スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第93回社会保障審議会介護給付費分科会 速報07

皆さん、お疲れ様です。

本日より25年度。。。未だに整理をしておりますww

年々増えていく書類と格闘中ですが、膨大な資料にまみれているとあっという間に時間が過ぎてしまいますね。疲れちゃってもエイプリルフールだからって嘘を画策したり、楽しむ余裕はまったくなく、ここ数日の寒さで腰もヘコヘコw

だからといって、ここで制度ネタで冗談なんてかまそうものなら、変に信じちゃう人が出たりして、どんなしっぺ返しがくるかわからない。ってことで、今日は「はっぴいえんど」の前身の伝説のバンド、「エイプリルフール」でも聴いてやり過ごそうかなんて思ったりしてます。

さて、眠くなっちゃう前に年度初めの傍聴記でもしますか。


〇高智委員 私は先ほどから、あの、二人の方のご意見に基本的には賛成でございまして、この提出された資料、マップと・・・ここに書いてあって、それを見ただけでは、他人には理解できないわけでございますが、基本的に、えーー、深い、、、深入りが出来る包括・・・、既存の施設に引っ張り込むことができるという状況が明らかな中でですね、今、先ほどからご意見がありますように、1つの、、、1つであっても、個人であっても残すということはかえってリスク、、、リスキーになることも同時にあるということを考えるべきだと思います。
それから、今後の介護の給付にあたりましては、重点化、効率化と言うことは、これは、もう、避けて通れない状況になっておりますので、出来るだけ出るのを防ぐ、、、っていうか、あの3ページのこれ、引かざるを得ないってあろうかと思います。
えー、それから、資料の3ページでございます。一関市の状況をみますと、やはり、こうした、えー、しょ、書類の・・・が出来ていないと。それは、やるべきことが出来ていないということがありますと、保険者機能が発揮できていないということに繋がっておりまして、それは、事業を・・・もそうですけれども、保険者機能の強化と言うか、まあ、現場が・・・出来ていないということですから、これからも・・・ってる要素も多分にございます。ましてや介護保険の方はですね、えー、市町村が保険者になっているということで、市町村の皆様方には非常に大きな、まあ、ご努力を頂いておりますけれども、やはり、これを整えたら、この、、、ご支援して差し上げるのも、我々、関係者の仕事ではないかと思っております。
まあ、・・・いきますと、一関の方はですね、ここに書いて、まあ、ご紹介・・・いたしました、この一関市の方は、この継続についてはしないということでございますのでよろしいんですけれども、他のところにつきましては、このマップを見る限り、まあ、何万分の1の地図ですから、隣同士と言うことではないですけれども、多少の工夫を講じていただいて、これは3月31日までということにしていただくのが、一番わかりやすいのかなとというふうに思います。・・・っていうことは完全にわかっていないんですけれども、このペーパーから・・・中で・・・。

〇田中分科会長 伊藤委員。

〇伊藤委員 あっ、ありがとうございます。えー、1つ質問で、あと、ご意見を述べさせて頂きます。あのー、この質問の答え次第によって、あのー、意見が変わるのかもしれませんが、時間があまりないと思いますので、まとめて申し上げたいと思います。
のーー、一関の方で、えーー、その、えーー、ここの、他のところ2箇所と比べてみますと、あのーーー、石巻、、、あのー、南相馬の方では他の、あの、ステーションでの、、、あの、看護師の採用が決まっているということがあるんですけれども、あのーー、一関の方ではそういうのがないということで、あのー、ちょっと、現地の、あの、一般的な、その、雇用状況の話を聞きますと、おー、非常に、その復興需要が高まっている中で、えー、そういった、あのー、現場、、、介護のというか、福祉の現場からですね、むしろ人が、あのー、離れていっているという意見があるというふうに聞いているもんですから、あのー、こちらで一関の方では、あーのー、えーっと、看護師の確保が困難をきたしているというような実情があるのかどうか、、、ある、、あるから、1人でやらざるを得ないっていうようなことなのか。周りの、おー、この当該ステーションだけではなくてですね、えー、周りの、えーーー、ステーションの状況も含めて、教えて頂ければと思います。
えー、それで、えー、まあ、あー、そういった特段の配慮すべき事項があるのかどうかにもよりますけれども、おー、特段ないとすればですね、えー、やはり、あのー、3ページの下の、おー、とこにありますようなきちんとした手続きが、あの、行われていないと、えーー、勤務実態についての、そのー、把握ができなかったというふうにつきましては、あのーー、・・・などで、えーー、行われてきた、そのー、いろいろと報告があります、この労働条件に・・・せず、、、まあ、その、、、適切でない形で、えー、1人で働くということの、おー、・・・がこちらにも起きているのではないか。非常に、それはサービス提供者に、あー、利用者に対してですね、えーーー、まあ、安全性にも係る問題ではありますので、えーー、むしろ、おーー、先ほど、勝田委員から、あのー、今の現状でも、なかなか24時間、、、24時間対応がされていないということであれば、これは、むしろ、あのー、在来の訪看を含めたですね、えー、対応が必要なんではないかと思っております、で、えーー、もしですね、あのーー、一関で、えーー、当該訪問かい、、、看護の、おー、実施を強く希望していた個人がいるということですので、えー、どうしても、この自信をもって代えがたいような、あー、状況があるんであればですね、えーー、この人に対する提供と言うのは続けられるがあるのかもしれませんけれども、あのーー、必ずも、その、新しい、その、サービス事業者、えー、に対することは全てですね、あのー、今後、・・・集中的にやっていくという、、、ここは、あのー、やはり、ルールに勘案というふうに考えますので、そうした特段の配慮をすべき事項があればということで、今・・・しています。

〇田中分科会長 えー、質問が1点ございました。いかがでしょうか。

〇迫井老人保健課長 はい。老人保健課長が答えます。あの、ご指摘の一関周辺での雇用状況、それから特に
、、、看護師等に係る質問。そんなところにつきまして、あのー、私どもでは・・・ながら手落ちで状況把握は出来ておりません。ただ、私どもであくまで把握したのは、現に、、、ある・・・ステーションに追加、新規の契約可能かどうか、それについて確認し、いずれも可という状況が得られたということでございます。

〇田中分科会長 ・・・。

〇木川田委員 えー、あのー、勝田委員の方から陸前高田っていう事例が出されたわけでありますが、えーっと、高田市は、あー、訪問看護ステーションが2箇所です。えー、1箇所は、あーー、高台にある、、、高台にあったため、被害の方はなかったわけですが、もう1か所は、えー、・・・津波で流されてしまった。で、壊滅的な・・・でありますが、そのステーションは努力してですね、3人体制にしてもらって、、、で、あります。で、なぜ、1人で、えー、やらなければならないのかっていう、そういう復旧の、ある程度、復旧したわけであります、、、し、もし、1人で、訪問看護ステーションをやるならば、やはり、基準にのって、・・・方々なり、看護師をですね、こう、ここまで3人に現行以上の、する体制できちっとされてきて、で、あのー、決してですね、その人、1人であれば、体力的に問題がありますし、24時間対応は非常に難しいであろうというのは現実的な・・・で、是非、、、もし、あの、・・・訪問看護を希望するならばですね、・・・て、そして、・・・欲しい。そういう点から私は、やはりきちっと、やはり3月31日をめどには廃止していきたいと、そういうふうに思っております。






《告知》今、話題の研修です。当面、貼り付けときます。
417661_388204601277645_1033716243_n.jpg



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/04/02 00:01
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。