スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第93回社会保障審議会介護給付費分科会 速報16

皆さん、お疲れ様です。

今日はちょっとは暖かかった感じですが、事業所にほぼ缶詰だったので、あんまり心地よい空気を体感しておりませんww

そして、本日、介護保険部会の傍聴ダメよ連絡は来なかったので、25日には行ける準備をしようかと思います。

ってことで、潜伏している感じで今日も傍聴記お届け。


〇迫井老人保健課長 はい。ありがとうございます。老人保健課長でございます。あのー、最終的にまとめて頂く前に、あのー、・・・の中で、ある程度お応えできるというか、その、整備することについては、あの若干コメントもお聞き頂いた上で、あの、・・・したいと思います。あのー、山際委員のご指摘でございます。あのー、ご指摘のこと、確かに、あのー、人件費にかかる・・・その取扱いについて、えー、これ、あのー、委員会でも様々、ご議論をしていただき、それから、あのー、有識者にもご相談をして、お知恵を随分いただきました。あの、かなり助けて頂いたんですけれども、あの、会計規則、それぞれおいて取り扱いが、必ずしも統一的な扱いになっていないという、まず、そういう問題ございまして、今回、私どもとしても、あの、可能な限り対応させて頂いたんですが、確かにご指摘のような課題があると承知をしておりますので、まあ、これ、あのー、引き続き行っていく性質の調査でございますので、そういった中で適宜ご相談していきたいと思いますけれども。
えー、それから、あのー、村上委員にご指摘を頂いてございます。これ、あのー、勝田委員のご指摘にも繋がるんですが、やはり、そのー、精度を上げたい。これは、まあ、あのー、お二方の委員に限らず、皆さん、あるいはもっと言うと、あのー、全体的にそういうご希望あるのは間違いないんですけれども、やはり、調査の、その、現実的な各書類間の問題もございますので、まあ、可能な限り精度を高めるために・・・をどこまで上げられるかというのは、まあ、ルールとさせて頂きたいと思っておりますけれども、今回につきましては、やはり、ここで、整理をさせて頂けないかなというのが、・・・ところでございまして、引き続き精度を上げる努力はさせて頂きたいと。
それから、定点の問題も、あの、常々ご指摘頂いていることでございます。これは簡単に解決出来ない側面もございますけれども、・・・そう考えております。
それから、木川田委員のご指摘の件につきましては、あのー、法人ごとの税制の違い、これ、あの、以前からずっとご指摘を頂いてございまして、えー、まあ、この税制の取り扱いのことにつきましても、やはり、大きな課題としてもらいながら、回答して頂く、せざるを得ないのかなというふうに考えてございます。
それと、おー、この調査の性質上ですね、借入金等の資金の流れの状況を、まあ、把握をするべきだという、たぶんご指摘だと思いますが、まあ、この調査の性質上、そういったことの話も目的としているわけではございませんので、まあ、この辺りにつきましても、引き続き、まあ、あのー、ご指摘は踏まえつつも、対応していきたいなと思います。事務局からは以上です。

〇田中分科会長 えー、まあ、今日は、この、今後の、この調査に関わる・・・。

〇迫井分科会長 えー、失礼いたしました。えー、まあ、本日頂いた意見を踏まえながら、あー、7月に調査を実施をさせて頂きまして、11月に調査の結果を取りまとめて、えー、まあ、こういった一連の類につきまして、引き続き介護事業経営調査委員会において、えー、ご議論頂いた上で、改めまして、分科会でご報告させて頂きたいと考えます。

〇田中分科会長 今での段階でご報告ありがとうございました。

〇村上委員 えー、今、あのー、お答えをいただきましてありがとうございました。あのー、まあ、・・・、我々、今回、あのー、・・・つつある、あのー、まあ、事業所のですね、大部分について調査を行っております。先ほど言いましたように、その12%というのは、決して出てこないんですね。かなり、あの、低いと思うんです。それから、前回の、あのー、介護報酬改定の時にも、ちょ、調査報告、まあ、させて頂きましたけれども、こちらの方で調査をしたものが、こう・・・見ると・・・結局、まあ、それだけの利益が出ているというように、あろうという部分、まあ、ちょっと、あのー、えー、・・・っていうか、僕も、実際、実態はそうじゃないって・・・。そういうことでは、あのー、改めてですね、この差を、差を・・・づけて徹底論をですね、これについてもう1回検証して頂けたらなというふうに思います。よろしくお願いいたします。

〇田中分科会長 はい。ありがとうございました。では、最後の議題に入ります。介護支援専門員の資質向上と今後のあり方に関する検討会における議論の中間的な整理。それから、柏市の総合特区、えー、長崎市の認知症高齢者グループホーム火災とその後の対応の3点について、事務局より・・・。お願いします。



今日はここまで。本日、池田省三委員がご逝去されたとのニュースが出ておりますね。この審議会が最後になられたのでしょうか。謹んでお悔やみ申し上げます。合掌



《告知》今、話題の研修です。当面、貼り付けときます。
417661_388204601277645_1033716243_n.jpg



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(3) | トラックバック(0) | 2013/04/24 00:40
コメント
No title
池田省三様のご逝去、66歳とはまだまだのお歳でありました。急なことだったのだろうか?と・・・。合掌。
ご冥福を・・・
池田さんの訃報は昨夜しゃんさんのFBフィードを見て思わず「え~!!」と声が出てしまいました。大腸がんの末期だったようですね。ご冥福をお祈り申し上げます。
No title
きたさん、くげぬまさん、故池田省三委員については、センセーショナルな発言で24年度改正審議でもかなり話題の中心になってましたので、この場でもかなりご意見をピックアップさせて頂きました。僕がご意見についてどのように考えているかは明白ではありますが、結局、直接お話をすることは試みず。
私が最後に傍聴で拝見した際もとても状態が悪そうでした。
とりあえず、これ以上、故人ついてここで触れるつもりはありません。
今後、審議会で誰かが触れたら話題には挙がると思いますが。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。