スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第94回社会保障審議会介護給付費分科会 修正版02

皆さん、お疲れ様です。

夕方から雨模様の東京都昭島市。やや肌寒い感じですが、高温多湿の猛暑よりはいいかな。

さて、本日も傍聴記いきまっか。


○田中分科会長 ほかにいかがでしょうか。はい。伊藤委員。

○伊藤委員 あのーー、今回の調査結果から、そのー、えー、委員会のほうでは一定の、その、処遇改善効果があったという評価だということなんですが、まあ、あのーー、6ページのところで、えーー、その、まあ、「給与表を改定して、えー、賃金水準を引き上げた」、あるいは予定を含めて13.5%、まあ、これ明確に、あのー、処遇改善効果があると評価していいだと思うです。ただ、隣の、そのー、定期昇給の実施っていうところについては、あの、定期昇給というのは会社の賃金制度ですので、そのー、それは実施して当然のことなですね。それができないというのは、経営上の理由か何かでその実施ができないという問題でもあって定がとまっているという会社について、それが実施できるようになったというであれば、それは、あのーー、改善効果、、、この処遇改善加算による改善効果だというように明確に言えるでしょうけれども、あのー、単純に実施ということであると、それが、そのー、単純に、そのーー、も、、、もともとある定制度を行っているだけっていうのも含まれますし、えー、あるいは定制度を導入したのか、あるいは、あー、とまっていたものを実施できるようにしたっていうことなのかの分類がつかないということで、えー、ここだけだとちょっと分析がさらに必要なのではんじゃないか。あるいは、あのー、調査票自体を見ますと、あの、質問票自体を見ますと、あのー、定期昇給の実施という選択肢しかないので、なかなかこれだけだと分析しにくいというようにも思っていますので、えー、まあ、今後になってしまうかもしれませんが、あー、この、定期昇給の実施というものが適切にこの回答者に、こう理解されるような形でですね、えーーーーっと、調査を行っていかないと、適切な、こう調査が、あー、評価ができないのではんじゃないかと思います。
 で、えー、あともう一点ですが、あの、最後のページの、あー、前回調査との比較、にじゅ、、、20ページですね、ここの御説明を今いただいたですが、その、そもそもこの、えーー、20ページにある、その、参考として出している、えー、意図が、あの、ちょっとつかみ切れないですが、あのー、おー、何か、その、にじゅ、、、平成24年調査と22年調査を、こう比較して910円差が、、、差があるとかっていうことを出す、えー、それでまた、それが統計学ゆう、、、上有意な差があるとは言えないということをあえて説明する、その必要性がちょっとよくわからないですが、もしこういうことで言うですと、おー、さらに前の平成21年調査の、、、との関係というものも、あのー、気になってきまして、まあ、見てみますと、えー、特に、まあ、えー、時給の者については非常に大きな、10万円以上の差があります。ですので、その、あえてここを出す、、、出しているという理由がよくわからない、、、わからないので、もう少し説明いただければと思います。
 えー、むしろ前回調査との比較で、えー、私のほうで気になっているのは、平成24年調査における1年前との、えー、給与の改善状況というのを22年調査での1年前との改善状況と比較してみますと、あのー、大きな、これについても大きな差がありました。えー、例えば、あのー、月給の介護職員で、えー、見ますと、平成24年調査で1年前と比べると5,640円ということですけれどもまあ、22年調査で1年前と比較すると1万3,810円ということでした。まあ、2倍、、、2分の1ぐらいの、ま、あー、改善効果というように、あのー、額面では見えます。えー、これも含めて、統計学上有意な差がないということになるのかどうかということが、あのー、私のほうでは非常に気になっているので、この、おー、統計学上有意な差がないということの説明について、もう少し、こう理解できるように御説明いただけるとありがたいと思っております。
 以上です。

