スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

第7回東京都地域ケアシンポジウムに行ってきた。 その1

ここ数日、日中は暖かい陽気に包まれ、花粉の飛散に鼻がムズムズしてきている。
しかし、訪問予定はギッチリなので薬を飲んで今日も乗り切った感が。

さて、今日は先日から後日レポートとしていた3月4日開催の第7回東京都地域ケアシンポジウムの様子をレポート。まぁすっかり更新が遅くなり情報としてはクラスBになってしまっているかと思いきや、他のニュースではあまり取り上げられていないようで。

タイトルは第7回地域ケアシンポジウム いつまでも住み慣れた地域で暮らし続けるために「みんなで作り出す365日24時間の安心」

11:00から開始していたが、午後の予定から参加とした次第。

まずは、13:00より川又竹男厚生労働省老健局振興課長の基調講演「地域包括ケアの実現に向けて」
基本的には制度の動向(厚生労働省HPに掲載されているものの抜粋)、介護保険部会で出てきた資料と法案の説明で終了してしまい肩透かしをくらった感じ。まぁ40分だからね。

一応内容としては、高齢者保健福祉政策の流れや介護保険サービスの体系、制度の仕組み、介護費用や保険料、実施状況の変遷といった内容で創設から現時点までの状況を説明。その後に介護保険制度は約8割の方から評価を受けていること、本人は家族に依存せずに介護サービスを受けたいと言う希望が約半数だが、家族の半数は家族介護と外部サービスの組み合わせを希望しているという逆転現象のこと、施設入所希望はほとんどいない事、都市部では急速な高齢化が進み、介護従事者も増加の一途を辿っているが、今後の労働人口の減少と現行水準を維持した場合の必要介護職員数が倍以上になることの関係性まで説明。だからこそ「地域包括ケアシステム」という流れに突入する。
その後は24時間地域巡回型訪問サービス、複合型サービス、予防の地域支援事業選択制、デンマークの状況、サービス付き高齢者住宅の説明と既に王道ともいえる感じだ。そして最後に改正法案の概要を説明して終了。

次に13:40よりパネルディスカッション1部「東京の地域包括ケア」
コーディネーターは、あの24時間地域巡回型訪問介護サービスのあり方検討会座長である公益財団法人さわやか福祉財団理事長 堀田 力氏。アドバイザーに川又振興課長である。
パネリストは、うちの事業所から程近い立川市大山団地の自治会長である佐藤良子氏、日本大学文理学部教授内藤佳津雄氏、NPO法人サポートハウス年輪理事長安岡厚子氏。

そうです。年輪の安岡さんがいるという事はお泊りデイのことがあるということですよね。

とりあえず、堀田氏が「このパネルを聞いてもらう為に川又振興課長の講演の際に寝ていて欲しかった」と言い、会場に笑いが飛び交う。場を和ませてからは自己紹介として堀田氏から順に3分ずつお話。
堀田氏は介護保険制度創設から関わっていたことの体験談から制度改正の流れへと話し地域包括ケアというよりはやはり、24時間地域巡回型訪問サービスは重要なんだという説明を5分程される。
そして「東京は国のそういった流れより、もっと東京にあった地域包括ケアは何かを検討している。今日はその為の話し合いだ」???そして「私の立場は何の利害関係もないことがいいのです」と続く。????
よくよく考えたらこれって田中滋教授の講演の時も聞いた発言ですな。でもちょっと種明かししちゃうと最後の方では「地域包括ケアは東京の為にある。東京に合っている。」と連発。っていうかそんなこと言われなくてもわかっているし、最初の話と違うし、でも東京って言っても山間部は巡回が困難な地域もあるし、それを理解していて何故、都市部以外の議論を深めないんだよって感じでしょ。単純に考えても制度合ってサービスなしの状態になることがわかっていての発言だろうし。最近の有識者の方々は矛盾と開き直りが流行りか。

さて、各パネリストの自己紹介をした後、各パネリストの活動について報告、意見交換へと進んでいく。

その先は次の記事とします。

とりあえず、ケアマネジメントオンラインの記事はこんな感じですが・・・。コチラ レポート① レポート②

ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
研修 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2011/03/10 23:09
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。