スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第3回公開ケア会議 速報

皆さん、お疲れ様です。

本日は、第3回の公開ケア会議でしたよ。

でも、前回同様で、詳細のレポはできませんし、流れをレポすることもこれ以上いいかと思うので、簡単に今までとの違い等々だけ速報します。ってことで今回限りなので発番もしません。では、どうぞ。




第3回公開ケア会議

日時:平成25年2月22日(金)16:00~18:00
場所:TKP東京駅ビジネスセンター1号館 ホール3A

議事:開会
   1.事例に基づく検討
   (1)事例1
   (2)事例2
   (3)事例検討の結果のまとめ

   2.今後の予定について
   閉会

資料:資料1   議事次第
   資料2-1 出席者一覧
   資料2-2 席次表
   資料3-1 事例検討用資料(事例1)
   資料3-2 事例検討用資料(事例2)
  ※事例に関する資料3は終了後、回収となっております。


会場につくと、今までと違い人が多い感じが。やはり、最後だからですかね。でも、満席にはなりませんでしたね。なんか、マスコミ関係の人も少な目。記事に出来ないからでしょうね。どちらかというと連絡会等、関連団体の方(と思われる方も)が多かった感じですね。

ほぼ、定刻にはじまりましたが、出席委員はケア会議メンバー、オブザーバー委員ともに前回同様。ってことは、やはり、今回も医師が不在と・・・。

事例提供者については、今までと違い、実際の担当者が参加されてました。事例1はサービス付き高齢者向け専用住宅のケース。
事例「報告」者は、担当ケアマネ、定期巡回サービス提供責任者、訪問看護、通所介護PT、薬剤師だったかな。

主にケアマネジャーが事例サマリーシートの説明をし、その後に東内委員の進行で、課題整理表の説明とケアプラン2表の説明。また、各担当者が個別援助計画に沿って説明。

その後、各委員からの質疑や助言。最後に東内委員がまとめて終了って感じ。

事例自体のことには触れませんが、課題から長期目標、短期目標の繋がりについてはフォーカスされません。

全体的に自立支援に資する内容になっているのかという点に特化していますね。

事例2については、特養のケース。
事例「報告」者は、施設長さんと現場主任さん?の看護師さんでした。

流れは同様です。主に施設長さんが説明をされておりましたが、事例2になると、課題整理表の活用が薄めになっていた印象でした。

とりあえず、全体を通しての感想ですが、今回は、直接の担当者がいたからでしょうか、淡々と進行していった感じがありますが、それもそのはず、事例を提供されている方々は、和光市の事業者さんですね。緊張はされたでしょうが、この地域ケア会議の手法(和光市ではコミュニティーケア会議)に対して、場馴れしている感じでしたね。そして、本当に意見交換や事例検討と言うよりは、委員から助言が繰り返されるという形式で、前述もしましたが、今回はプランの書きぶりについてもあまりフォーカスされなかった点は何か意図があったのでしょうかね。
質疑により、計画に記載されていない経緯等々わかれば、計画の内容が妥当と判断するというアナウンスもありましたから、それで良しとしているのでしょうね。

あと、事例「報告」者とあえてカッコ書きにしましたが、事例報告という文言にパターナリズムを感じちゃいましたけど。何となく重箱の隅を突っついていると思われると嫌なんですがね。感じたのでね。

まあ、あと他にも思うところはたくさんありますが、とにかく僕が完全否定していると誤解をしている方もいるようで。前にも書いたかもしれませんが、全てを否定しているわけではございませんのであしからず。

良い面もあるのは理解しておりますが、違和感も感じてしまうということで以下自粛。

結局、3回通して、課題整理表についてのカタルシスは起こりませんでしたし、地域ケア会議も継続審議を希望って感想ですかね。

ですが、公開ケア会議については終了ということです。「今年度の」って言い方をされていたので、今後、次があるかもしれませんが不明。とりあえず、これをもってケアマネジメント向上会議を行って作業部会終了って感じですかね。

あっ、終了間際に日本介護支援専門員協会の木村会長が来てましたってことで。余談w



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/02/23 00:31
コメント
今年度のというのは、
今年度の研究費分はこれでおしまい。来年度も継続して研究しますから、研究費をくださいね。
という意味で、たしか予算ついてたはず。

個人的には、弁当を出す気がないのなら、
止めてしまえ!
ということで。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。