スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第1回ケアマネジメント向上会議 速報10

皆さん、お疲れ様です。

前回の記事の最後にも書きましたが、週末には大宮で開催された埼玉もんじゅに参加してきました。
随分前からもんじゅの関係の方々ともお知り合いだったこともあり、参加機会をうかがっていたのですが、なかなか日程が合わず、今回初参加です。

NPOもんじゅは既にメジャーなので、ご存知な方も多いと思いますが、何をしているのかはコチラを参照あれ。

NPOもんじゅホームページ

もんじゅのブログ

ほら、楽しそうでしょww

こちらの傍聴記でも度々登場しているケアマネジャーのあり方検討会での堀田構成員のプレゼン資料にも出てきている団体で平成24年度厚生労働省助成金受託事業でもあるわけですよ。

ってことで、今回、ランチミーティングにも参加させて頂き、どのように進めているのかも体感させて頂きました。MTGの内容は掲載できませんが、今回は「おとな」として楽しくお悩みを一緒に考えてアクションプランに繋げていったわけですが、昭島でもそのうち開催出来ると楽しいななんて思っちゃった次第です。

そして、昨日は、あきしま地域福祉ネットワークの創設からのメンバーの1人が、年内で他の地域に移動になるということで送別会に参加。
とにかく、今のあきしま地域福祉ネットワークを語るには外せないメンバーだったんで残念で仕方がありませんが致し方ない。
そんな感慨深い思いもあり、昨日はいつもよりはしゃいじゃった次第です。=傍聴記断念とww

創設メンバーが、1人、また、1人と離れていく寂しさを感じつつ、継続的に運営できる体制を更に強化していき、昭島で力を持て余して燻っている人材のパワーをもっともっとバックアップできるようにしていきたいと思います。

ってことで、師走で傍聴記アップも大変になってきていることもあり、出来る日は頑張ってアップしまっせ。どうぞ。


〇村井委員 地域ケア会議、課題としてチームをどうやって作っていくのか。課題整理表はとても良いと思ったが、相談したいというものが入れられるチェック表があればいい。アドバイスを受ける項目を入れることが良いと思うことと、改善可能性の根拠を明確にすることを書いて欲しい。あと、認知症の項目については「睡眠」の項目はどうしても入れてほしい。地域包括支援センターとケアマネジャーの役割が不明確。地域課題抽出までケアマネジャーがやるのは大変。その辺りを分けてほしい。

〇吉島委員 ケアマネジャーはその役割持ってませんか。

〇村井委員 持ってるけど、整理するのは大変なのでは。ケアプランに書くということであれば研修も必要だし、課題を抽出するということであれば機能は別なのでは。

〇東内委員 大所高所にはなるが、ケアマネジャーの国の政省令の範疇と違う属性がある。保険者機能としては、ケアマネジャーにインフォーマル等々をレクチャーすることがあり、これがアセスメントに繋がる。個別課題も出る。あっ、水こぼれちゃった(爆)(会場も爆)地域ケア会議で、それを集約すればいい。地域ケア会議に出ないスーパーケアマネは出来ているからいい。

〇青木委員 経験が浅いケアマネジャーには課題整理表から2表に落とすのは難しい。もうワンクッション課題抽出アセスメントに落とし込む必要があるのでは。

〇英委員 この資料を見て、ケアマネジャーって本当に大変だと思った。これだけの書類を書ける3年目のドクターはいないと思う(会場爆笑)。頭が下がる。自立支援という理念は反対しないが、特養の自立を目指す、考えるというのは実態が見えない。事例としても施設なのか在宅なのかの結論が出ていない。オレンジプランでは、今までのケアは間違っていたというくらいの表現をされていることを考えると、ケアプランと言うよりは理念なのではないか。地域ケア会議では、例えば「徘徊を予防する街づくりを目指す」のか「安心して徘徊出来る街づくりを目指す」のかなんて言う哲学的な議論がもっと必要なのではないか。

〇福田(裕)委員 訪問看護の立場から言うと、医療判断が大切。ターミナルとかで医療保険で入ることも多いが、ケアマネジャーとの連携が重要と感じつつ、判断が出来るケアマネジャーになかなか出会えない。お任せされることが多い。今後、そういう研修も必要だと思う。前の議論で圧倒されて何を言っていいのかわからないが、協働が必要なのはわかった。



今日はここまで。とりあえず、今日の部分の敢闘賞は英先生に決定!!
いや~、よくぞ言ってくれましたw
3年目の医師でもこれだけの書類は書けないってね。

<要チェック>
ってことで、今日の要チェックは英先生のやっている「尊厳ある介護を実現する会」「シニアライフ大学」をご紹介。
サイトはコチラ
↓↓↓↓
「尊厳ある介護を実現する会」

英先生は、東京都介護支援専門員研究協議会からのオファーで研究大会で話をしてきた時の座長さんでお世話になりました。とっても腰が低いのに、視点は外さないというクレバーな印象の先生でしたね。

いわゆる「あほぶりのかしこ」って感じです。

そして、この傍聴記が終わるまで載せちゃうぜって感じでケアマネジメント向上会議でケアプランの構造について熱く説く吉島委員の著書はコチラ
↓↓↓↓↓
アローチャートでケアマネジメント! 相談援助者のための頭の整理術



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/12/18 21:29
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。