○田中分科会長 はい。はい。前段は調査についての御意見で、後段、この20ページの意味をもう少しわかるように説明できないかという御依頼ですが、いかがですか。

○迫井老人保健課長 はい。あのーーー、まず、20ページでございます。これあのーー、肩書き、、、肩書のところに、もう括弧して「参考」というふうに書かせていただいております。あのー、基本的には、私どもの認識は、19ページまでが今回の調査ということでございますので、えー、まあ、逆に言いますと、これを、まあ、省略することも可能ではあったのですが、あのー、お尋ねが多いということもございまして、えー、その際に、いー、必ずこのポツ3つの内容を御説明する必要が、あの、極めて重要だと思いましたので、まあ、むしろ紙にしてこうやって配布させていただいたほうが、マスコミの方々も含めて見ていただけると、そう思いましたので、えー、記載させていただいたということでございます。
 で、あのー、前回までの調査につきまして、再三、あの、申し上げた、あーー、つもりなのですが、若干重複するかもしれませんけれども、あのー、この調査は、まあ、確かに、あの、何回かやってはおりますけれども、まあ、しかし、今回通じて3回目でございますので、そういった意味では、さまざまな御指摘を得ながら少しずつ、こう改善させていただいていると、そういう趣旨でございます。
 で、あのー、特に、えー、ページで行きますと、あのー、、、えーーーー、11ページでございます。これあのー、池田委員が、あのーー、かつて委員会の場で、えー、よく御指摘を、、、強く御指摘されて、こういった配慮をすべきだということを踏まえて、今回、いー、委員会も2回開かせていただいて、整理させていただいたですが、あのー、この内容の繰り返しになりますけれども、やはり、えー、時給で非常勤の方、いわゆるパートタイムの方というのは、あのー、必ずしも、そのー、給与、月額の給与全体を、これどう捉えるのかというのが、ほかの、そのー、労働者の方々とは必ずしも一致していないのだから、やはり、その、処遇のことを考える上では、そこをしっかり分けて統計をするべきだというふうに、まあ、強く御指摘を受けたことを踏まえて、今回初めてこういうこともやってみたということでございます。
 ですから、あのー、繰り返しになりますが、基本的に、やはり一定の、やはり、条件をそろえないと、過去との単純比較というものを、過去の調査との単純比較は適切でないということが前提ですので、えー、なぜ20ページを出したかと、おー、こう言われますと、まあ、本来であれば、繰り返しになりますが、本来であれば出さないっていうことが、あの、、基本的な選択肢としてはあったかなと。えー、しかしながら、あー、過去に出した調査は調べればおわかりになりますので、何度も、やはり、お尋ねになられる向きもありございますので、えー、やはりその留意事項も付して、えー、まあ、過去出した調査は調べれば、あの、おわかりになりますので、まあ、そういったことのために、掲示をさせていただい、、、掲載させていただいたと、こういう趣旨でございます。



さて、今日はちょっと疲労が溜まっているので、この辺で。今回も、内容的には大きな変更点はみられませんね。
内容としては、強いご指摘も含め(ここを物凄く強調されておりますが)調査内容をブラッシュアップしているので、単純比較できないけど、皆が何度も言うから参考で出したよと。
つまり、次回の調査が出ないと明確な答えは出ないってことですな。
伊藤委員ご指摘の定期昇給は、通常している、していないということも当然ありますが、現場で感じるのは、法人によりスタンダードが違い過ぎるので、現状の平均ではなく、本来、いくらが妥当なんだというところの設定から入らないとわけがわからないと思うんですよね。

そもそも、サラリーマンの平均より安い業界。しかし、それにもまして、極々一部の高額な給与を取っている幹部クラスの人が平均値を上げているという実態だって絶対掴んでいるはずなんでしょうけどね~。

《告知》
・絶賛発売中!月刊ケアマネジメント7月号
ここの管理人shanがファシリテーターとして新事例検討道場のコーナーに登場。
って、ちょっとくらい宣伝しないと怒られそうだからww
まあ、レヴィンの場の理論、行動関数を使って、自分なりに事例検討や課題分析、多職種連携についての手法を模索しているところ。記事にもありますが、公の場所では初めての試みを大胆にもレポートしてもらっちゃいましたwまだまだ、実践の積み上げ、ブラッシュアップが必要だとは思っておりますが、有効的な思考の方法だとは思っております。
他に我が多摩地区である青梅市の方々より課題整理表の記入方法についても載せられております。私的な思いはあるにせよ、いろんな視点は大事かとは思いますので、興味が湧いたら見てみてくださいな。
d_bimg1-0027-0077.gif



・今、話題の研修です。当面、貼り付けときます。
417661_388204601277645_1033716243_n.jpg



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
提言 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2013/07/17 22:10
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。