スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第93回社会保障審議会介護給付費分科会 速報15

皆さん、お疲れ様です。

相変わらず仕事は立て込んでおりますが、週末に刺激的な面々にお会いする機会があったので元気をもらいつつ、自分の足りなさに改めて向き合っております。

そうなんです。土曜日には、アローチャート実践研究会に参加し、ケアプランと個別援助計画の繋がりについてツワモノ揃いの参加者の面々と検討し、一般化の大変さを身に染みて感じてきたと思ったら、日曜日には、NPOもんじゅの飯塚氏と達人ケアマネ等々でケアマネ関連についての解説を多々執筆している成澤氏とMTG。これまた、贅沢な時間の過ごし方をし、家に帰れば、欲求不満気味の姫の遊んで攻撃に翻弄されww
まあ、楽しい週末でしたよ。

一気に沢山のパワーに触れると自分の小ささに向き合う辛さともっと頑張ろうという意欲が混同して頭の中がぐちゃぐちゃしますが、それは自分を知り、努力を忘れないでいられる大切な機会ですよね。

ある意味、傍聴記に向き合うのも、モチベーションを保つ大事な時間です。お蔭様で数年続けていると認知度も高くなり、「あんなことしてて大変だね。いつまでやんの?やってて意味あるの?」なんて言わることもよくあります。
まあ、自分でもいつまでやるかなんてわかりませんw確かに大変ですよ。でも、楽しくもあります。いつもじゃないけどね。
だから、まだ続けるんでしょう。とすっかり他人事のようですが、自分の向上のため、そして、他の誰かに役立つということが感じられるうちはやってる意味があると。それに他の誰も真似しね~し(爆)まあ、逆にもっと注目されてもいい内容だとは思ってますが、大半の内容は自分の発する言語ではなく、小難しいし。しょうがないとは思いますけど、制度に対してというか、自分たちがおかれている状況に無関心が蔓延している業界でもあるのでね。これを読んでいる人はそんなことないわけですが。それも続ける原動力にもなってると。
ってことで、今日からまた頑張るとしますか。
とりあえず、25日までに終わるのか・・・。どうぞ。


〇田中分科会長 山際委員。

〇山際委員 えーっとー、実態調査票に対するですね、意見、方法ということになるんですが、えー、・・・、えー、現状のですね、やはり、介護の現場では、えー、非常にきつい人員確保。苦労をしております。えー、介護職員の場合、地区についてですね、派遣社員という、まあ、・・・という、あの、状況がございます。えー、この、まあ、派遣の費用については、物件費というふうな、あの、扱いになりまして、えー、人件費率には、まあ、直接反映されないということになりますが、あのー、まあ、人件費、人件費率については、まあ、直接、その、収入に関係をしてくるということがございますので、あのー、例えばですね、えーっと、調査票でいきますと、えー、調査票の資料の4ー5、になりますが、4ー5の、えーー、、14ページでございますが、えー、例えば、えー、この、新しい、し、、、いー、社会福祉法人の、おー、会計で、、、のところで言いますと、まあ、(2)のBのところですが、えー、人件費で、うち派遣社員というものが、まあ、補足できる範囲ということでございますが、あのー、一般の、その給与体系でやっている、えー、18ページ、えー、2のDのところでいきますと、えー、その派遣の費用のところが、まあ、補足できるっていう状態になっていない・・・是非ですね、あの、この、し、社福の会計と同じように、えー、人件費の部分ですね、派遣費用についても補足できるように、そうした、まあ、方法を、えー、是非考えて頂けないかというふうに考えております。以上です。

