スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第44回社会保障審議会介護保険部会 速報07

皆さん、お疲れ様です。

昨日は終業後に会社の重要なミッションがあったので傍聴記はサボり。

そして、昨日と今日の2日にかけて、あきしまもんじゅ(仮)wwの会場になりそうなところの下見って託けて、2箇所、カフェレストランを見に行ったりしちゃったりしてw
1か所は以前から数回行ったことがある場所だったんですが、お店が新しくなっていてjazzなんて流れちゃっててビックリだったし、もう1か所は前々より気になってはいたもののお初。すげーいい雰囲気の場所でしたな。これぞ、昭島・福生って感じの佇まい。まあ、それぞれ、設備もばっちりだし、甲乙つけがたいwこれは、また、行かねばww
まあ、こんな感じで仕事半分、遊び半分で気分転換をしたりしてましたが、他の研修の構想も同時進行で動かしつつ、頭の中が楽しい妄想でいっぱいになっております(爆)

まあ、仕事で大変なことも山積してますけどね・・・。

ってことで、次の傍聴まで時間がないのにね~って思いつつ、今日で資料説明部分を何とか終了させたいと思います。なんていいつつ、先ほど、完全に寝落ちして焦りましたが・・・。

まあ、これで、審議部分は要約ですが、速報を出しているので、全ての部分の情報は出したことになるということで、ちょっと安心しつつ、次回に臨めるかなってことでどうぞ。


と、おーーー、続きまして、11ページでございますが、あの、11ページは、えーーー、世帯主の年齢別の、えーー、世帯1人当たりの平均所得。それから平均可処分所得を年齢別にみた場合の状況でございます。それから、12ページは、えー、まあ、全世帯と高齢者世帯の平均所得金額の、えーーー、平成12年以降の年次推移でございます。で、えーっと、13ページは、これは、えー、高齢者世帯の中の所得かい、、、所得階級別の分布で、えー、平成15年、18年、21年の年次推移を表したものでございます。
それから、14ページでございます。これは、えーっと、年金、、、各制度において、・・・ありますが、年金収入で換算した場合の所得基準をわかりやすく、えー、示した図でございます。えーーっと、上が夫婦世帯、下が単身世帯で、えー、・・・などをお示ししているものでございます。
それから、次の15ページでございますが、15ページは、えー、まあ、住民税均等割非課税限度額の、えー、若年世帯と高齢者世帯で、えー、それぞれ単身世帯、夫婦世帯についての、えー、収入額をお示ししているものでございます。
それから、16ページでございますが、えー、16ページは、第1号保険料の第6段階の基準所得金額の説明をし、、、させていただいているものでございます。
それから、17ページでございますが、まあ、これも参考になるかと思うんですけれども、医療保険制度の現役並み所得について、まあ、その具体的な内容をご説明した資料でございます。
で、えーっと、18ページは、えー、課税所得者、まあ、145万円となる場合の収入額でございます。
で、続きまして、19ページでございますけれども、19ページは、えーーー、まあ、合計所得金額と課税所得で、どれが・・・している、していないということを・・・したものでございます。
続きまして、20ページは、えー、補足給付について、えー、・・・資料でございまして、まず、20ページは、制度、給付の制度についてご説明したものでございます。
それから、21ページは、えー、まあ、具体的な補足給付、負担限度額と基準費用額につきまして、食費、居住費、それぞれ、ユニット型個室、準個室、従来型個室、多床室というそれぞれでお示ししたものでございます。
22ページはえーっとー、介護保険サービスの1割負担、食費、居住費をそれぞれ・・・ものをお示ししたものでございます。
で、えー、23ページでございますが、えー、それぞれの、おー、認定者数と、、、補足給付の認定者数と、それぞれのその給付費でございます。
それから、えーっと、24ページは、これは、あの、高齢者世帯の資産の状況を表したのものでございまして、えーっと、24ページは、貯蓄等のという状況でございます。
で、続きまして25ページでございますが、25ページは、えーっと、住宅・宅地の資産額の状況をお示ししたものでございます。えー、収入階級別でそれぞれの資産額をお示ししたものでございます。
それから、26ページは、えーっと、年金受給状況等の全体的な・・・受給状況等をお示ししたものでございまして、えー、次、27ページをご覧ください。27ページは、えーっと、平成24年度老健事業で調査研究を行いまして、で、えー、ある自治体について調査したものの、あの、調査結果でございます。補足給付を受給されてる方の固定資産税の状況、あるいは年金収入の状況でございます。
それから、28ページから、えーー、あっ、28ページは、えー、資産を考慮した制度の例ということで、えー、不動産担保型生活資金貸付制度のついてご説明した資料でございます。
えーっと、続きまして、29ページでございますが、29ページは、えーっとー、外国の、、、諸外国において、受給者の死後に資産から費用を回収する例ということで、これも、あの、先ほどご説明した老健事業の調査結果の内容をお示ししたものでございまして、3か国あります。えーっと、29ページがアメリカ。えー、30ページがニュージーランド。それから、えー、31ページがアイルランドでございます。
えーっと、それから最後になりますが、介護納付金総報酬割についてでございます。32ページは、まあ、議論になってます総報酬割の仕組みというものを説明したものでございます。
それから、33ページは、えー、介護納付金に総報酬割を導入した際の、まあ、負担の変化ということで、健保組合と協会けんぽとの比較、健保組合内も、まあ、その状況の比較。
それから、34ページも、各保険者の負担額の変化、、、などでございまして、それから、35ページは、これ、参考資料として、けん、、、健保組合の介護保険料率の分布状況でございます。
それから、36ページは、えー、1号保険料、2号保険料の、これまでの推移でございます。
えー、長くなりましたが、あのー、資料は・・・以上でございますのでよろしくお願いいたします。

〇山崎部会長 はい。えー、ありがとうございました。それでは、あの、資料、2つございますが、最初に資料3の市町村での体制整備、保険者機能、、、機能関係につきまして、・・・。はい。山本委員。



審議部分の逐語は完全に間に合わないと思いますけど。。。しゃーないということで。明後日は、介護給付費分科会だす。




《告知》今、話題の研修です。当面、貼り付けときます。
417661_388204601277645_1033716243_n.jpg



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/05/30 00:11
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。