スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

やらされ仕事の不快感をやる気に繋げる

昨日は数年ぶりの介護支援専門員現任研修2日目。

何とも講師は某ブログのアヒル先生w

お互い朝から会うなり「あらら」って感じで。

しかし、アヒル先生は相変わらずおもしろい。あのちょっと肩の力を抜いてるんだよっていうポジショニングは実に羨ましい限りだ。

御講義頂き、ありがとうございました。

また、数日後お会いしましょうw

さて、本題。

自分は天性の我儘さからか、幼少期より人から指図される事が人一倍苦手である。

だが、自分もある程度成長して大人になっているのであからさまに片っ端から反抗する訳ではないのであしからず。

そして当然、組織に属している訳だから仕事をしていれば、指示は大なり小なり受けることになること(仕事上、利用者の方々から受ける話は指示という意味合いもあるだろが、相談と受け取っているので苦痛ではない(ことが多い位にしておきますw)はたまた、人は自分一人で何でも創造するものでもなく、全て自分で律した生活をしているとも言えないことも充分に理解はしているつもりだ。

であるが故に人から言われた事に対してどうやって自分の物にするのかを思案するのである。

推測するに少なからず人に言われたことに対して(すぐに)全てが理解、共感が出来ない(能力が足りない)から言われた通りにだけ物事をやること(やらされ仕事)について不快感を得るのだろう。

そして、自分の中で物事を消化し、10求められているものを11で返す努力をすることで快感を得ているのかもしれない。

と考えると自分のやる気は快感だけでなく、不快感という情動にも大きく影響を受けている事が良く分かる。

つまり、普段の仕事を考えるに道徳的に自分を律していくだけではなく、不快情動から生まれる(建設的な)反発とどう付き合っていくのかが、重要だと思う。

明日は久しぶりに提言活動の一環でとある施設を見学してくる。

提言活動もある種、不快情動から生まれる反発だろう。

そして、あと少し数ヶ月すると当事業所にも実務研修を終了した将来有望かもしれないwケアマネジャーがやってくる予定だ。

今回のOJTの際は、この不快情動からくるやる気のことも着目してプログラムを構築してみようと思う。

ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

そういえば、この間「何でもオウム返し」の技もすっかり熟練してきたうちの娘と話をしている時、何故かオジーオズボーンの話題に繋がったのでちょっと「オジー」と言わせてみようと思ったら「う~む」と考え込んだ後、「おにのおずぼん」wwwと!!
・・・「鬼のおズボン」とは何とも言えずミスマッチ。子どものやわらか頭は侮れず。
スポンサーサイト
想い | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/01/11 21:38
コメント
No title
行政からの委託事業なんかもしていると・・・やらされている感の強い業務も多いです。

ですけど“誰かがやらねばならぬこと”であるとすれば、まずは自分が“やりましょう”的な、いわば犠牲的なとらえ方で職場の調和を保っていることも事実・・・。

10求められたら、11以上かえしたくなる気持ちわかりますワ~~!
自分も反骨心からエネルギーを生み出すタイプですから。

だからストレス溜まるのかな?
将来ハゲたら“カツラ加算”でももらおう!!

・・・まだ一皮オトナになりきれないハリネズミ★でした・・・。
No title
ハリネズミ★っち毎度。

自己犠牲か~。

うーむ。ちょっと前から流行っているマイケル・サンデル教授的wに言えば、それは道徳的というか美徳としての観点なんでしょうかね??

バーンアウトしないように心のケアを心掛けましょう!

って良く考えたら君は心のケアは充足しているなw
悪の召し使い↑_(ΦwΦ;)Ψウケケ( /wΦ)シュッ!!━━━ →(*゜ー゜)ン? (_x_x)_~~†ポテッ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。