〇田中分科会長 ありがとうございました。村上委員・・・。

〇村上委員 ありがとうございます。えーー、まずですねー、あのー、経営概況調査、あのー、平成22年度調査からですね、えー、前年度結果額を、あの、調べる手法に、あの、移行して頂きました。でー、これについては、適正に現場実態を見て頂けるということで、大変、あの、ありがたいというふうに、あの、お礼を申し上げます。ですけども、あの、平成22年に実施された経営概況調査の結果では、収支ランクが12%と言う、あの、大きな数字が出ております。でー、全国老施協でですね、平成13年からですね、えー、収支状況等調査と言うことで、継続して、あの、決算額を調査してはおりますけれども、その結果では、12%という、あの数字が出てまいりません。で、まあ、そういうことで、まあ、あのー、この調査がですね、適正に、あの、えーーー、あれ、、、表れているかどうかということについては、どうも、あの、そういうふうには考えられないというには思っております。
まあ、そこでですね、今回の、あの、平成25年の調査に関しましては、えー、介護保険改正だとか、あるいは介護報酬改定の基礎資料と言う従来の位置づけに加えて、えー、消費税もまたございますので、この調査の重要性がより深まっているというようには考えております。
えー、そこでですね、2つ、あの、お願いがございます。えー、抽出率1/4ということになっておりますけれども、まあ、これは、あの、可能であれば、ということになりますけれども、あの、・・・をですね、えー、それに近いような抽出率として、あのー、出して頂けたらというふうにお願いしたいと思います。
えー、それから、あの、かねてから、あの、分科会でも、あの、意見があると思うんですけれども、定点調査として、あのー、やって頂けるということであれば、あの、より、えー、明確になるかなと思いますので、そこの2点をお願いをしたいというふうに思います。終わります。

〇田中分科会長 ありがとうございました。木川田委員。

〇木川田委員 えー、、、全老健の今回の希望でありますが、えー、老健施設は、えー、借入金、あるいは税金の問題が大きいと言えます。1つは、えー、全老健の会員の組織率は概ね90%であります。そして、えー、会員、、、特に会員で施設の75%が医療法人であります。そういう上で老健施設の経営が危機的であるという訴えが来ております。そう言われております。その原因の1つは、社会福祉法人と医療法人というのは、えー、皆さんご存知のように、えー、非課税法人と課税法人との違いであります。収支差率を単純に比較したものではなく、税引き前の収支、、、差率と併せて、税引き後の利益に、えー、適正に評価をお願いしたいと思います。
で、えー、社会福祉法人と医療法人の間には、大きな税制上の格差がありますので、医療法人が多い全老健としては収支差率だけではなく、税引き後の、しゅ、、、収入、、を、この調査で、、は、、、出来ないものをお伝えしたいと考えております。で、非課税法人について、税引き後の収支を出して頂く・・・頂きたいと思います。
あ、あー、2つ目は、平均97ベッドで老健施設は開設されておりますが、開設時の資金は特別養護老人ホームが出来て、圧倒的に補助金はつきませんでした。従ってこの20年間、老健施設の整備は、とかく、施設、、、施設開設に際して、多くの有利、有、、、利子です。負債を抱え込んでおります。この有、、利子、負債については、えー、あとで、述べるつもりですが、この、ちょ、調査もく、、、票の目的は、各事業所の、、、・・・について、調査することが目的としてございます。従って、・・・や資金繰りを支障を調べないところから・・・みていない。・・・があることを・・・してございます。
それから、全老健のデータでは、えー、従来の・・・での、減価償却費を、えー、・・・して、・・・。で、介護費の概況調査、あるいは比較調査について収支差率を・・・に表出するのではなくて、えー、開設したい・・・統計があるとの前提・・・・・・・・・・したい思います。以上です。

〇田中分科会長 はい。ありがとうございました。・・・。
では、・・・が変わりましたので、・・・。


今日はここまで。次は事務局の回答からです。とりあえず、各団体の色が出ましたね。ぼちぼちやってるから、いつになく時間がかかってしまってますが、24日までには終わらせたい・・・。


《告知》今、話題の研修です。当面、貼り付けときます。
417661_388204601277645_1033716243_n.jpg



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(1) | トラックバック(0) | 2013/04/22 23:42
コメント
No title
shanさん!大変お疲れ様でした。Akemiさんにお渡しありがとうございました♫姫様との時間も大切にしてくださいねっ(^^♪

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。