがしていると思った。今回の症例を見ても、カロリー制限等で細かい判断がされているが、誰が決め、何をどう判断するのかはまったく書いていない。たぶん、伝え聞いていることによってケアマネが判断させられていることであり、かわいそうな状況。地域でアドバイザーが出来ないと、勝手に判断をせざると得ないということは怖いこと。

〇吉島委員 会議を盛り上げるために五島先生に反対w僕はこれでいいと思う。文句を言える仕組みがあれば良い。地域ケア会議でやるのか担当者会議でやるのか。予後予測(仮説)。これについて反証してくれればいいと思う。

〇五島委員 反証する場に僕がいない。担当してないから。ケアマネから紹介をしてもらわないと。

〇東内委員 五島先生が言っていることを解消する場が地域ケア会議にすればいい。先生や英先生のような在宅療養支援診療所などは担当者会議に来てくれるが、そうでない場合も多々ある。担当者会議で聞ければ問題がない。だが、そういう環境が難しいから地域ケア会議で整理をしていくのがいい。

〇五島委員 在宅主治医で摂食・嚥下機能に得意な人にあまり会ったことがない。

〇東内委員 それは先生の考え(笑)。

〇五島委員 僕らの職種は基本的に少ない。食の疑問があった時にプロに会いにくい。地域ゼロの場合もある。何かそういう機関があればいいなという感想。

〇吉島委員 それが地域課題だということだと思う。



今日はどう解説すべきか・・・悩んじゃいますがw
最低限度言っておきたいこととしては、まず、緒方委員のところでは課題整理表を使っているということでしたが、緒方委員は会議の際に「安全に自宅で生活できる」と言ってしまったので説得力は、う~むって感じ。北村委員がご指摘のICFのこと。僕としては別にICFが悪い訳でなく、ICFをちゃんと理解しないで、ポジティブプランっていうことが一人歩きして「~したい」っていう書きぶりだけになっている人がいることが問題であると思いますね。
五島先生と吉島先生のところは、それぞれの専門分野でのぶつかり合い。五島先生の懸念するところもわかるけど、吉島先生の言っているところもわかる。なぜならば、長年ケアマネジャーをやってきて、今、仮説が否定されると介護過程の業務自体を否定されることになるんでね。でも、医療に関して、ケアマネジャーが判断(診断)したということではなく、医師や歯科医師、コメディカルの判断した情報という根拠に基づいた情報の整理=仮説であれば五島先生も異論はないはずです。
だから、医療と介護の垣根を壊さんと医療側が懸念しているところと介護側が困っていることが解消されんと。
ん???そういう意味では東内さんが言っていることも一理あると。しかし、だったら、地域ケア会議で本人家族も不在の中でやるんじゃなくて、サービス担当者会議に医者が出席することを必須にすればいいんじゃない??ってことでww
今日は、書き過ぎちゃったな(爆)

あっ、明日は「埼玉もんじゅ」に参加。実のところ「もんじゅ」初体験なので、ちょっと心配w


<要チェック!!>
今日のクロストークにちなんで並べちゃうぞwww

五島先生は多彩ですな。小説は書くわ、ラジオのパーソナリティーやってるわ、コンピCD出してるわ。
ってことで、五島先生のラジオと書籍はコチラ
↓↓↓↓↓
ドクターごとうの熱血訪問クリニック
著書などはプロフィールページをご参照あれ。


そして、連続掲載wケアマネジメント向上会議でケアプランの構造について熱く説く吉島委員の著書はコチラ
↓↓↓↓↓
アローチャートでケアマネジメント! 相談援助者のための頭の整理術



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2012/12/14 22:09
コメント
No title
なぜか、飯田橋。
む~ん、意図しているわけではないのだが、shanの足跡を追いかけているような・・・
丸刈りータさんの所にも警官が訪ねたみたいだし。(絶対shanがらみだよ。本命の日本海ルート、まさかウラジオストックじゃなくてカムチャツカ経由?だとすると丸刈りータさんの所は最適な位置にあるな。)

この歳になると社寺仏閣巡りが趣味のひとつになりまして・・・
東京の古社というと、飯田橋だと築土神社かな、shanさん行かれたことありますか?
ビルの谷間でビルに抱かれるように建っています。都心らしい風景の神社という感じでした。祭神が「平将門」ということで、本殿は鉄筋コンクリートになった今でも祟り神を閉じ込めておく様式だったような。
飯田橋に出かける機会が多いようなので、まだ、社寺仏閣巡りに精を出す歳ではないと思いますが、機会がありましたらぜひお参りを。(くれぐれも賽銭泥棒に間違われないようにお気を付けください。)
私も時間があったら、またお参りしてきます。(その後でラーメンだな。)

No title
行田、行ってきましたよ。はい、「のぼうの城」名所巡りです。
秩父鉄道行田市駅から忍城へ。のぼうブームでしょうか。観光客は多かったです。武将に扮した観光隊も出ていて、忍城では楽しめました。そこから石田三成の本陣のあった丸墓山古墳へ。登ってみると、それほど高くないと思っていた円墳なんですが、見晴らしの良いこと、忍城の天守もはっきり見渡すことができました。雪をかぶった赤城山・榛名山、そして西に遠く富士山までくっきりと見えてました。さきたま古墳公園として整備されていて、獲加多支鹵大王銘の鉄剣の出た稲荷山古墳も隣あってありました。
さて、この時点で13時30分。目的のラーメン屋の営業は14時30分まで。距離にして5キロ強、あせりましたね。GoogleMapで歩きでの近道を確かめて・・・
指示通りに歩いていたら、道は農道、田んぼの畦道に、「えっ!」て思いましたが指示通り歩きましたよ。でも、あの畦道だったらこの時期の田んぼなら田んぼの真ん中を突っ切っても同じような気が・・・一応、Googleなりの節度なんでしょうねぇ。
ナビで畦道の指示に出会ったのは初めてでした。
目的のラーメン屋に着いたのが14時23分、「やった!間に合った。」と思ったら甘かった。
「本日は、スープが完売のため閉店します。」との張り紙が・・・

再度、チャレンジだな、このラーメン屋。

JR行田駅から有楽町へ。高速バスの時間待ちでいつものように映画館へ。地方都市では上映予定の不明の「マリー・アントワネットに別れを告げて」を見ることに。ベルばら世代としては楽しめました。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。