スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

毅然とした態度と審判的態度を履き違えるな。

今、日本が未曾有の大災害に襲われ、東北地方や関東の各地で大変な状況が続いているわけだが、多摩地区の自分の日常は平静を取り戻してきている。

家に帰れば、あと数ヶ月で3歳になる娘が「とうしゃんただいま~」と甲高い大きな声で出迎える。「お帰りでしょ」と諭すと「おかえり、ただいま~」と更に大きな声で出迎え、私の足に抱きつきながら上を向いて「とうしゃん!結婚しよ!」と連呼する姿に思わずほっこりすることが出来る。

仕事に行けば、職場や同業の大切な仲間と時に熱く、真剣に、時に笑いながら、他愛もない話を交えて時間の許す限り、未来を想像し、創造することが出来る。

訪問に行けば、ご利用者やご家族と最近の何気ない出来事に笑いあったりし、「あんたの笑顔は反則だね~」なんて言われていい気になることが出来る。

でも、振り返ればこの20日間程の間にも虐待緊急保護の関わり等、目を背けたくなるような現実が自分の周りでも起きている。

そう、それも自分達の日常。

先日もいつもはいないご家族が珍しくいてご本人の話を制しては最後にはなじったり、罵倒するという場面に立て続け2件出くわした。

ご家族だから本人の話を聞かなくても許されるのかと言えばそんなことはない。もちろんそこに至るまでの経緯もあるのだろうが、どちらも尊厳を冒すことになれてしまっている感じがした。そんな理不尽さを感じつつ、やんわりとご家族を諭したり、理由を説明したりして制したのであるが、その場ではわかっても繰り返してしまうだろうから今後も注意が必要だろう。本当、家族関係とはつくづく難しい。

自分の場合でも当然、目上の家族に苛立ちを感じる場面もある。だが、敬う気持ちが根本にあるのでね。家族であるが故の甘えも抑えられるかな。

だが、家族の場合と専門職の場合は別。

以前、とあるケアマネジャーの方々と事例検討をした際にこんな事があったことを思い出す。

確かアルコール依存とまではいかないが、節制があまり出来ない御利用者の方についての事例検討。担当のケアマネジャーさんは本人から問題をはぐらかされたりしていて関わり方に困っていた。

皆で検討を重ねていった後、司会が今後の対応策の決定や一般化をしようとした時にある男性ケアマネジャーがこう言った。

「皆さんには出来ないかも知れないけど、自分はいつもこういう方にはしっかりと毅然とした態度で怒るんですよ。怒鳴っちゃう時もあるし。まぁ皆さんには無理かも知れないですけどね。」

「・・・」

一瞬何を言っているのかよくわからず、耳を疑った。この人は何を自慢げに言っているのだろう。

そして、以前こんな感覚に陥ったことがあった気がして思い返していると施設に入職してすぐに数名の先輩職員が利用者さんに対して怒鳴り散らして怒っていることがあり、ついつい「お兄さん、それはダメでしょ」って諭してしまったことを思い出した。自分は入ったばかりと言ってもその先輩方が年下だったということで言い易かった事もあった訳だが、言えないで苦しんでいる人もいるよね。星の数ほどある高齢者施設、あなたの近くに今でもそんな人いませんか?心配だな。

明らかに毅然とした態度と審判的態度の区別がついていない関わりとはどこからくるのだろう。

まず、「毅然とした態度を取らなければならない場合」を考えると明らかに迷惑行為や犯罪行為があった場合と考えられるだろう。その場合は、組織的に毅然とした態度で関わる必要があるということとなり、個人的な関わり方で行なうべきではないであろうし、また、毅然とした態度で怒鳴るってないでしょ。

じゃあ何でそんな事になってしまうのか。そんな関わりをしてしまう方々は専門職ではなく、一個人として関わっているのではなかろうか。そして、自分の関わりの限界に到達したり、自分の尺度で許せない場合に怒鳴り散らして抑えるなんてことに繋がるのだろう。明らかに審判的な態度であり、人の尊厳を冒しているとしか言いようがない。

前述のケアマネジャー様とは結局わかりあえることはなかったけどね。
そんなヤツにはあまり出会うこともないけれど、すぐに退場して欲しいもんだ。



ランキングに参加してます。これからも多くの方々に我々の活動を知っていただきたいと想っています。1日1回ポチっと押してください。よろしく
お願い致します。
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 介護ブログ 高齢者福祉・介護へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
スポンサーサイト
想い | コメント(4) | トラックバック(0) | 2011/04/02 22:20
コメント
No title
桜がだんだんと咲き始めましたね?
そんななか・・・今日は一段と難しく、手厳しい表現がありましたけど・・・。

毅然とした態度をとらないといけないケースが、やはり虐待(疑い含む)ケースの場合などでは必要となりますので、考えさせられちゃいました。

本人・家族・関係者・またこちら側や支援者の人だって、皆ニンゲンなんですよね?
敬う気持ち・・・謙虚さ・・・まだまだ足りないものばかりで勉強中ですが、審判をくだすのではなく、原因や課題に焦点をあてて、近い距離で一緒に考えていけるようになりたいです。
No title
審判的態度で、こう言われたことがあります。
「あなたは福祉の風上にも置けない人だ!」と。

素直な私は他人様からの客観的評価を真摯に受け取ります。v-394

後日、その人は担当していた利用者さんのお金を使い込んで捕まりました。

さて、アヤシイのは 
どっち!?
No title
ハリネズミ★様どもです。

そちらは虐待等々の対応が多いでしょうから大変でしょうね。

仰るとおり皆、人間です。だから自戒が必要なんですよ。

そして、困った事に私も足りないものだらけです。
No title
>さて、アヤシイのは 
>どっち!?


見た目は丸が・・・オットォ!(・o・ノ)ノ チガウチガウ

大体、人に対して「風上にも置けない」って言えること自体がけっこう勇気のいることですがw

(?・・)σ you?何したんだい。





管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。