スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第7回介護支援専門員(ケアマネジャー)の資質向上と今後のあり方に関する検討会 速報10

皆さん、お疲れ様です。

すっかり間が空いちゃいましたね。なんせ、ちょっと疲れちゃったもので。
ってことで本業でたくさんの課題が同時多発的に押し寄せたので僕のCPUは一時ダウンしてしまいました。ようやく復活の兆しということで傍聴記も細々再開いたします。

しかし、本業で何かあった際にすぐに対応をしなければならないので、明日の介護保険部会の傍聴は他の委員にお願いをいたしました。

速報は情報を確認してから出しますね。

ってことで、とりあえず、意地であがいてみます。第7回の続きをどうぞ。


〇朝川振興課長 えー、4番目。えー、主任介護支援専門員についての見直しです。えー、1つ目の〇は、主任ケアマネについては、あー、スーパーバイズ等の役割が求められるということ。という旨を書いてございまして、えー、10ページ目、、、3行目ですけれども、主任ケアマネの資質向上を図っていくことが必要と。えー、で、その次の〇で、「このため」というところで、まず、えー、研修修了後に修了評価を導入することを検討する。で、更に主任ケアマネについても更新制を導入し、えー、更新時に、えー、しっかり研修を受けて頂く、えー、ことを検討していくとしております。えー、その次の「さらに」の〇は先ほどご説明した現場での実務研修、、、の導入と、えー、いうのを、あー、もう1回、あの-、繰り返し記述してございます。その次の〇は、えー、介護支援専門員が、あー、日常的に学びの場を共有していくことは、あー、その資質向上にとって重要ですので、えー、主任ケアマネは、あー、地域の介護支援専門員のネットワーク構築に、えー、そのような取組に、努めることは非常に適当であると申しております。⑤ケアマネジメントの質の評価に向けた取組です。えー、ケアマネジメントの質の評価を、、、質を評価する客観的な指標を整えていくことは重要です。えーー、したがって、プロセス評価、アウトカム指標、まあ、そういったことについてより具体的な調査研究を進めると、こういうことを書いてございます。えー、その次の〇は、あのー、先ほど、あのー、参考資料2でご紹介しましたケアマネジメント向上会議、、に、えー、ついて、継続した取り組みが重要であると申してございます。以上が、えー、カッコ1で、ございまして、11ページ目からが、あのー、カッコ2。えー、保険者による支援についてでございます。あー、その3行目の後半ですが、保険者である市町村により介護支援専門員の支援を充実していくことが重要である。で、そこで以下のような支援体制を充実していくとしまして、で、えー、その次の段落は保険者として、えー、冒頭、申し上げました介護保険制度の理念。えー、あるいはケアマネジメントの意義。えー、そういったことを、被保険者、家族に周知していくことが重要としています。で、①地域ケア会議の機能強化です。えー、1つ目の〇は、あー、今年の3月に、えー、厚労省の通知におきまして地域ケア会議の設置運営について改めて、えー、方針を示しております。その中では、個別ケースの支援内容を通じ、えー、ポツが3つありますが、あー、地域包括支援ネットワークの構築。あるいは自立支援に資するケアマネジメントの支援。えー、などを行うこととしております。で、えー、この地域ケア会議は、あー、前回、あー、検討会の資料でお示ししましたとおり、あの、以下のような意義を持つものと評価できるということで、前回資料に記述したことを書いてございます。で、12ページ目でござますが、うち、この地域ケア会議は、あー、個別のケアマネ、、ゴホゴホ(せき込む)ケアマネジメントの支援に加えまして、えーー、そういう、あの、課題、、、個別の課題分析の積み重ねによって地域課題を把握し、えー、地域の資源開発、地域づくり。あるいは政策形成。まあ、そういったことに繋げていくことが期待され、あー、るものでございます。こういう地域づくりとか政策形成とかに繋がる地域ケア会議につきましては、あの、日常生活圏域で、あのー、地域包括支援センターが行うものに加えて、えー、市町村レベルで関係者が集まり協議していくことが重要であると。えー、更に、その際、えー、は、在宅医療の関係者の、、、との緊密な連携が望ましいので、えー、後述いたします、在宅医療連携拠点事業と連携協働することが期待されると、してございます。で、2つ目の〇は、あー、国としては、あー、こういう地域包括、、、あっ、地域ケア会議につきまして、法制度的な位置づけを含め、えー、その制度的位置づけについて強化すべきとしております。その次の〇は、あー、その地域ケア会議、に、つきましては、保険者は具体的なイメージを持って、柔軟に取り組んでいけるように、えー、国として、えー、運営手順書の整備でありますとか、あー、先駆的な取り組みのモデル事例の収集・発信。まあ、そういった
ことを行うことが必要としています。で、「さらに」の段落で、えー、この会議の開催は、あー、コーディネーター役割、、、コーディネーター役が非常に重要でございますので、えー、コーディネーター養成のための研修の取組も必要としています。下から2つ目の〇は、あー、現在、あのー、保険者が、あのー、ケアプラン点検という事業を取り組んでおりますが、えー、同じ保険者の取組として、えー、地域ケア会議の取組と共に、えー、進めていくことが重要としています。で、一番下の〇は、あのー、自立支援に資するケアマネジメントと、ということを申し上げてきておるわけですが、これは、あのー、身体機能の維持・改善に限定して考えるものではなくて、えー、利用者の意思、意欲、QOLの向上などの、えー、要素にも留意すべきであるということを・・・してございます。②でございます。えっとー、居宅介護支援事業者の指定についてです。現在は、あー、指定権限は都道府県、えー、となっておりまして、中核市・・・おります。で、2段落目のところですが、えー、保険者機能の強化の一環として、えー、その指定を、市町村が出来るよう見直しを検討すべき。えー、この場合、町村をはじめとした体制面での課題などを考慮し、都道府県等との役割分担や連携のあり方をすべきで、と出ております。



さて、冒頭にも書きましたが明日は、第42回社会保障審議会介護保険部会の日。僕はすぐに出動する必要があるかもしれないので、他の委員に傍聴に行ってもらい速報を待ちます。
この傍聴記をはじめて以来、これで3回目?4回目ですかね??他の委員に傍聴に行ってもらうのは。

まあ、たまにはいいですかね。

ってことで、明日以降は久しぶりに2本立てになっちゃいました・・・。

ケアマネのあり方検討会と介護保険部会交互でお届けしていきましょうじゃないの。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/01/21 00:17
コメント
No title
shanさん!おはようございます。お体大丈夫ですか?無理なさらないでくださいねっ。姫さまが悲しみます(^_^;)

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。