スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

地震 ~改めて気づくイメージトレーニングの重要性~

昨日発生した東北地方太平洋沖地震の犠牲になられた方、心よりお悔やみ申し上げます。そして、被害に遭われ、未だ自宅に戻れない等大変な思いをされている方、頑張って下さい。一日も早い復旧を陰ながら願っております。

他のブログや掲示板を見ると知り合いの方々の安否は確認出来るようですが、テレビやラジオ等々で確認する限り震源近くの地域では高齢者施設においても甚大な被害が出ているようですね。あまりの被害の大きさに驚きを隠せません。夜もずーっと緊急地震速報が出っ放しでしたし。

東京都多摩地区は23区より震度は低かったようで震度5弱でしたが、物凄い揺れを感じましたね。私もよく行く近隣市にある大型スーパーの駐車上のスロープが落ちてしまい、死傷者が出ているというニュースも流れておりました。

とりあえず、利用者の方々の安否も確認出来、安心致したところでありますが、思い返すと当会でも昨年10月の全体会において「災害時イメージトレーニング」の研修を受けておりました。ですが、今回の地震体験により災害時対応が身近に感じられていなかった自分を恥じるとともに改めてしっかりとシュミレーションをしなければと感じた次第です。

研修内容の中で簡単に出来るイメージトレーニングを紹介すると

想定①職員数(常勤・非常勤を問わず)を半分にして1週間の業務計画を立ててみる。
想定②市内全体が停電し、復旧の目処が立たない状況で3日間の業務計画を立ててみる。
想定③指揮命令権者と連絡がつかない状況で1週間の業務計画を立ててみる。

あと、災害発生から分単位で3時間のショートストーリーを考え、イメージ作りをしておくというのもありました。

注意点としては
①災害状況をイメージする。
②その状況下でやるべきことを考える。
③準備が出来ているか否か確認する。
④災害が発生するまでにやるべきことを洗い出し具体案を作る。
ということで上記の①~④を繰り返していくことでイメージトレーニングが出来るということになります。

この研修を受けた際にも今後、30年の間に70%の確立で大地震が発生すると言われておりました。

今後、自分の中でもイメージトレーニングを無理なく出来るようにしてみたいと思います。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | 2011/03/12 17:27
コメント
No title
本当にご無事で良かったです。

でも、まだまだ予断の許さない状況ではあると思います。どうぞ、お気をつけてください。
No title
眼鏡兼相談員さんお気遣い頂き、ありがとうございます。

その時はまるで船にでも乗っているのではと感じるほどでした。

ですが、多摩地区では今は余震はほとんど感じない程度です。

きたさんやナリちゃんの方は大変なのではと思うと非常に 心配ですね。

あと、テレビ等で幼児や高齢者の被災者が出てくると他の方も当然大変だと理解しておりますけど思わず胸が締め付けられる想いになってしまいますね。(T^T)

我々に出来ることがあるか考えてみたいと思います。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。